空色ホーム > レボリューション

レボリューション

  1. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第22話 「決着の時 "Declaration of Independence"」 感想
  2. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第21話 「記念すべき日 "Memorial Day"」 感想
  3. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第20話 「黄色い十字 "Tomorrowland"」 感想
  4. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第19話 「ツイてない日 "Happens"」 感想
  5. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第18話 「潜む暗殺者たち "Austin City Limits"」 感想
  6. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第17話 「愚かなる人々 "Why We Fight"」 感想
  7. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第16話 「数字の秘密 "Exposition Boulevard"」 感想
  8. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第15話 「覚めない夢 "Dreamcatcher"」 感想
  9. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第14話 「デスマッチ "Fear and Loathing"」 感想
  10. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第13話 「神の啓示 "Happy Endings"」 感想
  11. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第12話 「浄化作戦 "Captain Trips"」 感想
  12. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第11話 「不意の再会 "Mis Dos Padres"」 感想
  13. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第10話 「メキシコへの旅 "Three Amigos"」 感想
  14. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第9話 「招かざる力 "Everyone Says I Love You"」 感想
  15. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第8話 「大義 "Come Blow Your Horn"」 感想
  16. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第7話 「取引の代償 "The Patriot Act"」 感想
  17. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第6話 「死刑囚 "Dead Man Walking"」 感想
  18. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第5話 「戦争の切り札 "One Riot, One Ranger"」 感想
  19. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第4話 「愛国者たちのゲーム "Patriot Games"」 感想
  20. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第3話 「不可解な救世主 "Love Story"」 感想
  21. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第2話 「潜入計画 "There Will Be Blood"」 感想
  22. 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第1話 「嵐の予感 "Born in the U.S.A"」 感想
  23. 海外ドラマ レボリューション ざっとした視聴感想文のまとめ。
  24. 海外ドラマ レボリューション 第20話 「旅路の果て "The Dark Tower"」 感想
  25. 海外ドラマ レボリューション 第19話 「汚れた手 "Children of Men"」 感想
  26. 海外ドラマ レボリューション 第18話 「荒野の殺人 "Clue"」 感想
  27. 海外ドラマ レボリューション 第17話 「長い一日 "The Longest Day"」 感想
  28. 海外ドラマ レボリューション 第16話 「船上の反乱 "The Love Boat"」 感想
  29. 海外ドラマ レボリューション 第15話 「帰郷 "Home"」 感想
  30. 海外ドラマ レボリューション 第14話 「幸運のナイフ "The Night the Lights Went Out in Georgia"」 感想
  31. 海外ドラマ レボリューション 第13話 「正義の選択 "The Song Remains the Same"」 感想
  32. 海外ドラマ レボリューション 第12話 「偽りの人生 "Ghosts"」 感想
  33. 海外ドラマ レボリューション 第11話 「変わらぬ愛 "The Stand"」 感想
  34. 海外ドラマ レボリューション 第10話 「断たれた絆 "Nobody's Fault But Mine"」 感想
  35. 海外ドラマ レボリューション 第9話 「葛藤と現実 "Kashmir"」 感想
  36. 海外ドラマ レボリューション 第8話 「悲しき裏切り "Ties That Bind"」 感想
  37. 海外ドラマ レボリューション 第7話 「兵士工場 "The Children's Crusade"」 感想
  38. 海外ドラマ レボリューション 第6話 「悪徳の館 "Sex and Drugs"」 感想
  39. 海外ドラマ レボリューション 第5話 「爆弾列車 "Soul Train"」 感想
  40. 海外ドラマ レボリューション 第4話 「母と子 "The Plague Dogs"」 感想
  41. 海外ドラマ レボリューション 第3話 「絶体絶命 "No Quarter"」 感想
  42. 海外ドラマ レボリューション 第2話 「決意の引き金 "Chained Heat"」 感想
  43. 海外ドラマ レボリューション 第1話 「旅立ち "Pilot"」 感想

| 空色ホームへ |

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第22話 「決着の時 "Declaration of Independence"」 感想

2015.03.19(Thu)
いよいよファイナルレボリューションであります。

さあ、例の皆殺しガス大爆発の危険で、

明日はガスガスしい未来を迎えるのか?スガスガしい未来を迎えるのか?

ついに決戦の時を迎えたのでありました。

ナノテクイーンの邪悪もありますが、泣いても笑ってもファイナルであります。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第22話 「決着の時 "Declaration of Independence"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第21話 「記念すべき日 "Memorial Day"」 感想

2015.03.19(Thu)
いよいよラスト2話となったセミファイナルレボリューションですが。

まずはネヴィルとモンローですね。愛国者皆殺しそして大統領を殺す覚悟のネヴィルさん。

つまりネヴィルはモンローと手を組むのでありました。

モンロー達からマイルズ達はハブかれ、愛国者どもはガスを使っての大量虐殺へと進行中。

ガスの詰まった列車を奪う算段のマイルズ達ですが、それを狙ってそれぞれの思惑が活発化しておりました。

危険なのはナノテクイーンでしょうね。…いや、流れ的にお前がラスボスだろうって訳でありますけれど。

にしても行き当たりばったりが続きますね。蒸気機関車を操るのは常軌を逸したキカン者揃いでありますよ。

しかし煮え切らないアローンでありますよ。あいつも一皮剥けませんなあ。

そして空っぽだった列車のガスタンクですが。もはや行き当たりばったりも極まりましたな。

何じゃそりゃって、そしてガスによる大量虐殺が友愛の精神によりとある場所で行われようとしていたのデス。

でも、このドラマもここにきてしょぼい展開に収まりつつありますな。

色々と消化不良な部分が見るからに目立ってきました。相当投げっぱなしで終わりそうだ。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第20話 「黄色い十字 "Tomorrowland"」 感想

2015.03.12(Thu)
マイルズも見つかり、鳥の大群が飛び立っておりました。

いよいよ激戦の始まりか。まずはガス攻めにされるマイルズ達です。

あれはマスタードガスか、何かよく分かりませんが皆殺しが目標でありましょう。

しかし増えてきた仲間も一気に失いましたなあ。

それこそ行き当たりばったりですからね。

今後もどうなる事やらと行き当たりばったりで戦ってそうですが。

そしてネヴィルさんは怒りを捕まえた男にぶつけておりました。

妻も息子も失った男の狂気であります。愛国者皆有罪皆殺地獄へ行けモードであります。

んで、コナーの方も狂気が出てきました。元々欲望の強い奴でしょうからね。

ナノテクイーンの出した結論、彼女は人類の修正を行おうとしております。

まあ、とにかく決戦は近いようですな。

人間関係は荒れておりますが、それぞれの対決姿勢は定まってきましたっけ。

しかしネヴィルさんはどっからでも現れますな。ネヴィルスマイルが輝いておりました。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第19話 「ツイてない日 "Happens"」 感想

2015.03.12(Thu)
いよいよクライマックスモードのようですが、ジェイソンがズドーンされちまいました。

ツイてないねとか言われても、チャーリーめっちゃショックのようですけれど。

まあ、彼女の中で一気に崩壊したものがあったのでありましょう。

勝つために情けは禁物。マイルズもその事を思い出したようだ。

しかし、とにかくとことんツイてない日のようですな。

マイルズさん、何だかボロボロでありますよ。

これはまさかレボリューションのレボロボロリューションの日なのでしょうか…?

マイルズは穴に落ちたり閉じ込められたり肉焼いたりと散々ですな。

そしてチャーリーはネヴィルと遭遇するのでありました。

この光景はシュラバーチャーリー乙でありますな。

ネヴィルさん、息子が死んだと知って…ありゃいよいよ壊れましたかな…。

閉じ込められているマイルズを発見するにはナノテクイーンの力が必要なのか?

しかし自力で爆破して這い上がってきたマイルズであります。

ガッツだマイルズでありました。生還して精神力も大復活してそうで…。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第18話 「潜む暗殺者たち "Austin City Limits"」 感想

2015.03.05(Thu)
ジェイソンにかけられた数字の呪縛。ああいう呪縛が他にもあるのでしょうか?

だとしたら誰が敵で味方なのか、その内にはまた裏切りがありそうですよ。

そして愛国者の情報を持ってマイルズ達の方に下ったジェイソン。

とにかく愛国者は許せない。復讐したいというジェイソンであります。

にしてもSMとかありますが、あんなん目隠しして途中から交代すれば分かんないですよねえ。

しかしジェイソンも悲劇です。マイルズ達も一気に段取りミスしております。

なんせ行き当たりばったりの作戦すぎますからな。

んで、ナノテクの女王が目覚めようとしております。…まさかナノテクイーンの誕生なのでしょうか…?

…嗚呼、アーロン・イン・ザ・ダーク再び…。

ていうかハッキリしろよ。…アーロンほんとハッキリしないっすわ。

そしてジェイソンはチャーリーに撃たれました。

全ては甘さが命取りか。やっぱ殺す時にはしっかりと殺しておかなきゃいけないのだな。

さあ、これでネヴィルさんの超絶ブチ切れが期待できましょうか?

とにかくジェイソンが死ねばネヴィルさん大激怒するフラグは立っておりますし…?

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第17話 「愚かなる人々 "Why We Fight"」 感想

2015.03.05(Thu)
仮面を語らせても饒舌なネヴィルさんですが。

殺しを煽ってますからね。またボコられてしまいましたが。

そして再び例の街に舞い戻ったマイルズ達ですが、そこにトゥルーはない訳でありまして…。

信頼を取り戻せるのか?じーちゃんもトラストミーなのでありました。

ああ、トラストミーか…今なら無理でしょうね…無理だな、ぜってー無理ですわ…くるっくーですから…。(笑)

しかし愛国者に殺されたらしいダンカンの手下が一気にモンロー達の仲間になりましたな。

来たる第二次モンロー帝国の兵隊ができたのかもしれません。

モンロー親子が勢い付いてきましたな。

捕らわれのネヴィルさん。正直に話して死にかけました。

しかし悪運が強いですよね、あのネヴィルさんも。

攻め込んできたモンロー達、チャーリーはあの親子のバランスを支配しつつありますな。

オンナって恐ろしい。

そしてモンローの行動によってマイルズ達にピンチが訪れたのでありました。

襲撃の衝撃ですな。この流れは大きな波紋となってしまうのでありましょうよ。

覇気の失ったマイルズ。覇気を取り戻しつつあるモンロー。

舞台は新たな場所へと向かいます。オースティンで大統領との決戦になるのでしょうか?

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第16話 「数字の秘密 "Exposition Boulevard"」 感想

2015.03.05(Thu)
さて、前回の展開からリアルに戻りまして。

あのように人数の増えたチャーリー軍団であります。

これから一挙に攻勢に出るのでしょうか、愛国者どもを蹴散らしてドンパチやりましょうや。

そして成り行きで未成年位の兵隊を捕まえたマイルズ達です。

愛国者の正体はああいうのも洗脳して兵隊にする日教組的集団なのでありましょうか。

意見が合わず内輪揉めに発展するマイルズ達。

ジェイソンがチャーリーを好きなのもありますし、そこにはコナーがいるから面倒くさいことになるの必至であります。

にしても目の中に数字のタトゥーか。

洗脳の恐ろしさであります。催眠なのか知りませんが、悪魔の所業でありますな。

もしかしてああいうのがジェイソンにも仕掛けられてるかもしれないですよ…?

モンローVSネヴィル。そしてコナーVSジェイソンか。

戦う相手としてはナイスでありますな。やっぱオンナ絡みで更に激化しそうでありますし…?

ヤッた男とヤッてない男…これは恐ろしいことだぜぇ…。

とにかくそれぞれの思惑もありますけれど、モンロー王国をもう一度的なのは同じ男として理解しますよ。

にしてもマイルズは何がしたいのか?…あいつもハッキリしませんからねえ?

んで、やっぱりジェイソンにも数字の催眠が仕掛けられていたようだ。

んでんで、今回のラストもナノテク発動みたいのでマークらしきに光ってましたっけ。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第15話 「覚めない夢 "Dreamcatcher"」 感想

2015.03.05(Thu)
さて、アーロン・イン・ザ・ドリームとでも申しましょうか?

アレもおそらくグーグルの社長か何かなんでしょうか?

ブラックアウトが起こらなかった世界。

何かどっかで見たような光景ですが、あまり気にしないでおきましょう。

はー、マトリックスか、なるほどなあ。

けど、ネヴィルは大統領でいいんじゃね?…夢の中だけでも。

もちろんオバマ2号になるかもしれませんが、それはそれで今現在もルーピーですからなあ。

しかし今回の話はある意味での終局でもありましょうか。

このドラマに明らかに飽きてきたという印象がありましたけど。

ナノテクをイメージでコントロールできるようになったと思わせられたアーロン。

あのアーロンはもう悟りを開いたかのような雰囲気に。

でも、まんまと騙されて例のコードを直してしまいましたけど…?

果たして現実なのか夢幻なのか、ぶっちゃけよく分かりませんでしたわ。

つ-か、アンタやっぱ家に帰りたいのかよ位でして…てめえ色々こじらせてプチ家出した中学生かよって…?(笑)

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第14話 「デスマッチ "Fear and Loathing"」 感想

2015.02.26(Thu)
またまたモンロー危うしですが、今度は息子とのデスマッチを仕組まれましたね。

マイルズ達の方はネヴィルの登場にどちらかというと押されておりますわ。

アーロンはまたイン・ザ・ダークの方に進みつつあります。

これもナノテクを使いこなすためのお導きなのでしょうか。

さあ、お覚悟はよろしくて?

モンローは金網の中で息子と対話をする。

こうして向かい合って話をする機会が巡ってきたのですなあ。

よってモンロー死亡フラグか?近い内には愛する息子に託してそうなってしまう未来が見えたようだ。

で、アーロンの方はナノナノ悩んでおりますし。チャーリーの方は娼婦として客取らされそうになってますし。

とにかく始まったモンローとコナーの父息子バトル。

しかし、これは割とあっけなくチャーリーが助けてくれましたなあ。

ネヴィルサイドの方はまたこじれております。

そしてチャーリーは傭兵を手に入れました。

女リーダーか。……こらこら、またモンローが落ち込むじゃないかっ!?

って、アーロンの方は今度はイン・ザ・ドリームかパラレルですかね?

つーか、アーロン・イン・ザ・グーグルでしたっけ?…ああ、ナノテクを手に入れたグーグルが…?(笑)

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第13話 「神の啓示 "Happy Endings"」 感想

2015.02.26(Thu)
しかしネヴィルさんも大変ですが、ほんと大統領になりそうなフラグであります。

ネヴィルさんは大統領に妻を人質に取られ、今度はモンローを殺せという命令を与えられます。

そしてコナーとチャーリーが接近してますが、あの娘も度胸が増しててヤバイですなあ。

モンローは戦力を増強するために傭兵を雇おうとします。

アーロンは導かれつつ懐かしい出会いを繰り返す。ナノテクによる奇跡の御業を目の当たりにしながら。

で、レイチェルとマイルズはすっかりラブラブであります。

あ、チャーリーとコナーもヤッてました。…わたしゃ何かもう疲れてきました。

ていうか、チャーリーは女の武器を覚えましたな。…ぶっちゃけコワイ女であります。

にしても、このドラマもまどろっこしいエピソードが増えてもおりましょう。

で、いつの間にかモンローさん死んじゃいそうにッ!?…って、また捕まったのかって感じですけど~…?(T_T)

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第12話 「浄化作戦 "Captain Trips"」 感想

2015.02.26(Thu)
前回が色々と進行したような感じでありましたが、

たまにジェイソンがおっぱっぴーの人に見えてくるから仕方ない。(笑)

にしても疫病やらナノマシンやら色々と湧き起っておりますなあ。

チャーリーもナイチンゲールにでもなるのだろうか。いっそナースさんのコスプレしてもらいたい。(笑)

で、発疹チフスに立ち向かうレイチェルたちですが、それは愛国者が発生させた疫病のようで。

ワクチンはあるのでしょうか。込み入った展開になってまいりました。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第11話 「不意の再会 "Mis Dos Padres"」 感想

2015.02.26(Thu)
アーロンの元妻とか出てきますが、モンローの方も捕まって大変であります。

親父さんをどうしようか?…で、モンローの息子もやっぱモンローの血統のような顔つきしてますわ。

しかし各持場とでも言いましょうか、役割みたいなのが定まってきましたからね。

中でも興味深いのはやっぱネヴィルさんであります。

ネヴィルチェーンがネヴィルストリームとなりネヴィルストームへと変革するのも近いかもしれません。

にしてもマイルズにしろモンローにしろ最近は覇気がないですよ。

そういう意味ではキャラが丸くなっておりますわ。

んで、他にはナノマシンの両親とか何やらと語られてましたっけ。

あのアーロン・イン・ザ・ダーク…にも一筋の光明が見つけられたようではあります。

そしてモンローと息子の方もデンジャラスの果てに目的を見つけたようで。

んで、チャーリー達の側では深刻な疫病が発生していたのであります。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第10話 「メキシコへの旅 "Three Amigos"」 感想

2015.02.19(Thu)
レイチェルパパは助かりました。マイルズの感染も治るのでしょうか。

何か蛆虫を使ってグロいのやってました。ウジウジしないでってことでしょう。

アーロンはナノボーイと向き合おうとします。

モンローは息子の居場所を知ろうとマイルズに詰め寄ります。

名前はコナーか。メキシコにいる息子はどんなキャラなんでしょうか…?

ネヴィルサイドでは元妻の計画が動いてますね。

あの様子だと二人で世界征服でもやらかしそうな雰囲気でありますわ。

ひとまずはアメリカ政府を手に入れようって具合か。大した元妻でありますよ。

ただ、ネヴィルの嫉妬心が危険そうではありますが…。

そしてアーロンも消えました。オクラホマのスプリングシティです。

その内にはナノテクロイドマスターとなって帰ってくるでしょう。

メキシコでのモンローの息子探し。なんか面白い光景ですね。

モンローも人の親か、やはり息子のこたぁ可愛いようでありますな。

んで、アーロンはオクラホマミキサーっていうかオクラホマでキミサー…?

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第9話 「招かざる力 "Everyone Says I Love You"」 感想

2015.02.19(Thu)
ナノテクの力を求めて欲望が蠢いております。

しかし何が起こってるんでしょうねえ。

アーロンついにナノテクロイドと化したのでしょうか。

神秘の男アーロン・ピットマン。いつの間にかシリーズ最大のキーキャラクターになっておりました。

そして謎の少年が現れましたが、話の流れ的にも大きな役割はありそうであります。

マイルズは感染か。このシーズン2ではマイルズの弱体化も顕著でありますが。

そしてネヴィルの妻も生きていたようです。…新しい夫を持っておりましたが。

アーロンの前にはナノチャイルド。更に愛する人の死。

これはアーロンが覚醒しそうな感じですね。

ナノテクボーイを上手く使いこなせないアーロンの喪失でありました。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第8話 「大義 "Come Blow Your Horn"」 感想

2015.02.19(Thu)
アーロン達の街からの脱出、そして集合して逃亡を予定していたマイルズ達。

しかしネヴィルさんはお得な役をしておりますな。

存在感を出してますから。あの方はネヴィルストリートからストームへ。

私には野心がある。なかなか胸を張って言えないです。

ネヴィルさん逞しい男です。…その内には大統領になるんじゃないでしょうか…?(笑)

そしてアーロンは捕まってしまい、ホーンの病んだ過去も少し語られ、

レイチェルはスパイの父親を殺さねばならない決断をする時を迎えるも…?

さあ、拷問のお時間です。アーロンはホーンから地獄の苦痛を与えられ研究されます。

さあさあ、とにかくアーロンをめぐってのバトルが繰り広げられて。

ホーンの狂気が尖っていきまして、そのあまりのゲスっぷりにアホーンダラーって気持ちでありました。

アーロンのナノテク超パワーがコントロールできる時は近いのでしょうか…?

にしても、このドラマ面白いですね。何か結構見ごたえありますよ。…ぶっちゃけビックリ。w

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第7話 「取引の代償 "The Patriot Act"」 感想

2015.02.19(Thu)
モンローは死刑にされたも…やはり死んではおらず、展開も盛り上がってきた感じですが。

あいつらみんなグルだったのか。かーちゃんの方も演技だったようだな。

そして戦争の始まりなのか、街中で大きな爆発が起こりました。

もちろんナノテクの技術を欲しがる者たちも現れてきました。

見つかったらアーロンが人体実験されそうですね。…一寸先はアーロン・イン・ザ・ダーク…だな。

んで、じーちゃんの過去とかもありまして、ネヴィルとジェイソンの複雑なやり取りもありまして。

しかし過去の拷問の光景とか残酷でありました。

偽りのアメリカ政府。アレはやはり悪玉であります。

そしてレイチェルの親父さんに強烈な死亡フラグが発生中。

とにかくホーン博士がゲスだというのは分かりましたわ。

ああいう奴には決して大きな権力とかを持たせてはなりません。

とにかく貴重なナノテクロイドであるアーロン狩りが始まりました。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第6話 「死刑囚 "Dead Man Walking"」 感想

2015.02.11(Wed)
テキサスに戦争をさせるための動きがあります。

死体が増えていきます。モンローもマイルズに構ってもらいたいのか餌を運んでくる始末であります。

ネヴィルたちの方は再教育センターに息子を取り戻すため侵入するのでありました。

愛国者の新兵訓練所、ヤク漬けにされた戦闘兵か。

すでにジェイソンも再教育されてしまったようであります。

しかし計画も失敗なのか、アメリカ政府とテキサスがモンローを捕らえてしまいましたね。

テキサスと愛国者が手を組んだのか。このままではモンローは極刑であります。

そして息子息子でモンローの息子がどっかにはいるようです。

以前にもフラグがありましたが、そこら辺のもやりはするようですね。

にしてもレイチェルは本当に愚かな女のように見えてきましたよ。

んで、モンローも最期かのように見えて、それが何だか死んだように思えないのですなあ。

あれがフェイクに思えて仕方ない。

ネヴィルとジェイソンの方はヤク抜きで修羅場っておりました。

しかし展開が面白いですね。てっきり味方だと思ってた人物にも裏があったりしますから。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第5話 「戦争の切り札 "One Riot, One Ranger"」 感想

2015.02.11(Wed)
しかし、このシーズン2は展開が早くて面白いですね。

キャラについても良くなってきておりますし。ナノテクの方も興味深いのになってもおりますし。

アーロンはアンドロイド化してバージョンアップでしょうか?

何か病んで家出しますけど、あいつはナノテク化して嬉しくないようだ。

そしてマイルズとモンローの再会であります。二人が再び手を組む時がやってきたようです。

敵は偽りのアメリカ政府。無敵のオジサマ方が二人とじゃじゃ馬娘が革命を起こすようだ。

にしても、あのアーロンのナノファイヤーは怒りを覚えると発動するようですが。

そして再教育センターの件ですが、そこで再教育されたジェイソンが敵になって出てきそうな予感ですな。

戦争を起こして革命か。結果的にマイルズとモンローはテキサスの怒りを煽ろうと企てるのですが…。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第4話 「愛国者たちのゲーム "Patriot Games"」 感想

2015.02.07(Sat)
モンローとチャーリー。しかしチャーリーは本当に幼稚な考えでありますよ。

何を荒れているんでしょうねえ。いつまで反抗してるんでしょうねえ。

やれやれ、手がかかるお嬢さんでありますねえ。

そしてアメリカ政府でありますが、どんどん陰謀の輪を広げているようです。

偽りの愛国者は甘い言葉で安心させたところで襲い掛かってくるのでしょうか。

しかしレイチェルとチャーリーはやっぱ親子ですな。…本当に面倒くさい親子でありますわ。

敵は偽りの愛国者アメリカ政府、マイルズとモンローが手を組む時も近いようです。

アーロンは制御できないナノアイを開眼します。その内にあいつはアンドロイドになりそうだ。

で、レイチェルは阿呆ですわ。ペラペラと重大な秘密を喋るのがいけない。

阿呆のレイチェルと対比してネヴィルさんの有能さが際立っておりましたわ。

そしてナノマシンの暴走なのか制御なのか、あのフリーメイソンの野望はアレも狙っているのでしょうなあ。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第3話 「不可解な救世主 "Love Story"」 感想

2015.02.07(Sat)
そういやマイルズの血液型が分かりました。

ネヴィルたちは愛国者と偽って復讐心を高めますが、いきなりボコられてました。

アーロンはナノマシンが今に頭にまでいきそうだ。

マイルズたちのいる町では蛮族との緊迫したバトル前であります。

蛮族の親玉の妻を人質カードにしての交渉。…あいつら後のイスラム国かもしれません。

そして、ここでもアメリカ国の陰謀が絡んでおりました。

チャーリーの行く先でもアメリカ国。マイルズの留まる町でもアメリカ国。

今はアメリカ国に近づいているネヴィルとジェイソンがどう立ち回るかであります。

あのネヴィルの役者っぷりに息子も感動しておりましょう。(笑)

とにかく苦難が待ち構えていようともマイルズスマイルズであります。

その内にはモンローと手を組むフラグが見えて仕方ないかと。

そして勢力を広げていくアメリカ政府。その星条旗が掲げられるのでありました。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第2話 「潜入計画 "There Will Be Blood"」 感想

2015.02.04(Wed)
これもナノテクとかで死者復活みたいなのもありますが。

しかし見てると何だかウォーキング・デッド化してもおりましょうな。

あれは食人鬼っぽい風景もありますからね。

そしてチャーリーは反抗期みたいで一人荒くれ旅してますし。

マイルズおじさまは蛮族どもに捕まって手を潰されてますし。

モンローとかも何したいんでしょうねえって感じですし。

とにかくみなさんお悩み事は多いらしく、それに加えて新キャラも出てきてますが、

まだまだ序盤って感じの進行なのでありますわ。

んで、ネヴィルさんは敵の懐に入り込むのがお上手であります。

相変わらず世渡りに長けているお方であります。

とまあ、展開的に問題を起こして問題を解決していく感じで進行していくのでありましょう。

にしても、あのチャーリーも面倒くさいキャラになってるよなあ~と。…う~む…。

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第1話 「嵐の予感 "Born in the U.S.A"」 感想

2015.02.04(Wed)
そういや以前にシーズン1を見ていたレボリューションのシーズン2をやんわり見ていますけど。

シーズン2の第1話は電力がアレで核ミサイルが放たれた後の展開でありますなあ。

しかし例のナノマシンとかヒロインビッチ化とか蛮族とか続編的に厄介な話となっておりましょうか。

とりあえず録画してあったので流れ的にはざっと見ていきますが、今回は確かに嵐の予感でありましたっけ。

けど、これも人物描写のドラマが深まってはグダグダしそうなのはすでに理解しましたわ。

つーか、これもレボリューションだけに凍えそうな季節の風当たりがどーこーだか強いのかもしれません。(笑)

海外ドラマ レボリューション ざっとした視聴感想文のまとめ。

2014.01.20(Mon)

海外ドラマ レボリューション ざっとした視聴感想文のまとめ。…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第20話 「旅路の果て "The Dark Tower"」 感想

2014.01.20(Mon)
レボリューションの1stシリーズもいよいよラストまで来ました。

なかなか大変な旅路でありました。

もうくたびれ果てそうです。…もうこのドラマはこのくらいで十分です。(マテ(笑)

しかし、このドラマも総じていうとロープレなのでありました。

まあ、先が読めるのもありますけど、もう少し展開にひねりが欲しかったかなと…。

海外ドラマ レボリューション 第20話 「旅路の果て "The Dark Tower"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第19話 「汚れた手 "Children of Men"」 感想

2014.01.18(Sat)
いよいよファーストシーズンも19話となりました。

手榴弾を持ってモンローのテントに入り込んだレイチェル。

そしてタワーで待っているのは何者なのか?

にしても、あの手榴弾も大した威力はありませんでしたね。

殺害失敗か、レイチェルさんもヘマばっかでありますなあ…。

海外ドラマ レボリューション 第19話 「汚れた手 "Children of Men"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第18話 「荒野の殺人 "Clue"」 感想

2014.01.18(Sat)
しかしノーラを通じても穴兄弟と化しそうなマイルズとモンローです。

ぶっちゃけ穴繋がりは多いですね。

つーか、どう見ても散々やられたように見えるノーラなのです。

そんな貴重な古い友達を手にして、モンローさんも偏愛的に酔いしれておられました。

寝取り寝取られで、モンローはマイルズの物を欲しつつ…マイルズだけを求めておりました。

海外ドラマ レボリューション 第18話 「荒野の殺人 "Clue"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第17話 「長い一日 "The Longest Day"」 感想

2014.01.17(Fri)
しかし自分もなんでこのドラマを見ているのか不思議でしょうが。

ぶっちゃけ意地でありますな。

途中まで見たんだからとりあえずファーストシーズンくらいは…という意地なのであります。

けど、これも多少かったるい進行のRPGという見方でいいと思いますわ。

…つーか、基本的に海外ドラマはやたら長い場合もありますからね…。(笑)

海外ドラマ レボリューション 第17話 「長い一日 "The Longest Day"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第16話 「船上の反乱 "The Love Boat"」 感想

2014.01.17(Fri)
しかしネヴィルさんもまるでコウモリです。

ジョージア連合もネヴィルを当てにしてるようでは失敗すると思います。

そしてマイルズが言うに狂犬病の犬なモンローですが、

どうもマイルズも昔の自分に戻りつつあるようだ…。

海外ドラマ レボリューション 第16話 「船上の反乱 "The Love Boat"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第15話 「帰郷 "Home"」 感想

2014.01.17(Fri)
戦争となり展開も大規模になってきました。

ここまでにマイルズも司令長官となっておりました。

反乱軍としてモンロー軍を叩こうと動き回っております。

その動きに大きな恐れを抱いたモンローはマイルズを今すぐ殺せの命令であります。

海外ドラマ レボリューション 第15話 「帰郷 "Home"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第14話 「幸運のナイフ "The Night the Lights Went Out in Georgia"」 感想

2014.01.15(Wed)
再びバラバラの道を歩むチャーリー達です。

モンロー軍と戦う反乱軍。物語の鍵となるエレキングタワー。

そしてネヴィルは妻と共にモンローのもとから逃げ出しました。

人生いろいろですが、モンローが非常に荒れておりました。

腹心の部下は可哀想でした。…なんてついてない男なんだろうか…。

海外ドラマ レボリューション 第14話 「幸運のナイフ "The Night the Lights Went Out in Georgia"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第13話 「正義の選択 "The Song Remains the Same"」 感想

2014.01.15(Wed)
その名はタワーという重要建造物があるようです。

それについてレイチェルの口から語られるのでありました。

そしてネヴィルさんは冷たい仕打ちを受けておられました。

これは裏切りますね、手のひらを返したようにモンローを裏切りそうだ。

海外ドラマ レボリューション 第13話 「正義の選択 "The Song Remains the Same"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第12話 「偽りの人生 "Ghosts"」 感想

2014.01.14(Tue)
埋葬されるダニーであります。

そしてランドールはモンローを助けるとか何とか言ってました。

しかし前回はダニーの中から何かを取り出しておりましたが。

あれは延命装置なのかもしれませんが、何だかダニーって母親にとっての入れ物だったような感じもあります。

とにかく反乱軍としてチャーリー達は活動していくことに…。

海外ドラマ レボリューション 第12話 「偽りの人生 "Ghosts"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第11話 「変わらぬ愛 "The Stand"」 感想

2014.01.11(Sat)
とまあ、武装ヘリから無慈悲な銃口であります。

電力限定解除によって攻撃されたチャーリー達でありました。

さすがのマイルズ叔父様でもマシンガンやミサイルには太刀打ちできません。

マイルズを諦めたモンローは代わりに世界を所望なのだー。

海外ドラマ レボリューション 第11話 「変わらぬ愛 "The Stand"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第10話 「断たれた絆 "Nobody's Fault But Mine"」 感想

2014.01.10(Fri)
とまあ、フィラデルフィアに乗り込んだチャーリー達であります。

その頃のモンローさんはモンモンローしておりました。

これで必要ね!

しかし、マイルズとモンローは友情を超えた友情のようでもありますな。

いきなり大ピンチになるチャーリー達でありました。

海外ドラマ レボリューション 第10話 「断たれた絆 "Nobody's Fault But Mine"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第9話 「葛藤と現実 "Kashmir"」 感想

2014.01.08(Wed)
電力を求めて三千里どころじゃございませんが。

とにかく電力をめぐっての争奪戦となっておりました。

これまでにそれぞれの過去も描かれております。

んで、状況により反乱軍と一時手を組んだマイルズ叔父様でありました。

海外ドラマ レボリューション 第9話 「葛藤と現実 "Kashmir"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第8話 「悲しき裏切り "Ties That Bind"」 感想

2014.01.08(Wed)
電力復活への鍵となる12個のペンダント。

もちろん争奪戦になりそうですが、

チャーリー達には新たな追っ手が迫っておりました。

あのストラウサーは相当な凄腕のようであります。

海外ドラマ レボリューション 第8話 「悲しき裏切り "Ties That Bind"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第7話 「兵士工場 "The Children's Crusade"」 感想

2014.01.07(Tue)
向かうはフィラデルフィア。チャーリー達の旅は続きます。

そしてチャーリー達の前には悲惨な子供達でありました。

今回は兵士工場であります。

奴等は腕に焼印を施して、ミリシアに忠実な兵隊を作るのであります。

海外ドラマ レボリューション 第7話 「兵士工場 "The Children's Crusade"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第6話 「悪徳の館 "Sex and Drugs"」 感想

2014.01.07(Tue)
しかし、このドラマを見ていると懐かしい気持ちになりますね。

展開がどちらかというと昔のロープレ調ですから。

よって昔のスーファミとかのRPGとか好みなら、このドラマも楽しめると思いますわ。

そしてチャーリー達の旅は続くのでありますが、ノーラの傷が化膿して悪化しておりました。

海外ドラマ レボリューション 第6話 「悪徳の館 "Sex and Drugs"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第5話 「爆弾列車 "Soul Train"」 感想

2014.01.07(Tue)
しかし、確かに人類の未来ってのも、例えばこういうやつなのでありましょう。

そりゃ電力が失われればとんでもないことになるのは必至であります。

そして強くなれ少年でありました。捕らわれのダニーも大変でありました。

早く救出してやらなければ、あいつは美形だから掘られてしまいそうで仕方ない。

海外ドラマ レボリューション 第5話 「爆弾列車 "Soul Train"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第4話 「母と子 "The Plague Dogs"」 感想

2013.12.30(Mon)
しかしチャーリーも成長してきましたなあ。

そしてマイルズ叔父様の逸話であります。

マイルズ叔父様は相当な恐怖の司令官だったようです。

にしてもマギーには死亡フラグが迫りつつありますわ。

海外ドラマ レボリューション 第4話 「母と子 "The Plague Dogs"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第3話 「絶体絶命 "No Quarter"」 感想

2013.12.30(Mon)
マイルズ叔父様の周りにはツンツン女ばかり集まっておりますが…。

ええ、姪にもめいったーですし、ノーラにものーらったーですのう。

そしてマイルズ叔父様にはモンローとの因縁があったのでございました。

これは今に盛り上がる決闘にも乞うご期待でありますな。

海外ドラマ レボリューション 第3話 「絶体絶命 "No Quarter"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第2話 「決意の引き金 "Chained Heat"」 感想

2013.12.30(Mon)
とまあ、救世主伝説であります。

そして謎のペンダントでありました。

チャーリーもどんなことがあっても弟の手を離さないで、でででありました。

しかし文明の失われた世界なんて、まさに世紀末であります。

その内には一子相伝の暗殺拳法の使い手とか出てくるでしょうか…?(笑)

海外ドラマ レボリューション 第2話 「決意の引き金 "Chained Heat"」 感想…ノソラを読む

海外ドラマ レボリューション 第1話 「旅立ち "Pilot"」 感想

2013.12.29(Sun)
そういや録画してあった海外ドラマで「レボリューション」というのがあるんですが。

これのファーストシーズンを見始めておりますね。

地球規模の大停電とかでブラックアウトしてから15年後。

文明崩壊した後の世界観という香ばしいドラマなのであります。

海外ドラマ レボリューション 第1話 「旅立ち "Pilot"」 感想…ノソラを読む
| 空色ホームへ |