空色ホーム > しにがみのバラッド。

しにがみのバラッド。

  1. しにがみのバラッド。 感想③
  2. しにがみのバラッド。 感想②
  3. しにがみのバラッド。 感想①
  4. しにがみのバラッド。 第6話 こころのたび。
  5. しにがみのバラッド。 第5話 ほたるのひかり。
  6. しにがみのバラッド。 第4話 あきのまほう。
  7. しにがみのバラッド。 第3話 ひかりのかなた。
  8. しにがみのバラッド。 第2話 さかなのころ。
  9. しにがみのバラッド。 第1話 きみのこえ。

| 空色ホームへ |

しにがみのバラッド。 感想③

2006.04.09(Sun)
「しにがみのバラッド。」

今回は感想のまとめです。色々と思ったままに書いてあります。

まあ、本当にそんなことしか書いてありませんね。

しにがみのバラッド。 第3巻 通常版
しにがみのバラッド。 第3巻 通常版

しにがみのバラッド。 感想③…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 感想②

2006.04.09(Sun)

しにがみのバラッド。 感想②…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 感想①

2006.04.09(Sun)
「しにがみのバラッド。」

世界は優しさと悲しみに包み込まれ、魂は天へと舞い上がる。

しにがみが流す、涙とともに――。

これはとても優しいお話でした。自然と心に入り込んでくるような作品です。

では、今回は自分なりの作品を見た感想です。

しにがみのバラッド。 感想①…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第6話 こころのたび。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第6話は、振られる前に儚くも撃沈してしまった女の子のお話。

そんな彼女は何故か知りませんが、誰からも無視されてしまいます。

仲の良い友達。そして、家族でさえも。

それは何故なのでしょうか?

そして白い死神が彼女の前に現れたのです。

「生きていたい!」

この言葉が一番胸に響きました。

しにがみのバラッド。電撃文庫

しにがみのバラッド。 第6話 こころのたび。…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第5話 ほたるのひかり。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第5話は、二人の少女と少年のお話。

とある学校では幽霊が出るという噂がありました。

その幽霊は誰かに「何か」を伝えたかったのでしょうか?

「コッチヘ来たら、一生呪ってやるから」

これは全然怖くなかったな。逆に可愛いくらいだぜ。(笑)

しにがみのバラッド。 第3巻 初回限定版

しにがみのバラッド。 第5話 ほたるのひかり。…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第4話 あきのまほう。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第4話は、母親を亡くした姉弟のお話。

まだ幼い弟が心配なお姉ちゃん。炊事、洗濯、何かと忙しい毎日。

二人が思い出すのは、やっぱり優しいお母さんのことでした。

「死神と死神猫が子守なんかしないで!」

このセリフが一番記憶に残ってしまったな。やれやれだぜ。

しにがみのバラッド。 1 (1)花とゆめCOMICS

しにがみのバラッド。 第4話 あきのまほう。…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第3話 ひかりのかなた。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第3話は、二人の中学生のお話。

一人は男の子で、ある約束を果たすために旅に出ようとします。

一人は女の子で、どういう訳か一緒になってついて行こうとします。

始まった短い旅。その先にあるものは何なのでしょう。

「お食べ」

妙に印象に残るような、素敵なお言葉でした。

しにがみのバラッド。 第2巻 初回限定版

しにがみのバラッド。 第3話 ひかりのかなた。…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第2話 さかなのころ。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第2話はそれぞれに悩みを抱えた二人の高校生のお話。

二人はお互いに意識していますが、素直になれませんでしたね。

まるで水に揺られているかのような二人の心。

それは何処へ向かって流れて行くのでしょうか。

「あいつ、変わるかな」

自分はこのセリフに優しさを感じました――。

TVアニメ「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック

しにがみのバラッド。 第2話 さかなのころ。…ノソラを読む

しにがみのバラッド。 第1話 きみのこえ。

2006.04.07(Fri)
「しにがみのバラッド。」

第1話は少年と少女のお話。

体の弱い少女を、いつも心配で見守る少年。そんな二人が拾った一匹の猫。

二人は一生懸命に世話をします。その姿はまるで「おとうさん」と「おかあさん」。

優しい時間でした。それは穏やかに流れていきます。

それがずっと続けばよかったのに。

だけど降り注ぐ冷たい雨に心は閉ざされてしまって。

そして聞こえる鈴の音。その無機質な金属音が胸に痛かった。

「がんばってね。おとうさん」

こんなセリフが一番心にひびきました――。

しにがみのバラッド。 第1巻 初回限定版

しにがみのバラッド。 第1話 きみのこえ。…ノソラを読む
| 空色ホームへ |