空色ホーム > AIR

AIR

  1. 『劇場版「AIR」サウンドトラック』を聴いていた感想っ♪
  2. TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想後編 ~『A I R』emember...~
  3. TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想前編 ~『A I R』emain...~
  4. 劇場版 AIR 感想後編 「あの夏、あの空、あの場所で」
  5. 劇場版 AIR 感想前編 「飛行機雲追いかけたら」
  6. TVアニメ AIR 感想後編 「そして空へ」
  7. TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」

| 空色ホームへ |

『劇場版「AIR」サウンドトラック』を聴いていた感想っ♪

2012.01.16(Mon)
劇場版「AIR」のサウンドトラックを聴いておりました。

これは以前にDVDを買った時に一緒に買ったのです。

部屋を整理していたら、何故か無性に聴きたくなった。

このサントラはじっくり聴いてみるとなかなか素晴らしい。

そんなイメージが湧いてくるような一枚ですね。

『劇場版「AIR」サウンドトラック』を聴いていた感想っ♪…ノソラを読む

TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想後編 ~『A I R』emember...~

2011.06.14(Tue)
イメージから目覚めて、ゆっくりと瞼を開いて…

さあ、AIRのリフレイン感想に話を戻しましょう。

けど、自分にはAIRとは記憶に残される作品だと思うのですが。

それこそ、この空色ブログをやる前にドリキャスでプレイして、

そして今でも鮮烈に覚えてるのですから、そういう意味では自分が証人なのでもありましょう。

AIRは間違いなく記憶に残される作品であります。

TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想後編 ~『A I R』emember...~…ノソラを読む

TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想前編 ~『A I R』emain...~

2011.06.14(Tue)
先日の川上とも子さんの報があってから、自分はAIRのアニメを幾話か見返しておりました。

以前にもアニメの感想は書いた記憶がありますが、

今の自分的にはAIRとは「アイを記憶にとどめる作品」であったと感じました。

そしてAIRとは「アイをREするメンバーを待っている作品」だったと感じました。

この作品はしっかりとアイを繋いでいる作品だった…。

それでは今回はAIRをリフレインして語ってみたいと思われます。

TVアニメーション・「AIR」 リフレイン感想前編 ~『A I R』emain...~…ノソラを読む

劇場版 AIR 感想後編 「あの夏、あの空、あの場所で」

2007.09.10(Mon)
でも、この劇場版も前に一度見たきりでしたけど、

何でか知れずに、一度見出すと最後まで見てしまっておりました。

やっぱ自分にとって、この「AIR」は好きな作品の一つなんでしょう。

それがこうして劇場アニメとなった。

それが今、こうして目の前で繰り広げられている。

じゃあ、やっぱり見るのが当然だったのかも知れません。

そして、それはこの感想を書いている現時点で。

もうすぐ放映される「劇場版 CLANNAD」にも言えること。

あれだって、やはり自分もいつかは見るのでしょうから・・・。

劇場版 AIR 感想後編 「あの夏、あの空、あの場所で」…ノソラを読む

劇場版 AIR 感想前編 「飛行機雲追いかけたら」

2007.09.10(Mon)
「劇場版 AIR」

このブログでも今までにいくつかAIRについても触れてきましたが。

それはそれ。これはこれ。

で、この度アニマックスの方で劇場版のAIRが放送されていたのですよ。

これを自分は見ておりました。ちなみにDVDも持っているというのに。

じゃあ、そーゆーことで。

今回はその劇場版の感想をにははと書いてみました。

劇場版 AIR 感想前編 「飛行機雲追いかけたら」…ノソラを読む

TVアニメ AIR 感想後編 「そして空へ」

2007.06.06(Wed)
「TVアニメ AIR」

感想の後編では「そして」と「空へ」に当たる部分のお話。

でも、「翼」にはきっと明確なイメージも浮かぶと思います。

例えば天使の背中にあるような物や、普通に羽ばたく鳥のイメージとか。

「夢」は、まあ、その形こそは確かにないのでしょうか。

だけど、夢って何となく形はあるような物でもあるとも思えますね。

叶うか、叶わないか。叶えられるか、叶えられないか。

見れるか、見れないか。見続けられるか、見続けられないか。

TVアニメ AIR 感想後編 「そして空へ」…ノソラを読む

TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」

2007.06.06(Wed)
「TVアニメ AIR」

もうそろそろ夏ですね。サマーです!イン・ザ・サマー!!

な、なんか去年の今頃も似たようなことを書いていた気もしますが。

しかし、自分の中で夏をイメージさせてくれるアニメといえば「AIR」「ラムネ」って感じです。

他にも多くの夏作品もあるとは思いますが、

もし聞かれて答えるとしたら、この2作品でしょうから。

でも、アニメ版のAIRは確かに評判はいいと思いますね。

自分も去年の夏頃には、この胸をキュンと切なくしながら見てのおりましたので。

やっぱ「そういうの」って雰囲気としても見る人には伝わってきますよね。

それだけこの作品は丁寧に上手に描かれていた事にも感激でした。

そういうのって・・・うん、ぐっどだよ!ぐぅーっど!!

TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」…ノソラを読む
| 空色ホームへ |