空色ホーム > 海街diary

海街diary

  1. 海街diary 第7巻 あの日の青空 感想
  2. 海街diary 第6巻 四月になれば彼女は 感想
  3. 海街diary 第5巻 群青 感想
  4. 海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想
  5. 海街diary 第3巻 陽のあたる坂道 感想
  6. 海街diary 第2巻 真昼の月 感想
  7. 海街diary 第1巻 蝉時雨のやむ頃 感想

| 空色ホームへ |

海街diary 第7巻 あの日の青空 感想

2016.04.02(Sat)
そういや例の「海街diary」の第7巻を読んでおりました。

ていうかアマゾンで買ってはいたんですが、何か時間がなくて読む機会がなかったんですわ。

つーか、自分も積み本が結構多いですからねえ。…ざっと本棚4つ分くらいでしょうか…?(笑)

しかし、この海街diaryも実写映画化されましたが、こうして今の自分が第7巻を読むとぶっちゃけ疲れましたね。

まあ、一言でいうと「いい話」には違いないんですが、そのいい話に対して疲れる部分があったのです。

それこそ作中の人物に対してどこまで感情移入していいものやらと考えてしまったのです。

だからもう駄目ですね。自分にとってはレベル的にもういいですねってラインまで達しました。

そういう気負うつもりもなく、そういう背負うつもりもなく。

だから作中の登場人物達には頑張って物語を育んでいって下さいなと申しまして終わりといたしましょう。

ていうか、いい話ですよ。…だからとっととTVドラマ化したらいいですねえ?

とまあ、繊細な話や恋バナ等については現実と架空のダブルで迫られたら、、、ほんともう疲れ果てますわ。

つまり物語を楽しむには余裕というものこそが必要なのだと気がつきました。

はあ、よーゆうわと思いますかみなさん……よーゆうわよーゆうわ……それでも大切な余裕なのであります。

しかし、この海街diaryもそろそろまた重い話になっていきそうな予感でありました。

覚悟はともかく結婚前ならちゃんとゴムとか付けましょう…マジリアルな話!?(マテww

海街diary 第7巻 あの日の青空 感想…ノソラを読む

海街diary 第6巻 四月になれば彼女は 感想

2015.03.08(Sun)
こないだ本屋に行ったら海街ダイアリーの第6巻が出てることに気が付きました。

これも最近は本屋とかめったに行かなかったツケのようなものでしょうか。

ええ、こんな世の中なんて、いつも大切なことを見逃してばかりのようです。

しかし、この第6巻も素晴らしい内容でありましたなあ。

この永遠に悟り切れないだろう人と人との関わり合いのあいだで、

何かもう読んでてお腹いっぱいになりましたから。

それこそ人生色々ですな。…心に余裕があってもなくても、これ読んだらきっと色々考えちゃうんでしょう…。

海街diary 第6巻 四月になれば彼女は 感想…ノソラを読む

海街diary 第5巻 群青 感想

2012.12.13(Thu)
本屋さんに行ったら一際目立つ色がありました。

そこには海街ダイアリーの第5巻がありました。

それは群青色であります。やや紫みを帯びた深い青色であります。

それはウルトラマリンブルーとも言われております。

とにかく本屋さんのコミックコーナーに行けば、

今なら当分の間は一際目立つ色が…ああ、おい、しい。w

海街diary 第5巻 群青 感想…ノソラを読む

海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想

2011.08.12(Fri)
吉田秋生さまの「海街diary」の第4巻を読んでおりました。

今回は「帰れない ふたり」であります。

半角スペースと全角スペースのいい気遣い。

それにしても風太、おまえいいやつだなあ。

すずちゃん、そのネックウォーマーは洗わないで返した方が喜びますよっ?

きっと距離感にも色々な形があったのでありましょう。

ちなみに食べたいものがたくさん出てきました。

おなかすいたー!おなかすいたよ~!!ww

海街diary 第4巻 帰れない ふたり 感想…ノソラを読む

海街diary 第3巻 陽のあたる坂道 感想

2010.02.15(Mon)
「海街diary」の第3巻を読みました。

でも、この作品は刊行ペースさえも巧いペースになってますよ。

例えば間合いとか速度って意味合いで。

自然と前巻までの話も読み返したくなるような作品だよなあ。

そして、この作品は繊細な内面の捉え方や描き方が本当に巧い。

この作品を自分は一気にとは読めなかった。

それこそ妙にゆっくりと読んでしまっている作品なんだよなあ~。

海街diary 第3巻 陽のあたる坂道 感想…ノソラを読む

海街diary 第2巻 真昼の月 感想

2008.10.13(Mon)
「海街diary」の第2巻を読み終えました。

だけど、この作品は自分1時間くらいかけて読んだんですが。

それこそ、これは味わい深い作品なんです。

にしても、「すずちゃんの鎌倉さんぽ」も買おうと思ったんですが。

自分が行った本屋にはなかったぞ・・・おのれー!!(笑)

海街diary 第2巻 真昼の月 感想…ノソラを読む

海街diary 第1巻 蝉時雨のやむ頃 感想

2007.05.14(Mon)
「海街diary」

この前の記事で書いた「ラヴァーズ・キス」の感想。

そして、この「海街diary」って作品は、それとも世界観が繋がる作品だったのですね。

その事を自分はつい先日ですが、この本を本屋さんで見つけて手に取り。

そして読んでみてから気が付きました。これは嬉しい発見でもありましたが。

いや、基本的に漫画とかって発売日を確かめないんですよ。

だから偶然見つけたのにはドキドキしました。

久々に胸が高鳴った感じでしたっけ。

海街diary 第1巻 蝉時雨のやむ頃 感想…ノソラを読む
| 空色ホームへ |