空色ホーム > 東京タワー

東京タワー

  1. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 感想まとめ
  2. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 最終回 涙の最期 感想
  3. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10話 最期の選択 感想
  4. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第9話 将来の約束 感想
  5. TVドラマ 東京タワー 主題歌「コブクロ/蕾」の感想
  6. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第8話 時々オトン~家族の絆 感想
  7. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第7話 オカンの心、ボク知らず 感想
  8. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第6話 オカン上陸 感想
  9. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第5話 最後の旅行 感想
  10. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第4話 病いの宣告 感想
  11. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第3話 祖母の最期 感想
  12. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第2話 涙の別れ後 感想
  13. TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第1話 オカンとボクと時々オトン~親子の別れ 感想

| 空色ホームへ |

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 感想まとめ

2012.02.22(Wed)

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 感想まとめ…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 最終回 涙の最期 感想

2012.02.22(Wed)
ついに最終回。

マー君が東京に出てきて10年目の春。

オカンは今も病院での生活。

抗がん剤治療を止めてからは…それでも、それでも苦しくないみたい。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 最終回 涙の最期 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10話 最期の選択 感想

2012.02.22(Wed)
今回を見ていると、始めから涙が止まりません。

本当に本当に涙が止まりません。

流れていく時間。

「ボクの一番恐れていたこと…」

オカンの胃ガンはもう大分大きくなっていました。

それはこれからもそうなるのでしょう。

時間は戻らないし止まってはくれない。

壊れた時計をぼんやりと見つめたマー君。

その胸の中の思いを考えると、もはや切なくてどうしようもなかった。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第10話 最期の選択 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第9話 将来の約束 感想

2012.02.22(Wed)
オカンの手術は無事成功。結果は良好。そして退院。

その頃、まなみの実家の旅館の経営は悪くなる一方でした。

それからマー君の仕事は忙しさがレベルアップ。

次から次へと仕事の山。鳴沢君は本当に優しい人。

そして仕事の増えた理由はオカンが一生懸命に宣伝しているからだった。

それはオカンが元気になった証でもあってさ。

だからマー君もホントは嬉しいんでしょう。それは見ていると雰囲気でわかります。

喋ることもできるし、笑うこともできる。

こうなると更なる笑顔なのでしょう。

そうなるとやっぱりマー君の結婚って話になるんだろうな。

マー君の部屋は集会状態。

オカンは教祖様。こうして信者は一体何人いるんでしょ?(笑)

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第9話 将来の約束 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー 主題歌「コブクロ/蕾」の感想

2012.02.22(Wed)
しかしコブクロの蕾って曲は素晴らしい曲だよな。

ドラマの東京タワーを見ているといつもそう思う。

今回はこの歌の感想を書いてみようと思いました。

けど、こんな詩を書ける人って感受性が豊かなんだろうなあ。

なんか羨ましいような、でも悲しいような気もします。

だってそれだけ人の想いとかも分かってあげられるんじゃないかなって思いますから…。

TVドラマ 東京タワー 主題歌「コブクロ/蕾」の感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第8話 時々オトン~家族の絆 感想

2012.02.22(Wed)
1997年 東京。

オカンとボクの東京生活。のんびりとした穏やかな時間。

大体の事が上手く、皆がいい感じに物事は動いていると思った時に。

オカンの病気が、癌が再発してしまった。

今度は声帯まで取らなければいけないという担当医の言葉。

けどオカンは頑として手術を拒否した。

その発作の起きる間隔は次第に短くなっていた。

マー君も辛いだろう。彼の感じてる笑顔の間隔も短いんじゃないかな…。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第8話 時々オトン~家族の絆 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第7話 オカンの心、ボク知らず 感想

2012.02.22(Wed)
1996年 秋。

時はどんどん過ぎていく。

親子の同居生活。

オカンは東京で確実に進化を遂げていたらしい。

マー君の仕事もどんどんあっち系に向かっていたらしい。

同居生活は大変です。夫婦生活に見えないこともないです。

バカボンは色が少し黒くなった…って、オカンとぷよぷよしてるし。(笑)

そして相変わらずマー君の家にはお客さんが多い。

オカンも人気者。マー君自体はまなみに来て欲しいんだろうけど。

そういえばオカンのおにぎりって売ってるでしたっけ?

じゃあ今度はぬか漬けにお味噌汁とか。お汁粉とかもあったかくて美味しそうだ。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第7話 オカンの心、ボク知らず 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第6話 オカン上陸 感想

2012.02.22(Wed)
「東京で一緒に住もう」

確かにドラマティック。

でも、マー君も素直じゃない。どう見てもこの子は素直じゃない。

そしてオトンはいつも要所要所では確実に登場しますよ。

オトンは言いました。覚悟という言葉を。

オカンはマー君がいる。

それだけでいい。それだけでいい。

今回はオトンの言った覚悟の意味。

それを考えながら見ていくと、また相当に涙がヤバイかもなあ。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第6話 オカン上陸 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第5話 最後の旅行 感想

2012.02.22(Wed)
もこみち君も走らされました。彼は今回もいっぱい走りました。

でも、内容は笑って見てられないんだ。

やっぱりこの作品も明るい描写があっても…見てると非常に切ない。

笑顔が切ない。オカンの仕草が切ない。

それはある。其処には何かが付き纏っている。

これは先入観かも知れませんけど、間違いなく何かが在るんだ。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第5話 最後の旅行 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第4話 病いの宣告 感想

2012.02.22(Wed)
マー君も立ち直れてよかった。

そりゃお祖母ちゃんには大したことは出来なかった。

それでも、きっとお祖母ちゃんは会いに来てくれただけでも嬉しかったと思うし。

けど、その何も出来なかったっていうのが後悔って感情なんだと思う。

このドラマは本当に考えさせられる部分があります。

きっと最後まで見てる人にとって、これはとても大切な作品になるんじゃないかなあ…?

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第4話 病いの宣告 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第3話 祖母の最期 感想

2012.02.22(Wed)
マー君、4年目の東京生活。

就職活動。友達関係。

それから大学も卒業して、変わりゆく日常。

でも、マー君はあの一万円札だけは使わずに取っておいた。

それを見た時に嬉しかったな。

そしてバカボンはやっぱりバカボンだ。赤いトサカのバカボンだった。

って、まさしくニワトリみたいだったぞ。(笑)

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第3話 祖母の最期 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第2話 涙の別れ後 感想

2012.02.22(Wed)
マー君は東京にやって来ました。

見てて思ったんですが、前回の東京タワーの描写みたいに。

その言葉による東京って街の描き方が印象的です。

都会はキラキラしてるんだ。その言葉が頭に残ってしまうようだ。

んで、マー君はそんなにゴッキー嫌いですか?

あれは飛んでくるからな。おれも見ただけで寒気がしますよ…って、ガクブルですがな。(笑)

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第2話 涙の別れ後 感想…ノソラを読む

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第1話 オカンとボクと時々オトン~親子の別れ 感想

2012.02.22(Wed)
あれ?これって設定は古いのかな?

ふむ、時代感がありますね、結構時間軸が交差しております。

そしてどこの家だってオカンはいろいろうるさい。

これはどんな作品なんだろう。やっぱ原作本も読んだ方がいいのかな。

あの東京タワーの映像が印象深かった。心に突き刺さるような言葉もあった。

とまあ、今ドラマのファーストインプレッションはこんな感じでっ。

TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第1話 オカンとボクと時々オトン~親子の別れ 感想…ノソラを読む
| 空色ホームへ |