空色ホーム > シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~

シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~

  1. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第12話を見ていた感想&最後のまとめ
  2. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第11話を見ていた感想
  3. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第10話を見ていた感想
  4. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第9話を見ていた感想
  5. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第8話を見ていた感想
  6. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第7話を見ていた感想
  7. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第6話を見ていた感想
  8. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第5話を見ていた感想
  9. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第4話を見ていた感想
  10. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第3話を見ていた感想
  11. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第2話を見ていた感想
  12. TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第1話を見ていた感想

| 空色ホームへ |

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第12話を見ていた感想&最後のまとめ

2012.07.06(Fri)
幸せノーパン屋アニメの第12話を見ておりました。

とりあえず最終話らしい。パンアニメゆえに中身もパンか…。

しかし、やっぱ謝意系の発信内容で終わってましたなあ。

ほとんど読み通りだったようだ。

ていうかもっとパンドラの箱を開いてくれるのかと思ってましたが…ガクリ。

このアニメもこれで見納めであります。今作をパンで例えるならピーターパンでありましょう。

つーか、考えてみると、これって実はネバーランド系でありますよね?(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第12話を見ていた感想&最後のまとめ…ノソラを読む

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第11話を見ていた感想

2012.06.29(Fri)
今回は決戦でありましたね。

剣を手にし翼を生やしたパン屋が悪鬼どもを薙ぎ払うのであります。

とまあ、こまけぇことはいいんですが、心に届くかどうかも自分には分かりませんが。

このアニメもなかなか愉快ではありますよ。

つーか、どうせならフランスパンで戦えと思いますが。(マテ(笑)

しかし世界を救うパン屋は胸熱ですから、どうかあの三人娘さんをお嫁さんにしてあげてください。

んで、あのドワーフと猫娘も必殺兵器を立ち上げているようです。

次回はドッカーンと大きな幸せのパンでパンパカパーンとなるのでありましょう。

リック…アディオスか?

普通に日常に戻ればいいですが…幸せのパン屋の未来はドーナッツ!?

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第10話を見ていた感想

2012.06.21(Thu)
このアニメも異世界がどうのこうのとなりましたが。

パン屋三人娘がリックの前でトカゲ男たちに襲われるキャーな展開を…

これから真っ先にイメージしてしまってスミマセン?(マテw

しかし話もいきなりクライマックスでしょうかね?

とにかく攻められそうな島国でありましたが、悩める少年リックさんがいよいよ勇者になられますか?

最初からただのパン屋じゃないとは思ってましたが、やはり救世主様だったか?

いよいよ例の剣が解き放たれそうであります。

んで、このくらっくらの現実からふわっふわの魔法に入るのが…まるでたまらない冗談みたいですぉ?

次回は決戦のようですが、これまでのパンが繋いだ絆のチカラが発せられるのでありましょうかぁ?

そして、その内にはパン屋からパチ屋へとなってしまいそうなセガサミーでありました。

なんせ初音ミクまでパチにしようと計画してるようですからね。

もはや老害と思ってしまったのも事実であります。

ていうか、そんなのガセネタって言っとけよ?

シャイニングシリーズはともかく初音ミクさんのパチ屋化は断固拒否の方向で…。

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第9話を見ていた感想

2012.06.14(Thu)
今回は何だか後からほくそ笑むような展開ですね。

じわじわ来ますよ、楽しいアニメであります。

前半はメス猫やメス狐らが燃えていて、後半はおにゃのこ見て萌えておりましたわ。

つーか、ずっと水着で萌えアニメしててくれてもいいんですが…シリアス入りたいなら仕方ない。

でも、いよいよ機械人形も目覚めてしまいましたね。

次回はカグヤも何かあるようですし。もはやシリアスに入っていくのは避けられぬのでありましょう。

リックもいつまでもパン職人のままではいられない?

彼のシャイな謝意から発せられたあったかい気持ちです。

あの闇の使い方が何だか近い未来を暗示していたような気配であります。

しかし、スイートな餡パンからブラックな闇パンにかぶりついても…実は甘いのかもしれなくてっ?

とにかく時は来たって感じでしたね。

これもカンパンをカリカリしながら見てると香ばしい気持ちになれるアニメであります。

んで、あのエンドカードの三人娘パンを見てると三色パンとか食べたくなりましたっけ?

おれの好み的にいうと…まあ狐メイドな訳でありますが?

や、オオカミなのかもしれませんが…とにかくローナを推しておきませう。

つーか、兵隊さんニヤニヤすんなよっ?(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第8話を見ていた感想

2012.06.07(Thu)
今回はシャイな人、ぐぬぬ…ハーツか。

んで、確かにこの話も流れが変わってきましたなあ。

これもシリアス入ってきたらふわっふわ感が急速に薄まってきたようであります。

ていうか、この作品って実はテーブルトークRPGをしているのかもしれませんね?

そして漂流人も皆が記憶を忘れてるのは…それって偶然なのでしょうか?

んで、海賊にカグヤに猫娘にドワーフにと…次回はまたお城で一騒動のようです。

そろそろ大きな動きがある頃合いでございましょう。

とまあ、前回と今回でリックの悩みも結構やっておられたようでありました。

こうして若きゴッドパンヤが勇者となるような気配でありましょうか?

んで、リックが例の剣を手にした時に、きっと何か起こるのでありましょう。

つーか、例の機械人形のパーツの方が先にはなるようでありますけどね?(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第7話を見ていた感想

2012.05.31(Thu)
これもふわっふわのパン屋さんのままではいられないようです。

今回はリックの悩みでありました。

このままパン屋をやっていくのかどうかとか猫娘の事とか剣の事とか、

色々と自分で選べる自由はあったようです。

きっとパン屋に行ったら何を買おうか迷うってやつであります。

ちなみに自分はコッペパンが好きですが揚げパンも好きであります。(って、イミフ?w

しかし今回はやけに丁寧な感じでやっておりましたなあ。

このアニメって1クールだと思ってましたが、このゆっくり感だと…まさか2クールなんですかね?

それなりにシリアス展開に入るような構成ではありますが、やっぱリックも剣を振るうことになるのだろうな。

パン屋の三人娘の緑の子は切ないのをパーンと引き受けそうだ。

そして例の人形やら宝物やら戦艦やら王国やらで、大体のやることは出揃っておりますけど。

あの猫娘もとっ捕まるんだろうにゃあ?…そしての拷問とかは無さそうだにゃあ?(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第6話を見ていた感想

2012.05.24(Thu)
まずは朝からおさかなパンで可愛い猫娘を餌付けです。

それからねこパンで共食いさせようとするパン屋の娘にオソロシア!?

しかし王国に持っていかれた宝物フラグはまだ活きていたようで。

カグヤについても相変わらずほとんど寝ているって部分で自分がハッとしておりました。

そして猫娘が何やら様子がおかしいようだ…ニャ!?

更にもう一匹、この子は猫じゃない…このドジッ子は狐娘でしょうか?

王国からの急なパンの所望でパン屋も忙しくなります。

またしても美味そうなパンで思わずガブリとかぶりつきたい肉付きであります。

にしてもドジッ子って三人娘から思われて、それこそ萌え属性的には普通すぎる三人娘でもございますよ。

しかし王国も何だか面白くなってきました。キザなメンも登場しておりました。

それで謎の怪盗については正体もバレバレでしたニャあ。

にしても、あのキザメンたちはドジッ子メイドを可愛がって遊んでいるようでありますね。

ペットであります。それこそ放置してるだけでも勝手にイッてしまう愛玩動物のようであります。

しかし久々にここまでのドジッ子を見たような気がして思わず拝んでしまいました。

そしてリックについては彼が剣を振るうのが嫌な子や、またそれとは違ってご褒美的にも興味がある子とか。

あのパン屋の三人娘によっても、またそれぞれ感じ方が違うようであります。

んで、あの王国もやっぱ何か企んでいるような雰囲気か。

今回は本題に入る前の幕開きって感じだったようですね。

このアニメもふわっふわなパンのままでは終わらないようなフランスパンになるのかもしれません。(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第5話を見ていた感想

2012.05.17(Thu)
パン屋アニメの第5話を見ておりました。

いつも可愛い女の子が出てきて幸せであります。

ああいうパン屋があれば、きっと間違いなく通うであります。

美少女からパンを買えるなんて、なんという幸せのパンでありましょうか。

それにお見送りはしてくれるわ、お届けもしてくれるわと、なんという素晴らしいサービスでありましょうか。

おもてなしの心っていうか、とても至れり尽くせりでございます。

そして今回はスイーツ娘の登場であります。

おおっと出ました!釘宮さんの愛すクリームボイス♪

しかし幸せになれるパンをくださいって、あのマスコットとパパパパーンなのですかねえ?

とまあ、今回はくぎゅワッフルタ~イムとでも申しておきましょう。

ふわっふわになれました。なんというゆるくてやぁらかいアニメでありましょう。

まさに空気たっぷりのふっくらパンアニメでごさいました。

あんあんに美味しそうなパンにはむしゃぶりついてみたいと思われました。

クリームにハチミツにアイスにバターにと…

色々と使って美味しく味わえるパンもアイスもケーキもスイーツなキミ達って素晴らしい。(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第4話を見ていた感想

2012.05.10(Thu)
このパンアニメもパンはパンでパンパンとパパパンで、

きっと最終的にはみんなパンパンでパンにパパンでパンパカパーンと終わるんでしょうけど。

リックを起こす効率の良い方法はフライパンでパンパンパン?

んで、今回は機械人形か。海の中に何かあるようです。

そして美少女が頬を赤らめて美少女の餌付けをしていたご様子。

しかし平和だったパンアニメから焼きが進むと平和が徐々に壊れ始めているのでしょうか?

ある意味ではパンという食物のもろさを描いているようです。

んで、猫娘のシャオメイを見ていると一匹飼いたくなりますねえ…クックック?(笑)

そんなこんなで水着回であります。とっても健全な可愛らしさが溢れております。

んで、これもパンアニメゆえにパンドラの箱って感じでしょうか?

割とでっかい犠牲だったように思いますが、そのお宝を陸まで引き上げました。

にしても借り物の船か。あんだけのダメージだからなあ。

そしてお宝も王国に全部持ってかれたからには…こりゃカラダで返すしかなさそうだ?

とまあ、あの光ってたパーツはまだ機械人形には渡らないらしく。

で、次回は王国のお姫様とかお忍びでパン食べにやってくるようだな…?(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第3話を見ていた感想

2012.05.03(Thu)
しかし目指すべきはパン屋さんですなあ。

ああ、パン屋はいいぞパン屋はいい。(笑)

それで浜辺に流れ着いた女性をお持ち帰り…じゃない診療所に運んできたパン屋のみなさん。

綺麗なペンダントが何だか意味深?

そしてリックも同じように流れ着いてきた漂着者でございます。

しかし、このアニメも見方によっては…流れ着いた者を洗脳していくようにも見えなくもない。

とにかく常にフシギがつきまとっておりますから。(笑)

んで、パン屋もパンを焼く石窯がぶっ壊れてしまって、直すにはドワーフに頼むのが一番らしく。

だが、パンを焼いて売らないとお金がない!

それに海賊船とかもやってきたようで、何だか格好の獲物がここにはいるぜェ。

謎の光を放つ首飾り。そして謎の光を発する女系人形。

かぐわしいどころか、大砲ドンパチとなりました。

あれは核兵器なのか?何かえらいもん飛び出してきました。

そして海の中に何かがあるようだ。

はっ、このパンはダークコロネだな。

んで、この展開でエンディングを見てたら余計に不安になってきやがった。

しかし、このアニメは妙に不安になるから…ハマってきた面がございますれば~?

ええ、そんなワクワク感よりも不安感で攻めてくるアニメですよ。(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第2話を見ていた感想

2012.04.29(Sun)
ああ、これはシャイニング・ハーツで…

「謝意がingの心」で、

感謝の心がいつまでも続きますようにって具合になっているのかもなあ。

けど、そこまで深く見なくてもいいか。

とにかくパンを守り通すためには、どんなに濡れたって構わないような自己犠牲の精神か。

これも素直な意味で「謝意」ならいいんですが、下手すりゃ「謝罪」に使われも思想なのが危ういアニメのようだ。

何だか知りませんが、どうも拭い去れないようなものがありますよ。

とまあ、やっぱ不思議なアニメのようですわ。

しかし、何か知りませんが…こうして見ているかもしれないですね?

んで、あの主人公のイケメンはなんて恵まれた環境なのであろうか。

しかも、こうしてモチモチとした生地でパンを焼くことによって、

それは、あの三人娘のヤキモチまでも自己昇華しているのかもですねえ?

つーか、何気に深いですよ…このアニメについては。(笑)

TVアニメ「シャイニング・ハーツ -幸せのパン-」の第1話を見ていた感想

2012.04.20(Fri)
思った以上にパンでしたな、ふわっふわのパンのようですが。

第1話を見た限りでは不思議な感覚のアニメでありました。

しかしアニメでこんなにパンを見たのは焼きたてジャぱん以来かもしれない。

にしても、まさか友愛の精神に満ちた幸福の何とかのような宗教アニメじゃないですよね?

ていうか、どうなんだろうな?

どことなく宗教っぽいセカイも垣間見た気がしておりましたが?

このアニメはカオスそうな香りが漂ってました。

幸せのパンでパパパンとパパンがパン!だーれが殺したクックロビン!?(笑)
| 空色ホームへ |