空色ホーム > BTOOOM!

BTOOOM!

  1. TVアニメ・「BTOOOM!」の第12話を見ていた感想&ここまでのまとめ。
  2. TVアニメ・「BTOOOM!」の第11話を見ていた感想。
  3. TVアニメ・「BTOOOM!」の第10話を見ていた感想。
  4. TVアニメ・「BTOOOM!」の第9話を見ていた感想。
  5. TVアニメ・「BTOOOM!」の第8話を見ていた感想。
  6. TVアニメ・「BTOOOM!」の第7話を見ていた感想。
  7. TVアニメ・「BTOOOM!」の第6話を見ていた感想。
  8. TVアニメ・「BTOOOM!」の第5話を見ていた感想。
  9. TVアニメ・「BTOOOM!」の第4話を見ていた感想。
  10. TVアニメ・「BTOOOM!」の第3話を見ていた感想。
  11. TVアニメ・「BTOOOM!」の第2話を見ていた感想。
  12. TVアニメ・「BTOOOM!」の第1話を見ていた感想。

| 空色ホームへ |

TVアニメ・「BTOOOM!」の第12話を見ていた感想&ここまでのまとめ。

2012.12.25(Tue)
いよいよ現時点での最終話となったアニメのブトゥームであります。

今回は絆であります。平のオッサンが傷ついて病んでおりました。

ていうかヒロインですね、平の乙惨疲労員。

なんかえらい力の入れようでありますが、それだけ平さんは思い詰めていたのでありました。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第12話を見ていた感想&ここまでのまとめ。…ノソラを読む

TVアニメ・「BTOOOM!」の第11話を見ていた感想。

2012.12.18(Tue)
ドクターの仕掛けたトランクにドッカーンされた坂本さんでありました。

ヒミコ絶叫であります!アイアムドクターナンバーワーン!?

そして因縁のある二人の再会であります。解説ありますので伊達巻であります。

ヒミコは坂本が爆死したと思って戦意喪失しております。

そして村崎さんも攻撃され、またヒミコは一人となり、

ものすごいおっぱいのクッションであります。

ていうか、おっぱいスゲエ!その弾力感もうヒミコデラックス!!(笑)

とまあ、生きていた坂本さんが真のヒーローとなって、

悪の伊達からヒロインヒミコを救ったのでありました。

そして傷を負った伊達は村崎さんの鎌に…って、それも鎌わ愛か。

さあ、ヒミコのシャワーシーン。全裸を隠す葉っぱ類は円盤鎌の時に刈り取られましょう。

これも坂本さんが頑張ったご褒美でありました。

んで、このアニメも次回で最終話か…まさかラスボスは平のオッサンなんですかね?

あまりにも置いてけぼりにされたので、ついにあの人ヤンギレたのでありましょうかっ?

ていうか、ここに来て微妙に中途半端に爆投げしそうな予感が…?w

TVアニメ・「BTOOOM!」の第10話を見ていた感想。

2012.12.11(Tue)
どっかの名人もモニターして盛り上がっておられますが、

リアルブトゥームの殺し合いが続いておりました。

これがブトゥラー同士のハイレベルバトルでありました。

しかしレオリオのオッサンは…って、よく見りゃ伊達はレオリオじゃねえか?

はっ、まさかハンドルネームはパラディナイトですかねえ?(笑)

そして坂本さんはヒミコがいるから生きる活力が湧いてくるのであります。

おそらく見てる人の大半はこう思ったのでしょう…坂本からヒミコを寝取りたい!?

ええ、この手の作品は歪んで見るか素直に見るかのどっちかでございます。

ていうかバトロワ見てれば展開の想像は付きますからねぇ…?(マテ(笑)

そして坂本と織田でありました。昔は友達だった男であります。

この作品もああいう展開好きですなあ。

坂本が好きだった女の子と織田は肉体関係を持ったのでありました。

しかし伊達への対応を見ると坂本さんはやっぱ甘ちゃんですなあ。

…さあて、トランクに仕掛けられた爆弾で坂本さんは…?

ていうか、ヒミコを置いて死ねるかってものでございます。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第9話を見ていた感想。

2012.12.04(Tue)
今回は最強プレイヤーか。いろいろとプレイヤーが出てまいりました。

前のゲームをクリアーした裏切りのブラックドクターもおります。

そいつはチョロイ平のオッサンを利用しようとしておりました。

坂本にヒミコもチョロイといえばチョロイのでありますが、ヒミコは薄々感付いております。

薄々か、うすうすに、感じていたのでありました。

しかし、坂本も逞しくなったものであります。

男子三日会わざれば刮目して見よの何とやらでございます。

新たに降って来たトランクの奪い合い。

各プレイヤーも派手にやっておりました。

女同士の闘いもありました。処女VSビッチであります。…よし、もっとやれ。w

いよいよプレイヤーが増えて乱戦模様となっておりました。

処女も徐々に膜張上がっておりました。

坂本さん!ヒミコがあなたの事を頼りにしておりますよ!!

ブトゥームで負けるつもりはない坂本さんが奮闘しておりました。

次回予告的には実はあいつら知ってる者同士のようです。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第8話を見ていた感想。

2012.11.27(Tue)
坂本とヒミコにもネット接点があったわけですが。

互いへの意識が強くなる二人でありました。

紳士的な坂本さんにデレ始めてきたヒミコであります。

可愛いもんじゃありませんか、この子レベルなら守ってあげたくもなりますって。

そして真夜中に得体の知れない女と遭遇する坂本とヒミコ。

あの女性は坂本たちよりも前のプレイヤーですね。

まあベタではありますが、これで坂本とヒミコの未来の姿を暗示させておいたのでありましょうなあ。

坂本とヒミコが殺しあうような未来は回避されてもらいたし。

さあ、今回は次なる殺し合いへの前置き話でございました…。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第7話を見ていた感想。

2012.11.21(Wed)
坂本さんもワイルドナイファーといつぞやの弁護士に手痛くやられました。

それこそ相手は野生のケダモノですからなあ。

この生きるか死ぬかしかない地獄の島で甘っちょろい事ばかり言ってられません。

しかし、このリアルブトゥームには坂本が言うような盲点とやらは本当にあるのでしょうか?

まあ、今はとにかく目の前の絶望をどうにかしなければ。

坂本さんは仮想花嫁のヒミコを救い出せるのか。

平のヒロインを置いてヒミコを探しに行った坂本さんであります。

ワイルドナイファーによって生皮剥がされそうなヒミコさん。

違う意味でキレイなカラダにされそうでありました。

坂本さんの孤独な戦いが始まりました。

あのマイクロフランケンシュタインもやる気まんまんでありました。

坂本とヒミコもロマンチックはその内にゆっくりどうぞ。

やはり男子たるもの可愛いヒロインがいた方が張り合いが出るでございましょう。

今回も命からがらチェリーボーイとヴァージンガールは生き延びられたのでありました。

坂本さんも難しいかもしれませんが、ヒミコを口説き落として16連発くらいキメておやりなさいな。(笑)

TVアニメ・「BTOOOM!」の第6話を見ていた感想。

2012.11.13(Tue)
生贄の夜でありました。オオトカゲ様に捧げる血の晩餐であります。

右足を噛まれた平のオッサンでありました。

しかしデケエなオオトカゲ。何だアレは。あのデカさは。

昔に見た映画でコモドオオトカゲのやつがありましたが、

きっとああいう種類のやつなのでありましょうなあ。

そして平のオッサンは坂本に心得を教えて下さったのであります。

このリアルブトゥームを通じて坂本も人間的に成長していくのでありましょう。

毒毒しいものもあります。男性恐怖のヒミコもおります。

阿鼻叫喚であります。疑心暗鬼であります。取捨選択であります。

嗚呼、一歩間違えれば肉穴陵辱なのであります。爆肉散花なのであります。

危ない!平のオッサン!?…シボウフラグが…。

そして坂本は例のサバイバルウォーリアーとのバトルに突入であります。

これは坂本が負けたらヒミコも平のオッサンも絶望的でありますなあ。

きっとパンツどころの騒ぎではないのであります。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第5話を見ていた感想。

2012.11.06(Tue)
とまあ、カップラーすすって生きている実感を味わう主人公達でしたが。

チョロイですよ坂本さん。絶望家族でしたよ坂本さん。

そして例のカワイイ女の子との再会であります。

疑いマックスな女の子であります。

また男に襲われる事を考えての男性不信なのでありました。

爆弾投げてきます。スタンガンも振るいます。

暴れるだけ暴れて感電してパンツ見られてしまいます。

ていうか、坂本の気持ちはよく分かりますね。

あれでアイツにちょっとだけ感情移入してきたぜ。

ヒミコについても身持ちが固く意志が強いのは宜しい事であります。

んで、このゲームの事も大体分かってきましたが、もし帰る事が出来ても居場所は過酷そうだ。

そして今夜に這い寄って来るのは大トカゲの群れでありました。

今夜はエクストラバージンヒミーコオイルが漏れそうであります。

TVアニメ・「BTOOOM!」の第4話を見ていた感想。

2012.10.31(Wed)
これが現代のボンバーマンか。

果たしてボンバーキングになるのは誰なのか。

しかし、やってることはエグイのでありましたな。

サイコボンバーか、病んでるやつらばかりであります。

けど、あの主人公もまだまだ割り切れないキャラでありますなあ。

リアルとゲーム、それこそあいつも割り切ったら最強なのではありましょう。

とにかく今回もサバイバルボンバーでありました。

で、あの逃げてった弁護士は生きいられるのでしょうか?

つーか、何気にああいうのは今にブチギレして出てきたりするんでしょでしょう?(笑)

TVアニメ・「BTOOOM!」の第3話を見ていた感想。

2012.10.23(Tue)
何だかんだとダラダラ言いつつ見ているブトゥームでありますが。

サバイバルでありました。腹が減っては戦はできぬ。

とにかくサバイバルでありましたな。

パラシュートの物資を取りに行くのは誰もが考えるのでありました。

奪い合いであります。失敗すれば爆弾ドッカーンであります。

とまあ、このアニメはどこに新鮮味があるのかどうなのか?

つーか、その内には高橋名人が爆弾16連射とかやるんでしょうかね?(笑)

TVアニメ・「BTOOOM!」の第2話を見ていた感想。

2012.10.18(Thu)
血の女子高生か。やっぱレイプ系の話でしたな。

んで、このアニメもやっぱサバイバル系のバトロワか。

やっぱ展開が読めてしまいますね。

きっとどっかで意外性の一発を狙うんだろうなあ。

まあ、今回はとにかく吹っ飛ぶブタァームでしたなあ…。(笑)

TVアニメ・「BTOOOM!」の第1話を見ていた感想。

2012.10.09(Tue)
「BTOOOM!」というアニメの第1話を見ておりました。

これはネット爆弾ゲーしてたのがリアル爆弾ゲーになってしまったようです。

要はバトロワみたいなやつのようでしょうか。

各主要キャラはそれぞれに心の闇を抱えているのでしょうな。

んで、あの男の主人公はよくある現実逃避系か。

んでんで、今回の最後の方で出てきた女の子はレイプ系の表情をしておりましたな。

その類の話が次回ではおそらく見られるのでございましょう。

とまあ、展開的には大体分かるようですが、

とりあえずアニメでこの手のタイプをやっていくようですね。

つーか、やっぱブラック会社がラスボス系になるのでしょうか…?

まあ、いっそラスボスはかーちゃんだったら、このアニメはウケるかも知れないですよ?

スーパー病み病みマックスなかーちゃんがコントローラー投げ付けたら主人公の額にグッサリ…?(マテ(笑)
| 空色ホームへ |