空色ホーム > ヤミと帽子と本の旅人

ヤミと帽子と本の旅人

  1. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想まとめ
  2. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想 「ラストメッセージ」
  3. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第13話「リリス」(最終話) 感想
  4. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第12話「ガルガンチュア」 感想
  5. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第11話「玉藻の前」 感想
  6. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第10話「レイラ」 感想
  7. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第9話「メイリン」 感想
  8. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第8話「藤姫」 感想
  9. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第7話「初美」 感想
  10. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第6話「ミルカ」 感想
  11. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第5話「クィル」 感想
  12. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第4話「マリエル」 感想
  13. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第3話「ジル」 感想
  14. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第2話「蓉子」 感想
  15. TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第1話「葉月」 感想

| 空色ホームへ |

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想まとめ

2007.08.26(Sun)

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想まとめ…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想 「ラストメッセージ」

2007.08.26(Sun)
「ヤミと帽子と本の旅人」

はぁ、だけどやっと感想も終ったわね。

うんうん、これで他の感想にもに行けるワケよ。くすくす♪

じゃあ今回を最後にしてヤミ帽感想も扉を閉めましょう。

まあ、いつかゲームの話もするかも知んないけれど・・・。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想 「ラストメッセージ」…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第13話「リリス」(最終話) 感想

2007.08.25(Sat)
「ヤミと帽子と本の旅人」

ついに今回で、この長かった旅も一つの終わりを迎えます。

これまでのエピソードの感想はこちらこちら。ww

(参考・TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 感想まとめ)

初美の作ってくれたホットケーキ。

それは彼女の天使みたいな気持ちそのものだと思っている葉月。

きっと誰かを「天使」だと思えるのは、

その対象が自らにとっての「特別な存在」だからなんでしょう。

そしてリリスちゃんは「病弱な深窓のご令嬢」だった・・・らしい。

ヤミと帽子と本の旅人 DVD SPECIAL BOX

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第13話「リリス」(最終話) 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第12話「ガルガンチュア」 感想

2007.08.25(Sat)
「ヤミと帽子と本の旅人」

ここからは物語を終結に向かわせていくためのエピソード。

ついに葉月は初美と再会した――。

でも、初美も確かにようやくのお出ましって感じよね。

そして三者三様の独り占め大会の幕開け。愛はなんとも恐ろしい。

だけど帽子を取られたリリスは面白いわよね。

そしてイブ。確かにあんたがいちばん悪い。ラスボスに間違いない。ww

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第12話「ガルガンチュア」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第11話「玉藻の前」 感想

2007.08.24(Fri)
「ヤミと帽子と本の旅人」

これは第10話の終わりから続いている刹の物語。

そして物語は収束に向かいつつありました。謎もひとつに重なるのは近い。

けど、リリスちゃんにも良い所はあったわよね。ちゃんと地球型惑星を作ってくれたしさ。

これでオールドタイプにも安住の地が。そしてニュータイプっぽい演出が。

まあ、あれはF91を狙っていたんでしょうか。きっと。とにかくG狙いは間違いない。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第11話「玉藻の前」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第10話「レイラ」 感想

2007.08.24(Fri)
「ヤミと帽子と本の旅人」

第9話はガルガンチュアの壊れ行く様を堪能できました。

まあ、あれや冒頭の場面は雰囲気として心に留めておきましょう。

なぜならば、これは自己陶酔型の作品ですし。

リリスもいたぶってあげましょう。そのこちょこちょの計で。

ああ、ひん剥くのはべつにいいや。だってリリスだし。

けど、あの帽子の謎は深まったかもね。こわこわ。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第10話「レイラ」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第9話「メイリン」 感想

2007.08.23(Thu)
「ヤミと帽子と本の旅人」

第8話から続いている物語。

そして今回は物語の核心に触れている感触もあるかしら?

この作品は「そういうの」と「そうじゃないの」もあるんじゃないのかな。

さぁ、悪のくノ一の手に捕らわれてしまった籐姫ちゃんです。

それを葉月は必死になって剣を振るい助け出そうとしました。

まあ、葉月の場合はクールだから必死かどうかは見えないけれど。

でも、きっと必死なのでしょう。

それに今回は剣劇が冴えています。殺陣です。ww

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第9話「メイリン」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第8話「藤姫」 感想

2007.08.23(Thu)
「ヤミと帽子と本の旅人」

今回は確か初美に瓜二つのお姫様が出てくるお話。

本当に複雑な話なのよ。それと妖狐も出てくんのよね・・・あーーーっ!!!

だけど、どうして女の子ってシッポとかミミとかが似合うのかしら。

其処にある欲望と夢。それだって、きっと一つの果てなき迷宮。

そういえば葉月も何処でそんな剣術を学んだんだろう。

くすくす、今更ながら彼女の事も気になってくるわよね。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第8話「藤姫」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第7話「初美」 感想

2007.08.22(Wed)
「ヤミと帽子と本の旅人」

第6話から続いている物語。でも、お話もどんどん繋がりを見せてもいるの。

だけど、世界が無限にあるから迷うんじゃなくって、その無限があまりに夢幻だから迷うのよ。

どれほどに世界がたくさんあろうと、道さえ分かっていれば迷わないはずなのだから・・・。

あ、これは全然別のお話ね。それにしても熱いココアが飲みたい。ww

だけどミルカちゃんも成長してるじゃない。そのラスカレスだって嬉しいと思うよ。

船で渡った海の向こうでは、君にも彼にもおっきな素敵があったらいいのにね。

そして時は交わされる――。そして世界は交わされる――。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第7話「初美」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第6話「ミルカ」 感想

2007.08.19(Sun)
「ヤミと帽子と本の旅人」

今回はセイレンとかが色々と問題をやらかすお話。

それとミルカっていう、可愛らしい幼女が出てくるお話。

しかも虎を飼ってんのよ白虎。ホワイトタイガー。

可愛いも可愛いもダブルで可愛いからね。

あの花冠には参っちゃったわよ。ええ!

あ、ミルカたんは今からが育ち盛りだから問題ないわよ。ww

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第6話「ミルカ」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第5話「クィル」 感想

2007.08.19(Sun)
「ヤミと帽子と本の旅人」

えーっと、今回のお話は肉欲蹂躙の物語。不思議な不思議なヤミ帽の世界を見られます。

生茹でのブロッコリーはダメなガルガンチュアでした。

そのあんたの発言もポーズも統一してくんない?ヴァカにしか見えないから。

あ、セイレンのブロッコリーの食べ方がエロかった。

卑猥だった。あ・・んぅ・・・ごっくん♪

しかし、なんで原始時代?ほんっとに突飛だわよ。(笑)

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第5話「クィル」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第4話「マリエル」 感想

2007.08.19(Sun)
「ヤミと帽子と本の旅人」

今回ではリツコの哀しい葛藤が描かれてもいるお話。

そしてあの日に消えたガルが「ガルガンチュア」として暗躍をしている事も語られる。

だけど、あのリツコの服装ってどうなのよ。どう見ても下着じゃない?

そ、そういえば、アタシは昔に女性の下着には深層心理が表れてしまうって聞いた事がある。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第4話「マリエル」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第3話「ジル」 感想

2007.07.19(Thu)
「ヤミと帽子と本の旅人」

今回の物語では、ちょっと重要な事も描かれているわよね。

でも、このヤミ帽の物語は最後に溶け合うのよ。ねえ、溶け合うの。

だから、そのために仕掛けている罠は見逃さない方が楽しめるかも知れないわね。

ふふふっ。とは言っても、普通に見てたら飲み込めるとも思うわよ。

その時間軸のズレとかは、きっとトラップだと思うから。問題は其処じゃないのよ。

ヤミと帽子と本の旅人 DVD-SPECIAL-BOX

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第3話「ジル」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第2話「蓉子」 感想

2007.07.19(Thu)
「ヤミと帽子と本の旅人」

それにしても、この作品って、ほんっとにココロ疼いちゃうわよ。

あの蓉子さんも捕まっちゃってさぁ。もしかしてアブナイコトされちゃいそうになってさぁ。

ふふ、けど、そうならないようには出来ているんだけどね。

そしてお話は第1話からの続きとなっていて・・・。

(参考・TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第1話「葉月」 感想)

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第2話「蓉子」 感想…ノソラを読む

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第1話「葉月」 感想

2007.06.07(Thu)
「ヤミと帽子と本の旅人」

今現在放送しているアニメに「桃華月憚」という作品があるわよね。

ちなみにアタシも感想は書いています。

それはもう周知の事実として、羞恥に時日で広まっている・・・らしい。

で、それを制作しているスタッフの前作なのが、この「ヤミと帽子と本の旅人」なんだって。

ちなみにアタシは原作を手元に積んでもいます。タイピングトラベラーを積んでもいます。

何だか知らないけれど、何か知れずと縁があるみたいなの。

だからそれにちなんで。(べ、べつにちなんでもいないんだけどっ!)

アニメのヤミ帽も感想を短めに書いてみました。(前々から書くって言ってたじゃないっ!)


あらあら心が叫んでいるわ。うふふと悲鳴をあげてもいるわ。ww

ちなみに全話見終わった後の視点で一応は書いてある事を覚えておいて欲しいかも。

そうそう、それとこの物語にも色々(エロエロともいう)とバリエーションはあったけど、

実はそれってあまり考えない方がいいと思うわね。

だって、それこそ迷宮でもあるわけなんだから。考えたら考えるほどに陥るのはラビリンス。

そして行き着く先の世界へと、その乙女は永遠の祈りを捧げて・・・・。

TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第1話「葉月」 感想…ノソラを読む
| 空色ホームへ |