空色ホーム > 2007年06月

2007年06月

  1. アイ ~光と水のダフネ~ 第1巻 感想
  2. ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想
  3. ひだまりスケッチ 第2巻 感想
  4. ひまわり伝っ!(コミック版のひまわりっ!) 感想
  5. 空色デイズはいい歌ですね
  6. TVアニメ かみちゃまかりん 第12話 アデュー、花鈴ちゃんの初恋だしー 感想
  7. OVA To Heart2 第2巻 あの夏、一番騒がしい海 感想
  8. 何やら「ビリーズブートキャンプ」なるものがエクササイズでは流行っているらしい
  9. TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイを見て・・・
  10. TVアニメ 桃華月憚 第13話 館 感想
  11. TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイ 感想
  12. 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第25話 届かぬ想い 感想
  13. 槇原敬之 CONCERT TOUR 2006 “LIVE IN DOWNTOWN” 感想
  14. コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第2巻 感想
  15. コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第1巻 感想
  16. 空色に回ってきた巻物は、忍者バトンだったらしい
  17. TVアニメ かみちゃまかりん 第11話 不思議な光でぴったんこだしー 感想
  18. ハーメルンのバイオリン弾き 第1巻 感想
  19. TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨルを見て・・・
  20. TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨル 感想
  21. 映画・「バタフライ・エフェクト」 感想
  22. TVアニメ 桃華月憚 第12話 命 感想
  23. OVA 「MURDER PRINCESS」 第1話 誕生 感想
  24. 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話 リュクサンブールの出会い 感想
  25. コミック版 びんちょうタン 第2巻 感想
  26. コミック版 びんちょうタン 第1巻 感想
  27. TVアニメ 009-1 感想 「ムーディーでアダルティックな作品でした」
  28. TVアニメ かみちゃまかりん 第10話 ミッチーのドキドキ温泉ツアーだしー 感想
  29. TVアニメ 天上天下 感想
  30. TVアニメ 地獄少女 感想
  31. TVアニメ sola 第6話 イケニエノチを見て・・・
  32. ソフマップのリトバス特典ってすげーな
  33. TVアニメ sola 第6話 イケニエノチ 感想
  34. WILLCOMの新製品。Advanced/W-ZERO3[es]について
  35. びんちょうタン しあわせ暦(限定版) 感想
  36. きらりん☆レボリューション 第49話 キャ~ッチ!キラリとキメろギャラクシーダンス!? 感想
  37. きらりん☆レボリューション 第48話 きらりとあかね!?カレーなる対決!! 感想
  38. きらりん☆レボリューション 第47話 イメチェン!スケバンエリナ参上!! 感想
  39. TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリを見て・・・
  40. TVアニメ 桃華月憚 第11話 祭 感想
  41. そういえば、メガてりやきってさ・・・
  42. TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリ 感想
  43. 映画・「県庁の星」 感想後編 「はじめの一歩」
  44. TVアニメ カレイドスター 新たなる翼 感想まとめ
  45. TVアニメ カレイドスター 感想まとめ
  46. 映画・「県庁の星」 感想前編 「ルネッサンス」
  47. 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想
  48. OVA カレイドスター ぐっどだよ! ぐぅーっど! 感想
  49. カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想後編
  50. カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想前編

| 空色ホームへ | 次の空色へ >>

アイ ~光と水のダフネ~ 第1巻 感想

2007.06.30(Sat)
「アイ ~光と水のダフネ~」

ちょっと昔に「光と水のダフネ」というアニメがありました。

自分はこのアニメが結構好きでした。面白い作品だったと思います。

そして以前に、そのアニメとも接点のあるコミックを買いました。

今回はそのコミックの感想を少々書きたいと思います。

アイ ~光と水のダフネ~ 第1巻 感想…ノソラを読む

ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想

2007.06.30(Sat)
「ストロベリー・パニック!」

あらあら、そういえばストパニのコミック2巻も買ってたんだっけ?

思えば相当前に買ってたのに、感想を書くのを忘れちゃってたわ。

アタシとしたことが・・・ふ、ふふふ、ふふふふふふふ・・・・・・・・。

でも、この第2巻のあざとい部分って、コミックにある帯を取るとブルマ姿って事でしょうね。

上はどう見ても制服にしか見えないって言うのに・・・・くすくすっ・・・・。ww

ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想…ノソラを読む

ひだまりスケッチ 第2巻 感想

2007.06.30(Sat)
「ひだまりスケッチ」

さて、手元にあるのはひだまりの2巻。

思えばこれが出た頃にはアニメも放送されておりましたっけ。

まあ、あれについてはノーコメントの方向の自分で。

しかし、このコミック版って可愛いよね。

自分って、きっと「女のコって感じがするトコ」が好きなのかも知れません。

ひだまりスケッチ 第2巻 感想…ノソラを読む

ひまわり伝っ!(コミック版のひまわりっ!) 感想

2007.06.29(Fri)
「ひまわり伝っ!」

しかし、アニメの「ひまわりっ!」は・・・・アレでしたが。アレで。(笑)

(参考・TVアニメ ひまわりっ!! 感想まとめ)

でも、自分はコミック版の「ひまわり伝っ!」も読んでみたのですよ。

これはアニメに比べるとはっちゃけ度がかなりアップしてましたので、なかなか面白かったです。

まあ、本についてる帯を見てると松本華奈嬢&平野綾嬢から大推薦らしいですからねえ。

ではでは、感想の方を要点も幾つかに絞って書いてみました。

ひまわり伝っ!(コミック版のひまわりっ!) 感想…ノソラを読む

空色デイズはいい歌ですね

2007.06.28(Thu)
「空色日記 2007/6/28」

しかし、しょこたんの「空色デイズ」は色々な意味でも名曲ですよね。

まずはタイトルからして素晴らしい。これは良いタイトルだ。

と言う訳で、この曲は最近自分のお気に入りのナンバーとなっております。

でも、あのCDも幾つかバリエーションがあるみたいすね。グレンラガン盤やら、DVD付のやら。

けど、最近は空を扱うものが何気に多い気がしますよ。

やっぱ「空」には、人それぞれに想いがあるからでしょうか・・・・。

空色デイズはいい歌ですね…ノソラを読む

TVアニメ かみちゃまかりん 第12話 アデュー、花鈴ちゃんの初恋だしー 感想

2007.06.28(Thu)
「TVアニメ かみちゃまかりん」

今回ってさ、きっとサブタイトルのまんまのお話なんだろうね。

花鈴ちゃんも色々と暴走しちゃって、ついには霧火さんアデュー・・・って叫ぶんだろうな。

けど、それだったら安直天国じゃないのかい?(笑)

へえー、それにしても花鈴ちゃんはゴッドサンダーをいつでも撃てるようになったんだー。

烏丸キリオも、もはや呼び方どうでもいいんですか・・・・?

かみちゃまかりん キャラCD

TVアニメ かみちゃまかりん 第12話 アデュー、花鈴ちゃんの初恋だしー 感想…ノソラを読む

OVA To Heart2 第2巻 あの夏、一番騒がしい海 感想

2007.06.27(Wed)
そういえば、「To Heart2」のOVAも第2巻が出ましたね。

自分は第1巻も見ましたので、今回のも見てました。

(参考・OVA To Heart2 第1巻 メイドロボはじめました 感想)

しかし、何ていうか海辺で戯れる女の子っていいですよね。

まあ、平たく言うと、それがこれの全てでもあり、まさに夏の真実でもあり・・・。

浜辺でビーチボールでありますよ。そーれで揺らすのでありますよ。

るーも「る」で打ち返すでありますよー。るー。ww

OVA To Heart2 第2巻 あの夏、一番騒がしい海 感想…ノソラを読む

何やら「ビリーズブートキャンプ」なるものがエクササイズでは流行っているらしい

2007.06.27(Wed)
「ビリーズブートキャンプ」なるものを知ってらっしゃいますか?

それは最近急速に流行っているらしいです。

まあ、BSとか見られる方はCMもバンバン流れてるから知ってらっしゃるとは思いますが。

しかし、あれはあれで面白そうなエクササイズだとは思いますね。美容にもいいのかも。w

何やら「ビリーズブートキャンプ」なるものがエクササイズでは流行っているらしい…ノソラを読む

TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイを見て・・・

2007.06.26(Tue)

TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイを見て・・・…ノソラを読む

TVアニメ 桃華月憚 第13話 館 感想

2007.06.26(Tue)
「TVアニメ 桃華月憚」

それにしても、毎週楽しみにしているこの時間。

今回のオハナシはどっかに出かけるお話だったみたい。

「マコちゃんここ」

章子ちゃんはぁ~、真琴ちゃんを隣に座らせて~ご満悦ぅ~♪

あー、メガネ取りたい。

あー、春彦の水筒ぶん捕りたい。(笑)


TVアニメーション「桃華月憚」エンディングテーマ この世界がいつかは

TVアニメ 桃華月憚 第13話 館 感想…ノソラを読む

TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイ 感想

2007.06.26(Tue)
「TVアニメ sola」

あの夜の異常な光景から、舞台は普通の日常へと――。

(参考・TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨル 感想)

しかしあれですよね。真名ってコはあまりに可愛くないでしょうか。

つーか、依人なんぞどうでもいいんですよ。

こんなうざい主人公はどうだっていいんですよ。

くっそー、この主人公も周りに女の子いっぱいいやがって。てめー、ざけんなー。(笑)

TVアニメ sola 第8話 キエナイオモイ 感想…ノソラを読む

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第25話 届かぬ想い 感想

2007.06.25(Mon)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

恋は唐突。恋は気まぐれ。恋せよ乙女。

その、「恋」の付く言葉はわりと多いですよね。この他にもまだあることでしょう。

要するに恋とは焦がれるものです。だからこそ言葉もたくさんあるのではないかと。

しかし、今回のエピソードはなかなか盛り上りました。主にジャンについて・・・。ww

世界名作劇場「レ・ミゼラブル 少女コゼット」キャラクターソング

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第25話 届かぬ想い 感想…ノソラを読む

槇原敬之 CONCERT TOUR 2006 “LIVE IN DOWNTOWN” 感想

2007.06.25(Mon)
昨日の夜の事ですが、槇原敬之さんのライブがBSで放送されてました。

それで自分は見ておりました・・・まあ、途中からでアレでしたが。

ええ!ええ!見逃してましたよ!!

番組表見てなかったですよ!それが悔しかったですよ!!


でも、チャンネルを切り替えたら入ってるんだもんなー。

一瞬はわわってしちゃったもんねー。

まあ、そんな感じで、見ていると「ゥンチャカ」してました。

ではでは、見られた分だけでも感想は書きたいと思います。

ゥンチャカ、ゥンチャカ・・・・。ww

槇原敬之 CONCERT TOUR 2006 “LIVE IN DOWNTOWN” 感想…ノソラを読む

コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第2巻 感想

2007.06.24(Sun)
「ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~」

今度の第2巻も舞台はプリンセスパーティーが中心です。

なんとプリンセス達の体操着が拝めます。

です。はい。ww

そして、アニメ版には「ふたごがケンカしてしまうエピソード」があったじゃないですか。

あんな感じでさ。

それが、もう少しドラマティックに描かれている話がこの第2巻にはあるのですよ。

これが第2巻の見所の一つでもあったと自分は思いました。

じゃあ、感想やっちゃう?やっちゃう?やっちゃお~っ。ww

コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第2巻 感想…ノソラを読む

コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第1巻 感想

2007.06.24(Sun)
「ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~」

さて、コミック版のふたご姫があるのをご存知でしょうか?

ふたごマスターを目指している(そうなのか?)

自分にとっては、この話題も通らなければ。

しかし、このコミック版はとにかくミルロ様の変わりっぷりが面白かったですよ。

アニメ版のミルロ様っていうのは、おしとやかで健気なイメージがあるではないですか。

なのに、このコミック版と来たら・・・・それはそれは・・・・・・・・・・・・。ww

コミック版・ふしぎ星の☆ふたご姫 ~ラブリーキングダム~ 第1巻 感想…ノソラを読む

空色に回ってきた巻物は、忍者バトンだったらしい

2007.06.23(Sat)
「空色日記 2007/6/23」

えー、ブログを回っていたら某ブログ様から空色へ巻物(バトン)が回ってきました。

このブログは最近アクセス解析とかも全然してないので、気付くの遅かったのですが。

しかし回ってきたからには、こっそりとですが自分もお答えしたいと思います。

まあ、恐らくは気付かれないかと。それでも気付かれたら仰って下さいませ。

それでは参るでござる。バトンの内容は忍者バトンでござる。

ならば本日の空色は忍者なのでござるよ。にんにんにん・・・。

空色に回ってきた巻物は、忍者バトンだったらしい…ノソラを読む

TVアニメ かみちゃまかりん 第11話 不思議な光でぴったんこだしー 感想

2007.06.22(Fri)
「TVアニメ かみちゃまかりん」

ねえねえ、今回もかみちゃまかりんがはじまったんだよ。

そういえばね、わたしは「暗黒天国」のCDを持っていたりするのよ。

で、ちょっと最近は聴いていたのよ。OPで聴くのよりも長いのよ。

でもでも、カップリングの曲の「桃色天国」も、何だか不思議な感じだったの~。

桃色の天国ってどういう意味をしてるのかなぁ??

TVアニメ かみちゃまかりん 第11話 不思議な光でぴったんこだしー 感想…ノソラを読む

ハーメルンのバイオリン弾き 第1巻 感想

2007.06.21(Thu)
「ハーメルンのバイオリン弾き」

さてさてさて、かなり古い作品にもなるのですが、

自分が好きな作品の一つに「ハーメルンのバイオリン弾き」という漫画がありました。

これは今でも漫画を全巻本棚に並べてあるので、それだけ好きな作品でもあるのでしょう。

しかし、このコミックの最後に書いてある発行年月を見たら、初版が1991年になってるんですよね。

1991年って言ったら、今は2007年ですから、数えて・・・16年も前の作品ですよ。

まあ、手元にあるこれは初版ではないのですが。

けれど、もしかしたら、このハーメルンを全然知らない人も、このブログを見ていたりするかも知れません。

まあ、それはそれで興味深いですので、宜しければ空色の趣味にもお付き合いを~。ww

ハーメルンのバイオリン弾き 第1巻 感想…ノソラを読む

TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨルを見て・・・

2007.06.20(Wed)

TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨルを見て・・・…ノソラを読む

TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨル 感想

2007.06.20(Wed)
「TVアニメ sola」

初っ端から、ちょっと雰囲気が蒼ですね。

青じゃなくって蒼。もしくは藍。

だけど茉莉はやっぱり家を出て行ったか。

そして残ったのは依人と蒼乃。

しかし、自分がこれまで見た限りでは、蒼乃には相当に依人への執着みたいなものがあるみたい。

でも、ヒゲダンディもオチオチ一人でいられません。

居場所がないと落ち着きません。(笑)

消えてしまった茉莉を探している依人――。

で、あの真名はやっぱりいい子。はぁ、依人ぉっ!!

TVアニメ sola 第7話 ハイイロノヨル 感想…ノソラを読む

映画・「バタフライ・エフェクト」 感想

2007.06.20(Wed)
「バタフライ・エフェクト」

この前の事ですが、自分は一つの映画を見ておりました。

タイトルを「バタフライ・エフェクト」と申します。

その物語はサスペンスタッチの内容でありました。

しかし、この「バタフライ・エフェクト」という言葉の意味を知っておられますか?

「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」

初期条件の些細な違いが、後の将来に大きな差を及ぼすと。

まあ、もっと簡単にいえば世界はちゃんと繋がっている事を表してもいるのでしょう。

この映画も一人の子供が些細な事をした。

その事によって、後にそれは大事へと変わっていくのです。

そんな感じで描かれてもおりましたね。

かなり複雑な描かれ方もしてはおりましたけど。

映画・「バタフライ・エフェクト」 感想…ノソラを読む

TVアニメ 桃華月憚 第12話 命 感想

2007.06.19(Tue)
「TVアニメ 桃華月憚」

けど、今回のお話はなかなかに見る部分もあったんじゃないかな?

最近のギャグの嵐を止めるには相応しかった気もします。

また次回はどうか知んないけど。

でも、やっぱりこの「桃月」は、こういう話をするといい感じに儚さとかも出してくるのよね。

やっぱり、この作品って表現の作り方も巧いじゃないのかな?

今回を見ていて、アタシはそう思いました~。

TVアニメ 桃華月憚 第12話 命 感想…ノソラを読む

OVA 「MURDER PRINCESS」 第1話 誕生 感想

2007.06.18(Mon)
「MURDER PRINCESS」

このアニメは前々から目を付けていて、なかなか面白そうだったので見てみました。

で、どんなアニメなのかと思えば、これは入れ替わり物でしたね。(笑)

どっかの国の王女が、どっか流れの賞金稼ぎと心が入れ替わるって感じで。

そして姫は悪の軍団を斬った張ったしていくのです。

その通り名が「マーダープリンセス」って感じなのらしい。

MURDER PRINCESS DVD 1

OVA 「MURDER PRINCESS」 第1話 誕生 感想…ノソラを読む

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話 リュクサンブールの出会い 感想

2007.06.18(Mon)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

そういえば、つい先日映画の「レ・ミゼラブル」を見ていましたね。

まあ、その話には今後の話の核心も語られてましたので、特には触れないでおきましょうか。

けど、「DS図書館 世界名作&推理小説&怪談&文豪」にもレミゼが入ってるらしいね。

だったら、ちょっと欲しいかも知んない。ww

そして今回のお話では、ついにコゼットとマリウスは出会ってしまった・・・。

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話 リュクサンブールの出会い 感想…ノソラを読む

コミック版 びんちょうタン 第2巻 感想

2007.06.17(Sun)
「びんちょうタン」

前回の「びんちょうタン 第1巻」の感想に続いて、今回は「コミック第2巻」の感想です。

けど、この第2巻は最後まで読むと、「ありがとう」って、自分は心底思っておりました。

つーか、在り得ないほどに胸にしんしんとね、何か優しい感情がやって来るんですよ。

ほんとにね、それくらいに大切なものがここにはちゃんとあった気がします。

今回は「いろは」の曲になぞらえるのと共に、少し自分の経験にもなぞらえて感想は書きました。

しかし一冊なので短めに感想も書きたかったのですが、どうにも長くなってしまいましたびん♪

コミック版 びんちょうタン 第2巻 感想…ノソラを読む

コミック版 びんちょうタン 第1巻 感想

2007.06.17(Sun)
「びんちょうタン」

最近はびんちょうタンのコミックを読み直していたんですよ。

けど、このコミックって、どのページを開いても「愛でたい」っていうかさ。

とにかく愛でてあげたい作品だと思いますよ。

不思議ですよね。大好きです。

ではでは、今回はコミック第1巻の感想ですびん♪

コミック版 びんちょうタン 第1巻 感想…ノソラを読む

TVアニメ 009-1 感想 「ムーディーでアダルティックな作品でした」

2007.06.17(Sun)
「TVアニメ 009-1」

これはANIMAXで見ていたアニメなのですが、なかなか面白い作品でした。

原作は「石ノ森章太郎」先生で、結構有名なタイトルでもあると思いますよ。

まあ、「007」とかのスパイ物を好きな人だったらそう思えるかと。

だってこれは「009-1」ですし。

しかし、何とも「色気」がある作品でしたね。

もう、ボンッ・キュッ・ボンッで。(笑)

でも、その色気は今時の萌えとかじゃなくって、もっと作品全体の雰囲気に味わいがあるって感じ。

例えばそれは大人の色香とでも申しましょうか?

とにかく雰囲気があったのです。

TVアニメ 009-1 感想 「ムーディーでアダルティックな作品でした」…ノソラを読む

TVアニメ かみちゃまかりん 第10話 ミッチーのドキドキ温泉ツアーだしー 感想

2007.06.17(Sun)
「TVアニメ かみちゃまかりん」

さぁ、今回は温泉回らしいね。うん、ボクもちょっと楽しみにしていたよ。

(参考・TVアニメ かみちゃまかりん 第9話 なぞの転校生、かっこいいんだしー 感想)

でも、ミッチーが出てきてから、またちょっと面白くなってもきたかな。

やっぱ美形の子が揃ってくるとテンションも上がってくるんだよね。

うう、何ていうか男女問わずにさ・・・あはははっ。それって仕方のないものだよね。

TVアニメ かみちゃまかりん 第10話 ミッチーのドキドキ温泉ツアーだしー 感想…ノソラを読む

TVアニメ 天上天下 感想

2007.06.16(Sat)
「天上天下」

そういえばチャンネルNECOで放送していたんですが。

天上天下ね。ボンバヘッ!

やー、まさか「ボンバヘッ!」なんて言葉を某作以外でも聞くとは思いませんでした。

つーか、あのOPは何だったんだ。あれは異様にインパクトだけはあったね。

まさにボンバヘッ!ボンバヘッ!!(笑)


あ、このアニメは昔に原作の方を多少なりとも読んでいました。

それで内容も少しは知っておりました。

TVアニメ 天上天下 感想…ノソラを読む

TVアニメ 地獄少女 感想

2007.06.16(Sat)
「地獄少女」

あの「地獄少女 二籠」を見終わった後ですけど、またアニマックスで第1期の方が放送してました。

それで自分は懲りもせずに、また見ておりました。

「いっぺん、死んでみる?」

うう、いやはや、これでおれも何回死んだのであろう。

で、こっちの感想はまだ書いてなかったので、短いですがその類も書き留めておこうと思いました。

そして、一応この感想は二籠を見た後での視点で書いてもおります。

TVアニメ 地獄少女 感想…ノソラを読む

TVアニメ sola 第6話 イケニエノチを見て・・・

2007.06.15(Fri)

TVアニメ sola 第6話 イケニエノチを見て・・・…ノソラを読む

ソフマップのリトバス特典ってすげーな

2007.06.15(Fri)
「空色日記 2007/6/15」

さ~て、だけど月日が経つのは早いもので、また新番組の時期にもなってきましたね。

まあ、とりあえず自分は「ゼロの使い魔 ~双月の騎士~」くらいは見るつもりもありますが。

その他の作品については、住んでる所で見れるものがあって、さらに気が向けば見るのでしょうか。

きっと謹んで録画溜めしておくか事と思われます。

しかし最近お気に入りワードな「つつしんで」っていい感じだわ。

ハートにジャストチョップ。

ソフマップのリトバス特典ってすげーな…ノソラを読む

TVアニメ sola 第6話 イケニエノチ 感想

2007.06.15(Fri)
「TVアニメ sola」

今回は始めから物語も動いてきましたね。

茉莉を空の下に連れ出せるかも知れない。

きっとあれは遠い昔の出来事なのでしょう。

しかしあの真名って子はいい子です。ええ子や。

もしかして自分にとってはあっちのアイアンクローよりもいいかも。

まんまと・・・。ww

TVアニメ sola 第6話 イケニエノチ 感想…ノソラを読む

WILLCOMの新製品。Advanced/W-ZERO3[es]について

2007.06.14(Thu)
しかし、おれは昔からWILLCOM派なんだよな。

何故か知らんが昔から愛用をしている。

つーか、メーカーを変えようとも思わない。

基本的にケータイ・・・ってか、WILLCOMはPHSな訳だが、

でも、電話って「話す」と「メール」が出来れば十分だと思うんだよな。

どうにもこうにも携帯でもゲームとか増えてきたけど、なんだかな。

ってか、あの画面でやるのはあまりに物足りなくね?

おおっと話がそれてしまったぜ。

じゃあ、今回のニュース記事に行こう。

W-ZERO3の新型がやってくる。赤くはないがやってくる・・・・ひゅうっ!

WILLCOMの新製品。Advanced/W-ZERO3[es]について…ノソラを読む

びんちょうタン しあわせ暦(限定版) 感想

2007.06.14(Thu)
「びんちょうタン しあわせ暦」

さて、自分はそういえばこのソフトを買っていたのですよ。

それで前々から少しずつ遊んでいたので、今回はその感想を書いておきましょう。

けど、このゲームは世界観については、

びんちょうタンの雰囲気をなかなか出していたとは思います。

びんちょうタン しあわせ暦(限定版)

びんちょうタン しあわせ暦(限定版) 感想…ノソラを読む

きらりん☆レボリューション 第49話 キャ~ッチ!キラリとキメろギャラクシーダンス!? 感想

2007.06.13(Wed)
「きらりん☆レボリューション」

何気に前回から続いている物語です。

きらりちゃんはあかねの演技に惑わされました。

(きらりん☆レボリューション 第48話 きらりとあかね!?カレーなる対決!!)

しかし、あのあかねも本当はいい子なんでしょうけど。

けど、問題はあのオフィス東山だよな。あのタチの悪さと来たら・・・。(笑)

きらりん☆レボリューション 第49話 キャ~ッチ!キラリとキメろギャラクシーダンス!? 感想…ノソラを読む

きらりん☆レボリューション 第48話 きらりとあかね!?カレーなる対決!! 感想

2007.06.13(Wed)
「きらりん☆レボリューション」

カレーなる対決。華麗なる対決ですか。ww

さて、お話は「ダイヤモンドアイドルクイーン」とかいう話で盛り上っておりましたね。

月島きらりもその候補に選ばれました。

これであの「霧沢あおい」や「南あかね」とのアイドルレースが勃発。

まあ、負けないって感じのあおいに比べて、あのあかね陣営のどす黒オーラですよ。

きらりん☆レボリューション 第48話 きらりとあかね!?カレーなる対決!! 感想…ノソラを読む

きらりん☆レボリューション 第47話 イメチェン!スケバンエリナ参上!! 感想

2007.06.13(Wed)
「きらりん☆レボリューション」

今回はエリナがメインの話ですね。そりゃあ楽しみでならんな。

思えばエリナちゃんは、このきら☆レボで一身に汚れ役を引き受けてもいる女の子です。

まあ、頑張って欲しくもあるんだよな。アイドルクイーン候補を目指してさ。

にしてもお笑い芸人扱いされちゃってるよ。どうにもならんわ。そしてきらりはますます上り調子。

さあ、エリナ嬢は月島きらりをギッタンギッタンのバッタンバッタンに出来るのか。

きらりん☆レボリューション 第47話 イメチェン!スケバンエリナ参上!! 感想…ノソラを読む

TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリを見て・・・

2007.06.12(Tue)

TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリを見て・・・…ノソラを読む

TVアニメ 桃華月憚 第11話 祭 感想

2007.06.12(Tue)
「TVアニメ 桃華月憚」

ふふっ、声優さんがライターをするとか、とにかく話題には事欠かない桃月なんだけれど。

(参考・清水愛、能登麻美子、山本麻里安、TVアニメーション「桃華月憚」で脚本家デビュー)

けど、今回の第11話だってそうなのよね。

果たしてどの声優さんが脚本を書かれたのかも気になるところよね。

それに声優さんの心理も表れてきそうで・・・。

う、うふふっ、興味深いわぁ・・・これが桃色の夢の正体って?ww

桃華月憚 風華之抄

TVアニメ 桃華月憚 第11話 祭 感想…ノソラを読む

そういえば、メガてりやきってさ・・・

2007.06.12(Tue)
「空色日記 2007/6/12」

そういえば出ましたな。マクドナルドの新メニュー。その名も「メガてりやき」が。

自分も以前には「メガマック」も食べました。

あれは確かにボリュームもインパクトもありましたっけ。

その食べ辛さだってメガでしたよ。メガメガメガ・・・・・目からビーム!!

そういえば、メガてりやきってさ・・・…ノソラを読む

TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリ 感想

2007.06.12(Tue)
「TVアニメ sola」

しっかし、あのしるこ!あのしるこ!なんで茉莉も買うのさ。

まさか、これがフリソソグシルコなのかーーーッッ!?

それにしても、あのローゼンはカバンならまだしも、何でゴミ箱なんだろ。そこはよう分からん。ww

まあ、きっと彼女も光溢れる空の下へは出られないのだろうとは思いますけどね。

そして茉莉は光に溢れた空を見たがってもいます。

でも、見られない理由が彼女にはある。

(参考・TVアニメ sola 第3話 オダヤカナヒ 感想)

この茉莉さんも、いつかは「空」を見ることが出来るのかな?

依人が話すような世界を見ることが。

でも、「空」にはどれだけ手を伸ばしても届かない。

そんな無常さや無情さも出していくのかも知れない・・・。

TVアニメ sola 第5話 フリソソグヒカリ 感想…ノソラを読む

映画・「県庁の星」 感想後編 「はじめの一歩」

2007.06.11(Mon)
だけど、これって時期的には郵政問題をなぞってもいた気がしますね。

つーか、こんなんよく公開できたな。

すげー時期ピッタシだったんじゃないんでしょうか。

じゃあ、ここからは感想もまとめモードに入りますので。

前半はコメディっぽく思えました。

そこら辺では先の展開も大体は読めてしまいます。

映画・「県庁の星」 感想後編 「はじめの一歩」…ノソラを読む

TVアニメ カレイドスター 新たなる翼 感想まとめ

2007.06.11(Mon)

TVアニメ カレイドスター 新たなる翼 感想まとめ…ノソラを読む

TVアニメ カレイドスター 感想まとめ

2007.06.11(Mon)
「カレイドスター」

この記事にはこれまでに書いたカレイド感想が全てまとめてあります。

おそらく、このブログの中では最古から書いていた感想や最近のものまで。

まさに「空色なおれの日々」の歴史のような文章も垣間見られる事でしょう。

しかし、この「カレイドスター」という作品に自分は出会えて良かった。本当に良かった。

それだけ、この作品には個人的な思い入れもあるようになったんじゃないかな。

TVアニメ カレイドスター 感想まとめ…ノソラを読む

映画・「県庁の星」 感想前編 「ルネッサンス」

2007.06.11(Mon)
「県庁の星」

これは織田裕二が主演をしていた映画です。

まあ、自分は結構この俳優さんは好きなんですよ。

古いですが、「お金がない」とかも好きなドラマでしたし。

あれは良きドラマだったな・・・。

他にも有名な所で言うと「踊る大走査線」ですか。

あー、他にも何かあったっけ?

ちょっと頭にはロケット・・・さーて、感想いこかー。ww

映画・「県庁の星」 感想前編 「ルネッサンス」…ノソラを読む

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想

2007.06.11(Mon)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

しかし、このアニメってオープニングとかは変わらないんですかね?

まあ、タイミング的には今回辺りが一番いい時期だったとも思えますが。

いや・・・だけど世界名作って確か昔から変わりませんでしたよね。

じゃあ、きっとこのままで行くのでしょう。とか言いつつ来週くらいに変わったりしてな。ww

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想…ノソラを読む

OVA カレイドスター ぐっどだよ! ぐぅーっど! 感想

2007.06.10(Sun)
「カレイドスター」

これはカレイドキャラが3Dで描かれているという代物でした。

カレイドファンとしては、まあ一度は見てみるのも良いかも知れません。

一見微妙な部分もありはしましたが、可愛らしく仕上がってもおりますので。

しかし、やっぱり3Dによる動きって、どこかで違和感もあるんだよな。

まあ、ファンディスクの一つだと思って、自分は発売日に手には入れてましたが。

そして、このDVDに入っている映像特典。

こっちこそを自分としては見て欲しいとも思いますよ。

特にカレイド馬鹿にはね。

OVA カレイドスター ぐっどだよ! ぐぅーっど! 感想…ノソラを読む

カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想後編

2007.06.10(Sun)
新作へと向けて面々は盛り上っていきました。

レオンさんも新たなるキャラクターを求めてなあ。

そしてマリオンとジョナサンも参加するのですよ。

いよっ、真打登場っ!!

そらとロゼッタの秘密の稽古中。これを邪魔するべからず。

カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想後編…ノソラを読む

カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想前編

2007.06.10(Sun)
「カレイドスター 新たなる翼」

「みんな~っ、ただいま~」

って、元気よく始まるのが、このOVAの第52話ですよ。

その映像のクオリティはOVAなだけにめっちゃ綺麗なんですよ。

だけど、そのせいで見せ方に失敗している部分があったのが悔しいかもな。

あのロゼッタ視点からのそら回転がどうにもおかしいぞと。

そして、これを空回りと申します。

しかしTVシリーズ以上に鮮明(キワドイ)な映像も見れたのは事実であったのです。

けど、これのパンフレットもなかなか凝ってるよな。

別にロゼも技名なんか叫ばなくってもいいんですよ。

もはや洗脳済みなロゼをどうするか・・・。(笑)

カレイドスター 新たなる翼 第52話 -EXTRA STAGE- 笑わない すごい お姫様 感想前編…ノソラを読む
| 空色ホームへ | 次の空色へ >>