空色ホーム > 2008年01月

2008年01月

  1. 限界
  2. CLANNADのネットラジオ「渚と早苗のおまえにレインボー」 感想まとめ
  3. CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第16回の視聴記録&感想ファイナル
  4. 空色ノート まとめの一頁・2 題名「クロイロノソラ」
  5. 空色ノート まとめの一頁・1 題名「ハイイロノソラ」
  6. 紅茶
  7. ハーメルンのバイオリン弾き 第6巻 感想
  8. 空色ノート 全まとめ頁
  9. TVドラマ チャンス! 感想後編 「夢 With You」
  10. 痛感
  11. TVドラマ チャンス! 感想前編 「その名はポンタ」
  12. OVA・「ヨコハマ買い出し紀行」 感想
  13. アニメ映画「アルスラーン戦記」 感想
  14. 「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 後編
  15. 「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 前編
  16. ことこと
  17. TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第13話 思い出の庭を 感想
  18. 劇場版アニメ「銀色の髪のアギト」 感想
  19. CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第15回の視聴記録
  20. 劇場版「ツバサ・クロニクル」 鳥カゴの国の姫君 感想
  21. 劇場版「×××HOLiC」 真夏ノ夜ノ夢 感想
  22. ブログの不具合
  23. OVA・「バトルアスリーテス 大運動会」 感想前編
  24. 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) きらりん☆ランド 感想
  25. 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) ☆☆☆(みつぼし) 感想
  26. おれの中に生まれた満たされない気持ち 後編
  27. sola
  28. おれの中に生まれた満たされない気持ち 前編
  29. デュエルセイヴァーデスティニー 感想後編 「これはきっとDESTINY」
  30. デュエルセイヴァーデスティニー 感想前編 「ボコスカウォーズ」
  31. 映画・「キューティーハニー」 感想
  32. TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想後編 「ドラマ」
  33. 決刃運命を終えて
  34. TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想前編 「告白」
  35. TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第12話 かくされた世界 感想
  36. ラフレシア
  37. FORTUNE ARTERIAL フォーチュン・アテリアル
  38. 遊戯王 デュエルモンスターズ 光のピラミッド 感想
  39. ブログ
  40. CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第14回の視聴記録
  41. ハーメルンのバイオリン弾き 第5巻 感想
  42. きら☆レボ
  43. ヤッターマンが日テレで始まりました&第1話の感想コロン
  44. WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 後編
  45. WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 前編
  46. 雪希
  47. こなゆき ふるり ~柚子原町カーリング部~
  48. パンデミック・フルー 感染爆発 感想
  49. オーライ

| 空色ホームへ | 次の空色へ >>

限界

2008.01.31(Thu)
この空に 果てなどまるで 空だった
その限りさえ 空と知るのさ

CLANNADのネットラジオ「渚と早苗のおまえにレインボー」 感想まとめ

2008.01.31(Thu)
「渚と早苗のおまえにレインボー」

これは全世界に17歳教を広め、人類を混沌の渦に巻き込むためのラジオである。

目録之一、年上のお姉さまはあらあらうふふと言わなくてはならない。

目録之二、年下の妹はお姉さまのお世話をしなければならない。

目録之・・・って、おいおいっ!

しかし、ほんとのところ早苗さんは何歳なのですか?(笑)

まあ、冗談はさておき、ここには自分が聞いた分の「おまえにレインボー」視聴記録がまとめてあります。

CLANNADのネットラジオ「渚と早苗のおまえにレインボー」 感想まとめ…ノソラを読む

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第16回の視聴記録&感想ファイナル

2008.01.31(Thu)
しかし毎回のように、なんであんなに17歳を強調したがるんだ。

お、お姉ちゃんはじぎゃくさん・・・ですっ!!

て、グダグダ感来ましたよこれ。

ノリと勢い。討ち入り?中入り?まるで土俵かなんかみてーだな。

で、麻衣ちゃんの事件。なんすかそれわ。

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第16回の視聴記録&感想ファイナル…ノソラを読む

空色ノート まとめの一頁・2 題名「クロイロノソラ」

2008.01.30(Wed)

空色ノート まとめの一頁・2 題名「クロイロノソラ」…ノソラを読む

空色ノート まとめの一頁・1 題名「ハイイロノソラ」

2008.01.30(Wed)

空色ノート まとめの一頁・1 題名「ハイイロノソラ」…ノソラを読む

紅茶

2008.01.29(Tue)
吹きかけて 香る湯気から 紅み差す
一口含み 温もり補給

ハーメルンのバイオリン弾き 第6巻 感想

2008.01.29(Tue)
「ハーメルンのバイオリン弾き」

さあ、魔族がスフォルツェンドをぶっ潰すために攻め入ってきました。

「千億の絶望」という台詞が冒頭部分では多くもありますね。

まあ、億千万の胸騒ぎといった感じです。

はあ、これ以上詳しく知りたいやって方はコミックスを買えとハーメルさんも仰っておりました。

友達から借りて見ているだけではいけません。買う事が大事みたい。

しかし今では本屋さんにもコミックは置いてないときた。

となると、ついに愛蔵版を売り出す時が訪れたのではないでしょうか?(笑)

ハーメルンのバイオリン弾き 第6巻 感想…ノソラを読む

空色ノート 全まとめ頁

2008.01.29(Tue)
この記事としての更新はすでに終了しております。

空色ノート 全まとめ頁…ノソラを読む

TVドラマ チャンス! 感想後編 「夢 With You」

2008.01.29(Tue)
でも、音楽については本格派のドラマでもあったのですよ。

前にも言ったとおりに、主題歌が久保田利伸さんでした。

このお方は自分もかなりのファンで、CDが出るたびに自分は買うのですが。

ええ、今となっては自分のCDを購入してまで聴きたいと思う。

久保田さんはそんな数少ないアーティストのお一人です。

TVドラマ チャンス! 感想後編 「夢 With You」…ノソラを読む

痛感

2008.01.28(Mon)
痛いけど いつか癒えたら 言えるかな
そんな痛みは 言えば癒えるの?

TVドラマ チャンス! 感想前編 「その名はポンタ」

2008.01.28(Mon)
今回は「チャンス!」というドラマについてです。

まあ、最近の自分で「チャンス!」とゆーと、どっかのきらきらアイドルしか浮かびませんが。(笑)

これはどんな内容の作品だったかと申しますとコメディタッチのラブストーリー?

ええ、たぶんラブストーリーだったのでしょう。

かなりギャグ要素も強かったように覚えてはいるのですが。

とにも、これの主題歌が久保田利伸さんだったのが大きなメリットでした。

「夢 With You」という曲ですね。これをこのドラマの主人公も歌うという・・・。

TVドラマ チャンス! 感想前編 「その名はポンタ」…ノソラを読む

OVA・「ヨコハマ買い出し紀行」 感想

2008.01.27(Sun)
これはチャンネルNECOの方でいつか放送していたアニメですが。

とりあえず自分もサラッと見ていたのですけど、なかなか感じのいい作品でもありましたか。

まあ、そこで流れている音楽とかが心地良いのですよ。

んで、久々に椎名へきるが出ていたと。なんかすげえ懐かしい人だわ。

とりあえず歌にもなってるように「ふわふら系」の作品だろうと思います。

じゃ、ふわふらそらいろかんそ~。ww

OVA・「ヨコハマ買い出し紀行」 感想…ノソラを読む

アニメ映画「アルスラーン戦記」 感想

2008.01.27(Sun)
さて、今回は「アルスラーン戦記」という作品についての感想ですが。

だけど、これは昔に見た事があるような気もするな。

なんかうろ覚え気味に自分の記憶の中にはあったのですが。

あれはラジオドラマだったかな。なんかで自分は知ってもいるんですが・・・。

でも、これって相当な年代もの作品だよね。

まだ原作の方も完結していない。そんな壮大なる物語でもあるらしい。

では、とりあえずⅠとⅡが続いて放送もされてましたので、その二つをまとめての感想です。

アニメ映画「アルスラーン戦記」 感想…ノソラを読む

「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 後編

2008.01.26(Sat)

「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 後編…ノソラを読む

「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 前編

2008.01.26(Sat)
しかし最近どんどん「きら☆レボ」の魅力に取り付かれてしまっている自分ですが。

まさかいつの間にか「きらりん☆マッシュルーム」を一服盛られてしまったのではないれしょうか?

それにしたって、あのアニメの面白さは尋常じゃあない。

ぶっちゃけ、ある意味ではほんとキョウアクなくらいにムテキですよ。

あの作品が3年目を迎えた理由もなんとなく分かりますね。

きっと、「きら☆レボは大人たちの作り出した理由」。

それすらも乗り越えてそこに存在していられる。そんな不思議な魅力もある作品なのでしょう。

てゆうか、何がおれを其処まで駆り立てるんだ。不思議だ。マジで不思議だ。(笑)

「きらりん☆レボリューション」はどうしてあんなに面白いのか? 前編…ノソラを読む

ことこと

2008.01.25(Fri)
空詰めて 色詰め込んで 鍋の中
ことこと煮れば 琴言笑顔

TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第13話 思い出の庭を 感想

2008.01.25(Fri)
「CLANNAD -クラナド-」

あちゃー、今回は録画ミスやっちまったわ。予告の方だけ録れてなかったんですが。

しかし、このアニメもとりあえずサクッと気持ち切り換えて感想は書きますが。

やっぱその雰囲気で全てを一気に覆してしまうような力はありますよね。

例えば自分の場合は勝手な思い込みなどを持ちつつアニメも見ているのですが。

そういう勝手な思い込みすら、どっか彼方へ持っていっちまうような・・・。

TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第13話 思い出の庭を 感想…ノソラを読む

2008.01.24(Thu)
雨音で 途切れ途切れた 囁きに
ささやかな夢を 途切れない音を

劇場版アニメ「銀色の髪のアギト」 感想

2008.01.24(Thu)
まあ、この作品も衛星放送の方でやっていたので見てみたのですが。

これはあのGONZO初の劇場用長編アニメーションでもあったそうで。

ちなみにGONZOといえば、自分はカレイドとかソルティレイなどが好きですけど。

あー・・・他に何かあるのかにゃ?ww

とゆーわけで、あまり前知識もないのですが、銀色の髪のアギトを視聴してみました。

劇場版アニメ「銀色の髪のアギト」 感想…ノソラを読む

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第15回の視聴記録

2008.01.24(Thu)
なんか・・・電波だなあ。

そ、どこの不思議萌え少女召還って感じ?

しかも一人ですよ。ひとりぼっちですか。なのに絆。

まあ、見えない絆ってことなんでしょうなあ・・・て、姉いるじゃんっ!!

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第15回の視聴記録…ノソラを読む

劇場版「ツバサ・クロニクル」 鳥カゴの国の姫君 感想

2008.01.23(Wed)
このアニメも前のホリックと同じく、衛星の方で見ていたのでサラサラ感想。

ちなみにこのアニメの場合はTV版も見てましたし、それに原作の方も幾らかは知っております。

まあ、昔からCLAMP系の作品はほとんど自分は見てますし。

CCさくらとか。レイアースとかさ。

だから世界観的には大体の物は把握してもおります。

しかし、あのTVアニメ版については特に面白いってことはなかった。

ぶっちゃけると可もなく不可もなくな感じが強かったですね。

サクラとかも可愛いといえば可愛いのですが、やはりCCさくらのさくらちゃんには敵いませんし。

それに、あの小狼じゃ萌えないんだよ。おれの熱きショタゴコロがさあ。(笑)

劇場版「ツバサ・クロニクル」 鳥カゴの国の姫君 感想…ノソラを読む

劇場版「×××HOLiC」 真夏ノ夜ノ夢 感想

2008.01.23(Wed)
この前に衛星放送の方でやってたんですが。

で、自分は見ながらとサラサラッと感想を書いておきました。

だけど、このTVアニメも自分は何話かは見ていたですが。

いつからか見なくなってましたっけ。

いや、その話は別に今回はいいのですが。ww

劇場版「×××HOLiC」 真夏ノ夜ノ夢 感想…ノソラを読む

ブログの不具合

2008.01.22(Tue)
エフとシーと ツーか最近よ 重いよね
しかもテンプレ 天ぷらなのか

OVA・「バトルアスリーテス 大運動会」 感想前編

2008.01.22(Tue)
しかしチャンネルNECOが最近はあれだな。

あれで昔のOVAとかをたくさん放送してくれるんですが。パイオニアLDC系の。

おっ、パイオニア。(笑)

この前は「神秘の世界エルハザード」のOVA版を全部やってたし。

それに他にも「ヨコハマ買い出し紀行」ってのをやってましたし。

あれもぶっちゃけARIAみたいな感じのアニメでさ、そこに百合要素も入ってて。

まあ、どちらも自分は楽しんで見ておりましたよ。

で、この度始まったのが「バトルアスリーテス 大運動会」って作品でした。

これは昔にセガサターンかなんかでゲームもありましたね。

わりと面白そうだなあとは思っていて・・・自分はスルーしたような気もしますけど。

OVA・「バトルアスリーテス 大運動会」 感想前編…ノソラを読む

月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) きらりん☆ランド 感想

2008.01.21(Mon)
(注・この記事は月島きらりになりきっての感想です)

やったー!あたしのセカンドアルバムがすでにぃ~、は・つ・ば・い・ちゅ・う!!

そのタイトルは、なななんと「きらりん☆ランド」!!

とーぜん、みんなも手元に持っててくれるよね?

よーし、それならあたしの国まで今日はみんなをごあんないしちゃいまーす♪

いらっしゃいませ~ご主人さま?

えっと、最近の流行ってやっぱりこれなのかなあ?それともフツーにお客さま?

うーん、まあいいや~。とにかく「きらりん☆ランド」へようこそ~♪

くすっ、そうそう、あたしのパパがやってるきらりんカフェにも来て欲しいな☆

あたしもたまにウエイトレスさんしてるのよ。あの制服似合っているかなぁ。ww

月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) きらりん☆ランド 感想…ノソラを読む

月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) ☆☆☆(みつぼし) 感想

2008.01.21(Mon)
(注・この記事は月島きらりになりきっての感想です)

みんな~!あたし~月島きらりだよ~!

あたしのファーストアルバムが出てるの知ってるカナ?

とーぜん、みんなも知ってくれてるよね~?

あたし知らないなんて言われたらちょっとショックだよぉ~~!

じゃあ、いいかな?

そのタイトルを大きな声で叫んでみよ~っ!!

いくよ~っ!せ~のっ!!

「☆☆☆(みつぼし)ー!!」

うんっ!みんな~ありがと~!!

それじゃあ、あたしからの曲紹介のはじまりだよ~っ。えへへ~。

月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) ☆☆☆(みつぼし) 感想…ノソラを読む

おれの中に生まれた満たされない気持ち 後編

2008.01.20(Sun)

おれの中に生まれた満たされない気持ち 後編…ノソラを読む

sola

2008.01.20(Sun)
その蒼に 何色足せば 変わるかな
赤白緑 藍黒縁

おれの中に生まれた満たされない気持ち 前編

2008.01.20(Sun)
そういえば最近はわりとゲームをよく遊んでもいる自分ですが。

これで今年に入ってからは「ALMA」と「デュエルセイヴァーデスティニー」をコンプいたしましたね。

これはそのどちらもかなり面白く、そして感激の作品でした。

で、そんなのをやり終えた時には、すごい自分の中にある気持ちが満たされたりするのです。

そして、こう言っちゃあれですが、こんな気持ちは最近のギャルゲー原作アニメでは滅多に味わえていない。

これも今年に入ってからは、そんな気持ちが一層強まってしまいましたね。

てゆうか、最近のギャルゲー原作アニメって何か記憶に残ったのはあるのでしょうか?

ぶっちゃけ、自分はいまひとつ思い出せないのですが。

逆に変な形で記憶に残ったという意味合いの作品ならあるかも知れませんけど。

とゆう訳で、今回はそんなことに対してのことを書いてみたいと思いました。

おれの中に生まれた満たされない気持ち 前編…ノソラを読む

デュエルセイヴァーデスティニー 感想後編 「これはきっとDESTINY」

2008.01.20(Sun)
さて、ここからはまとめに入りたいと思うのですが。

しかし未亜ルートはなかなか恨めしかった。

あれはちょっとゾクッな感じがあの子にはありましたよ。

ねえ、さすがにあそこまで行くと色々とあやういでしょうし。

で、終り方として綺麗なのがリリィのルートですね。あれも良かったなあ。

ですから、シナリオについてはどれもある一定のレベルで収まっております。

だけど、最後のクレアルートでその一定レベルは一気に覆されます。

まさにあのためにあったんだなーって感覚もあったと思えるんですよ。

デュエルセイヴァーデスティニー 感想後編 「これはきっとDESTINY」…ノソラを読む

デュエルセイヴァーデスティニー 感想前編 「ボコスカウォーズ」

2008.01.20(Sun)
「デュエルセイヴァーデスティニー」

それにしても、この作品はクレアルートが最高だったわ。

まさに其処へと全ては流れ込んでいる感じのシナリオでしたので。

そして、この作品はのめり込んで一気にクリアする事ができました。

ほんとやってると勢い付いてくるから、どんどん先へ先へと進められてしまうのです。

ですから、これはそういう勢い的な部分も楽しむべきなのでしょう。

だけど、あのオープニングはかっけー!「No Way Out!」も最高!!

あれで未亜ルートまではKOTOKOさんの「Fatally」がすっごく似合うんですよ。

でも、クレアルートについては「No Way Out!」がすげえ似合うんだろうなあ。

とにかくめっちゃハマってる曲でした。もち、気持ち最高潮の場面でも流れますしね。

デュエルセイヴァーデスティニー 感想前編 「ボコスカウォーズ」…ノソラを読む

映画・「キューティーハニー」 感想

2008.01.20(Sun)
映画のキューティーハニーってのがあるじゃないですか。

それを見ていたんですけど、これかなりありえない作品でした。

もう見てて恥ずかしいくらいだぜ。

でも、マヂで作ってるんですよねえ?(笑)

映画・「キューティーハニー」 感想…ノソラを読む

TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想後編 「ドラマ」

2008.01.19(Sat)
けど、最初から義之と小恋の関係があるからさ。

ねえ、小さな恋から「それ」を奪い取ろうなんて子もいないでしょうし。

だから、どうしても恋愛面での盛り上がりにも欠けておりました。

これで普通の恋愛ものとして描くアニメだったなら、自分もこんな気持ちにはならなかったと思うんです。

しかし更に今作で微妙なのは、これって最終的にドラマになったことですよ。

それこそアニメじゃなくって、わりと普通の青春系テレビドラマって感じの・・・。

TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想後編 「ドラマ」…ノソラを読む

決刃運命を終えて

2008.01.19(Sat)
あの日から 想い続けて 幾夜見世
そしてね言うの 願い叶言

TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想前編 「告白」

2008.01.19(Sat)
「D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ~」

今回はアニメ「ダ・カーポⅡ」のファーストシーズン感想ですが。

それにしてもここまで微妙に思えたアニメは自分かなり久しいですね。

もしかとは思いますが、この作品って萌え路線を止めたかったのでしょうか?

だけど、それは土台無理なお話です。

だって、この作品は萌えがなかったら一体何が残ると言うのですか。

にしても一過性を除けば、これって萌えない作品だったわ。

なんでこんな風にしたんだろ。解らないなあ。

TVアニメ D.C.Ⅱ ~ダ・カーポⅡ ファーストシーズン~ 感想前編 「告白」…ノソラを読む

TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第12話 かくされた世界 感想

2008.01.19(Sat)
「CLANNAD -クラナド-」

とりあえずですが、このことみ編ってどうも自分には微妙。

てゆうか、もしかしたら嫌いに近いかも知れません。

やっぱ第10話にも書いたような感覚があるから、それがすごく物足りない。

このままいくとぶっちゃけなかよしこよしで終ってしまいそう。

そうなるとアニメのクラナドって想定内の範疇で終ってしまうんじゃないのかな。

でも、それなら別のアニメでも十分代わりはあるんですよ。

TVアニメ CLANNAD -クラナド- 第12話 かくされた世界 感想…ノソラを読む

ラフレシア

2008.01.18(Fri)
彼方から 君の帽子へ 雪の花
見上げる空よ やはりいるのか

FORTUNE ARTERIAL フォーチュン・アテリアル

2008.01.18(Fri)
にしても、最近はブログの更新もいい感じの落ち着きを迎えているわけですが。

実はこういうペースこそが自分にとっては理想なんですよね。

て、実はまたゲームをやってるだけだろという話もありますが。ww

しかしギャルゲーのタイトルって見ていたら何となく面白いですよ。

いやあ、これが自分的にはすんげえ面白いのですけど。

べつに名前だけで欲情を催したりはしないのですが。

あう、い、いや、中にはあったりもしますけど?

しかし、「ギャルゲーこそが時代の最先端」なのは間違いありません。

FORTUNE ARTERIAL フォーチュン・アテリアル…ノソラを読む

遊戯王 デュエルモンスターズ 光のピラミッド 感想

2008.01.18(Fri)
「遊戯王」

そういえばアニマックスで年末に遊戯王の劇場版を放送しておりました。

これはなにやら米国の方で公開されていたらしいんですが。

それで自分はアニマックスの放送時に見ていたんですけど。

まあ、内容的には普通に面白かったですね。

で、やっぱ杏子ちゃんが可愛いと。あとはとーぜんブラマジガールで決まりだぜい!!

遊戯王 デュエルモンスターズ 光のピラミッド 感想…ノソラを読む

ブログ

2008.01.17(Thu)
おれの空 今は片翼 なのだけど
それは何故かな もしか意図的

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第14回の視聴記録

2008.01.16(Wed)
新年あけおめですねえ。

またも酒に明け狂う年の始まりですよお。

しかしこのラジオって来年まで続くのかな。

いや、続きます。続きますね。絶対に続きますよお。

この虹は死にましぇーん!絆は勝つ!なのに麻衣さん浮気ですっ!

まあ、いいじゃないですか・・・保険も掛けられて?(笑)

CLANNADネットラジオ 渚と早苗のおまえにレインボー 第14回の視聴記録…ノソラを読む

ハーメルンのバイオリン弾き 第5巻 感想

2008.01.16(Wed)
「ハーメルンのバイオリン弾き」

しかし「旅をする」っていうのは何気に深いですよね。

どんな漫画とかでもすぐにも語りたい事はたくさんことあるでしょう。

だけど、それは行き着いた場面でやっと語られる訳なのです。

そういうのを考えてみると旅っていうのは何だか深い。

と、そんなことが今回の第5巻の表紙帯には書いてありましたとさ。

ハーメルンのバイオリン弾き 第5巻 感想…ノソラを読む

きら☆レボ

2008.01.15(Tue)
きらきらと レボレボあれば きらレボさ
今日もきらきら 明日もレボレボ

ヤッターマンが日テレで始まりました&第1話の感想コロン

2008.01.14(Mon)
にしても、「ヤッターマン」が日テレで始まりましたが。

しかしこのアニメはぶっちゃけ何回で終わるかが見所なんでしょうね。

だってポロリも寸止めで決まりですし。

それ以外で、いったい何を楽しみに見ると言うのですか。

まあ、どうも日テレの迷走が感じられるアニメですよ。

ほんと何を思ってヤッターマンをやるんだろう。どうも理解できない。

てゆうか自分的には普通に犬夜叉の続きをやって欲しいんですが。(笑)

ヤッターマンが日テレで始まりました&第1話の感想コロン…ノソラを読む

WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 後編

2008.01.14(Mon)
レビュー前編ではこれがあれば面白そうな事が出来るぞ、とゆう事などを書いたつもりです。

そして後編では自分が実際にしたカスタマイズの話。

それに今回の記事のまとめみたいものが書いてあります。

でも、やっぱアドエスを買って自分は良かったと思います。

最初に思っていたよりも文章の打ち込みもちゃんと出来たりしますし。

自分はあれで何気に打ち込みやすいと思ったものですが。

そして普通の携帯ではメールくらいが限界ですけど、

短い日記などならばPCがなくともブログとかに書き込む気になれます。

だけど、流石にこれで長文を打ち込むなんて馬鹿な事は考えませんね。

だって、そんな時にはパソコンがあるんだもの。

ですから、ちゃんと用途によってPC、アドエスと使い分けるのが賢い使い方。

WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 後編…ノソラを読む

WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 前編

2008.01.14(Mon)
「Advanced/W-ZERO3[es]」

これはウィルコムさんのPHSですが。

ねえ、PHSですよ。PHS。

一昔はかなり普及もしていたようですが、今現在は携帯によって押しも押されているそうです。

だが、自分は生粋のウィルコムユーザーでありました。

何故か知りませんが、昔から自分の中には妙なイメージがあります。

そのイメージは何故か知らずにおれの心を満たしてくれた。

このアドエスが満たしてくれた。

ならば今こそ言おう・・・おれはウィルコムだ!!

そんな切ないおれの、おれの願いは・・・。

ああ、そういえば環境にも人体にも優しいのがPHSでもあります。

ですから、どっかのGのように環境破壊にいそしんではおりません。

フフフ、まあ冗談はともかく。ここは口をつぐんでフィルコムです。

では今回は自分がアドエスを使ってみてのレビュー記事となっております。

WILLCOM・「Advanced/W-ZERO3[es]」の空色的レビュー 前編…ノソラを読む

雪希

2008.01.13(Sun)
窓外で 君がはらはら 落ちてきた
この手でほらね こなゆきふるり

こなゆき ふるり ~柚子原町カーリング部~

2008.01.13(Sun)
さあて、自分も色々とギャルゲ関連の情報は集めもするのですが。

その中でも今回は気になるタイトルがありましたね。

それは「こなゆきふるり」というタイトルであります。

「こなゆき ふるり ~柚子原町カーリング部~」が正式タイトルでもありますが。

しかしこのネーミングはぶっちゃけセンスがいい。ww

こなゆき ふるり ~柚子原町カーリング部~…ノソラを読む

パンデミック・フルー 感染爆発 感想

2008.01.13(Sun)
先ほどですが、NHKのドラマで「パンデミック・フルー」というのをやっておりました。

これは新型インフルエンザが日本で発生した場合を仮定としたドラマだったのですが。

まあ、恐ろしいものでしたね。

これは今其処にあるかも知れない戦慄の恐怖であります。

それを見て自分なりに今回はちょこッと考えてみました。

パンデミック・フルー 感染爆発 感想…ノソラを読む

オーライ

2008.01.12(Sat)
悪くない こんなアドエス 使い方
ノレテキタキタ コレでイケイケ
| 空色ホームへ | 次の空色へ >>