空色ホーム > 南極大陸 > 日曜劇場 南極大陸 最終回の感想

日曜劇場 南極大陸 最終回の感想

2011.12.18(Sun)
南極大陸も最終回であります。

再びやってきた南極の地で、倉持とお犬様との再会であります。

これも南極大陸ですからね。

犬達を難局に遭わせる場面も異常なくらい気合入っております。

今回は猛吹雪のストームが犬達を大氷結のウェーブに突き落としました。

願いの込められた千羽鶴が奇跡を起こすか?


(日曜劇場 南極大陸 最終回の感想) 「感想まとめ」


では、ここまで見てきた印象を簡潔にまとめてみましょう。

しかし最初見てた頃は熱もありましたが、そこから冷めていく典型的なパターンですよ。

実は初回と最終回だけでも構成することは可能なのですから。

だから、これも2時間ドラマの三夜連続とかでさ。

一気に年末とか年始にドカーンとやった方が成功する作品だと思いました。

キムタクには短期決戦の情熱系リーダータイプが似合います。

一夜目で別離。二夜目で失望。三夜目で希望。

自分はそのパターンで構成するのがベストだと思いました。

連ドラ10回枠で長々やると中だるみして冷めちまったろうなあ。

とまあ、ここまでの印象はそのくらいにしておきまして…最終回なのだワン。


さて、前半の見せ場は倉持が首輪の鎖を引っ張るシーンであります。

愛すドッグのアイスドッグを見つけた倉持は、希望の生存ホットドッグを探して動き回りました。

ていうか彼も一人で大丈夫なのかと思い、そんなにリアリティ感じなかったなあ。

それこそ帰ってきた倉持と生き残った犬達で、

すでに感動のご対面ワーンのお涙頂戴をやればいいだけでしょうし。

これは別に冒険物じゃないからそれでいいんですが…。

そして何匹もの犬の死体を発見しまくる倉持に合わせて、

過去のシーンがリフレイーン。

それこそ作り物だとは思いますが、あれが全部本物だったら大変だ。


さて、いよいよ後半では倉持と犬達の感動の再会シーン。

もしも倉持は飢えた犬ズに襲われて自らが餌となればネ申ドラマであります。

しかし犬達や視聴者がどれだけ仲間の死を見てきたと思っている。

欲しいのは布じゃない。欲しいのは肉なのだ。

と、起こっても別に違和感は無かったかも知れません。

さあ、ここぞと芸能界の現在進行形の飼い猫まなちゃんも泣いちゃいます。

氷室さんも思わず日本の中心くらいで倉持と叫ぶのでした。


終盤では人間よりも犬達こそあきらめなかったのだ…

と言うような事を一所懸命に語る倉持でありました。

このドラマも最後まで諦めないで一生懸命に頑張って生きていこうというメッセージを打ち出しておりました。

それはそれで当然そのように生きていくので宜しいのであります。

しかし、このドラマには説得力が足りないですよ。

ですからぶっちゃけて言えば、これも浅いなあ、浅はかだなあ、あざといなあ…と。

つーか、このドラマは裏のメッセージとかありそうじゃないか?

そこら辺も見てる人は読み取った方が宜しいんじゃないかと思いました。

ていうか考えてみると、こんなに浅いドラマになるのがおかしい…ぐぬぬ。



日曜劇場 南極大陸 公式シナリオ&ドキュメントブック


とにかく日本は南極に行ったのであります。

ですから日本は凄かったのは事実であります。

よって日本は凄かったと解釈するのが賢明です。

ですから、このドラマは余計なパーツが要りません。

こんなに懸命な姿だけ目に焼き付けて、後は見た方々の中で自己完結した方がしっくりきそうだ。

だから別に自分は素直ですからね。これを見て感動したとかは言えない。

一度冷めたら再び熱を宿すのは難しい。それはもう確かであります。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 12/18のツイートまとめ | 空色ホームへ | 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第11話 「ミンスリーの再会」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/10621-f9ec92ed

| 空色ホームへ |