空色ホーム > 戦姫絶唱シンフォギア > TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギア EPISODE 7 「撃ちてし止まぬ運命のもとに」 感想

TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギア EPISODE 7 「撃ちてし止まぬ運命のもとに」 感想

2012.02.22(Wed)
しかし、この戦姫絶唱シンフォギアとは、

シンー!フォー!!ギァー!!?

…のように表せてしまうかのような激しい作品のようでございます。

響も熱血で友愛の精神に満ちている子でありました。

クリスちゃんとお友達になろうよとかの発言でありました。

だって私たち同じ人間だよ!

そんな響にクリスはイチイバルというシンフォギアを装着して襲い掛かってくるのです。

そこに翼さんが駆けつけてきたのでございました。


(TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギア EPISODE 7 「撃ちてし止まぬ運命のもとに」 感想)


「前回のシンフォギア」

でも、やっぱり翼さんの回復は早かったですね。

翼さんはクリスに格の違いを見せ付けておられます。

そして響の行動は…あの子そんな子だからそういう事で流しておきまして。

フィーネはクリスを見限って放置プレイで楽しまれたご様子でした。

しかし、まるで翼さんは余裕たっぷりになってきましたよ。

妙な貫禄がある翼さんでありました。

一皮剥けたていうか一枚脱皮したっていう感じですね。

翼さんの翼は成長して生え変わったような気さえしますよ。

で、櫻井了子とフィーネの関連はどうなんだ~い?


にしても、もはや翼さんは完全復帰か。

そこら辺ちょっと片付けられない部分もあるけど、

ご都合主義な感じで忘却領域構築了承無問題~。

そしてあの場を目撃した未来ちゃんは、

隠し事はしないの件で響に対してプンプンモード。

クリスもあの時の響の言葉に戸惑いながら街をうろついて…

しかし、クリスもいきなり普通の少女っぽくなりましたなあ。

つーか、このアニメはこれくらいの描写でもいいのか?

ちょっと足りないような気もしますが、こうして見るとクリスって結構チョロイのかもしれません。

んで、あの未来ちゃんも後ろめたい部分がありますからなあ。

…響とギクシャクんブラックマって感じか…。

まあ、どの子にもまんまと利用されそうな気配がプンプンしておりますが、

響には未知なるパワーがあるので、そこら辺にゾクゾクしてる女性が恍惚そうでございます。

やっぱ櫻井さんとフィーネは同一人物のようだな。

これって別に正体は隠してるようでもないから、そこら辺は奇妙な感覚ですけどね。

ていうか、ほとんどフィーネが出てきた時からそれっぽかったしなあ。



戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング2


そしてラストは未来が響に別れのような言動でありました。

更にエンディングの後にはクリスがフィーネに向かって荒れておりました。

今度は更に突起物絶叫レズビアンカさんの饗宴祭りが催されているようでありました。

でも、どうせやるなら一番イイ声で鳴いてくれそうな…翼さんにしてあげたくないか?

とまあ、追々そのような展開もあったらイイナっ!?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 02/22のツイートまとめ | 空色ホームへ | Internet Explorer 9の追跡防止機能を設定してみた >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/10956-a384500a

| 空色ホームへ |