空色ホーム > ストロベリー・パニック > TVアニメ ストロベリー・パニック 第19話 リフレイン 感想

TVアニメ ストロベリー・パニック 第19話 リフレイン 感想

2006.10.01(Sun)
「ストロベリー・パニック」

う~ん、渚砂もココアを飲んで少しは癒されたのかしらね?

だけど、もっと心を痛めてるのは静馬様だろうな。

今の静馬に必要なものって何なんだろう。

今回はかなり重かった・・・。


(TVアニメ ストロベリー・パニック 第19話 リフレイン 感想)


静馬と花織。二人の思い出。

静馬の心がまだ花織にある現実を知って、傷つく渚砂。

ミアトル生徒会長、六条深雪。

きっと静馬と花織の事を一番良く解っている少女。

彼女の口から渚砂に語られた三年前の春のこと。

リフレイン――。


「誰一人として幸せになれなかったあの物語を・・・」


今回は六条さんが、あの二人の事について知っている過去を語ったの。

それは三年前の春のこと。

やっぱり静馬もまだ若いっていうか、可愛いんじゃないのかしら。

悪戯好きそうよっ!

六条さんも初々~って感じだし。

うんうん、ういうい~っ♪

そして桜木花織。

彼女は何処か儚げな少女。

子供の頃から病弱だったのね・・・。


「貴女は本当に美しいわ」


静馬の言う通り、彼女は確かに美しい。

名前の通りに花のよう。

だけど、それは今にも折れそうな花のよう。


でもさ、やっぱりあの深夜のお茶会ってみんなやってんのね。

あれ?花織って、何処か計算高くない?

明らかに渚砂とは違うタイプの女の子だと思った。

でも、それは無邪気なだけなのかも知れない。

それが渚砂と重なるのかも知れない。

きっと静馬様って染まってない子が好きなのよね。

別に人の趣味についてはとやかく言わないけどぉ。ww


どんどん静馬と花織の関係が深まってくの。

月明かりの下でくちづけを交わす二人。

しかも、そのキスも軽いのじゃなくディープな方。

えっ、さらにその先まで進んでしまうの?


それにしても外よ外。其処はお外なのよっ!!


でもさ、あの格好ってOPのシーンと何処か重なる。

白昼夢。そう現実の中の夢って感じ。

別にエロいっていうか綺麗よね。

うん、素直に綺麗って言葉が浮かんだんだ。


六条さんも、静馬を取られたって気持ちも少しはあったと思う。

それは花織もきっと感じてたんだと思うの。

だからあんな事言ったんじゃないかな。


静馬は花織とエトワール選に立候補したのね。

そっか、それは約束だった。

もう花織には時間が無かった。

叶うかどうかさえ解らない約束。

エトワールには決まったけど、花織は可哀想だった。

うん、可哀想だった。

そっか。静馬と花織。

一緒に居た時間は確かに短かったかも知れない。

だけど、六条さんが語った分でもまだまだ足りないくらいの思い出が二人にはあったんだろうね。

うん。もっともっとたくさんの思い出があったんだと思う。

哀しい過去だった。


そして、現在も静馬の心の奥底にはずっと彼女が居る。


渚砂にとってはこれ相当悲しいわよ。

もう、どうにもならないのかもね――・・・。


PS2「ストロベリー・パニック!」OP&ED&オリジナルサントラCD
PS2「ストロベリー・パニック!」OP&ED&オリジナルサントラCD

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 天保異聞 妖奇士 説零 | 空色ホームへ | アフター 管理人からの一言 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1123-b14125ee

| 空色ホームへ |