空色ホーム > 空色カオス(終) > 小説・「Wind ―a breath of heart― (富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想

小説・「Wind ―a breath of heart― (富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想

2012.04.22(Sun)
手元にあった「Wind ―a breath of heart―」の小説を一冊読んでおりました。

そういやドリキャス版を積んだままですが、

この小説は一通りエンディングまで描かれていたようです。

ちなみに自分の読んでいた感覚的には「Window(窓)」でもありました。

「Wind(風)」が「Window(窓)」通り抜けると…「Windows(風窓’s)」になったって感じで読み終えました。

最初の列車の中でひなたが窓を開けるシーン。

あれがある意味では今作に置いての重要なルート解放でもあるんだろうなあ…?


(小説・「Wind ―a breath of heart― (富士見ファンタジア文庫)」を読んだ感想)


とまあ、読み終わった時点で感想をダダっと打ち込んでおりました。

しかし、なかなか面白かったですね。

この文体的には自分は窓の中にある物語を見ているって感覚でいいと思いますが。

んで、塩と砂糖の件はともかく…だ。

こうして一冊の中で話もまとまってるのは好感が持てたと思いますよ。

この小説は話が一本道でありますが、

他のヒロインにも…特にひなたに興味が持てましたし。

まあ、手元にはドリキャス版もありますから、その内にはプレイしてみるのもありだと思いました。


そして物語は不思議な《ちから》が備わってる人々が暮らす風音市って所が舞台であります。

この《ちから》とやらは古くからのアレでアレな事があってアレでレアな…?

まあ、ここではいわゆる御伽噺らしい設定だとしておきましょう。

ていうか、この小説を読んだらちゃんと説明されておりますから~っ。

んで、この小説の場合はヒロインルートというよりもだ。

未来で祝福の風が感じられるようにと…

それくらいで話を終わらせておく意図的な締めくくりでありました。

ある意味では約束に始まって約束に終わる…これもプロミスエンドとでも申しましょうか。

主人公の真がみなもにすると断言しているキザなプロポーズも気になりますが、

それはそれで確かにやるのだろうとは思いますが、

それでも未来は自分達の意思にゆだねられている…

つまり恋は風まかせであなたが好きとか風に乗ってエコーしそうなピュアラブのようでございます。

古い話ですが、自分の頭の中では國府田マリ子さんの歌で「Pure」って歌のフレーズがリフレインしておりました。

ええ、それが自分の中だけの奇妙な既視感でございました。(笑)


とまあ、物語としても一冊で一通り完結しておりますし。

きっと読者の方は窓から見ている存在としての見方だと思いましたけど。

んで、ある意味では文章が静か過ぎると思われた節もありはしますが、

この作品はそんなにパーッと明るいような性質でもないでしょう。

思いは遠く離れていても届く。

そして思いを無くさなければ、また逢える。

風音市とは絵本の中に出てきそうな御伽の街なのであります。

ハーモニカも美しいですが、自分としては口笛を吹きたくなりました。

その内には主人公とヒロインには赤ちゃんが生まれて、

きっと祝福の光景と風景が色々と彩っていくのでございましょう。



Wind―a breath of heart (富士見ファンタジア文庫)


とまあ、あとがきにも何かありますが、

こうして予備知識はなくてもそれなりに楽しめましたね。

エピソード的にも小説だけでは描かれていない部分も多数あるようですし。

であるからして、手持ちのドリキャス版についても…ゆめゆめ忘れるなと思われました。

だが、積みゲーはおれのステータスであり、未来への話題ストックでもあり…?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 04/21のツイートまとめ | 空色ホームへ | そういやBS11さんのサイトに「氷菓」のページが出来てますね。 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/11454-08f4d7b0

| 空色ホームへ |