空色ホーム > ストロベリー・パニック > TVアニメ ストロベリー・パニック 第25話 円舞曲 感想

TVアニメ ストロベリー・パニック 第25話 円舞曲 感想

2006.10.22(Sun)
「ストロベリー・パニック」

失われた記憶。だけど感じるんだ。

それは分からないけど、だけど大切な何かだった。

とても大切な、大切な――。

スピカもね、今回はすごい事になります。

ねぇ、彼女たちはついに結ばれた。


(TVアニメ ストロベリー・パニック 第25話 円舞曲 感想)


天使の祈り。

光莉の想いはきっと、永遠に変わらないんだろう。


ミアトルの二人。

静馬に踊りの稽古を見てもらっている渚砂と玉青。

色々あったよね。本当に色々と。

静馬が無理してるのは目に見えてます。

彼女が元気そうに見えるのは、必死に忘れたいから。

見ているのは、お互いなのに。

言えない。そんな想い。

玉青ちゃん、寂しいね。


夜になっても、帰ってこないスピカの二人。

天音と光莉。

探してた。それは二人の思い出。

風は冷たい。そばには誰もいない。

あるのはあの方との思い出だけ。

いまは覚えていないけど、大切な思い出。


要様が最近はしおらしくって可愛い。

毛布に包まってる彼女をどうしましょう。


あの頃が懐かしい。

それは温暖だった、あの頃。

ここに来て、スピカは一つの思いに包まれました。

そして、光莉と天音も包まれたの。


覚えていない。覚えていない。

だけど、繋がっている。繋がっていた。

天使の涙――。


天音:「泣かないで、私まで泣きたくなってくるから・・・」


彼女が泣くのは誰のため。

彼女が唄うのは誰のため。

それも全て、愛する人のためだけに。

天使は今、全てを捧げた。

その姿は綺麗だったの。

他に言葉なんかいらない。

この世界には二人だけ。

朝の光はただ二人だけを照らすから。


それにしても、剣城さんと桃実ちゃんの蜜蜂カップル。

こっちも修羅場をやると思えば、すんなりとヨリを戻したんだよね。

アタシは悪夢の予感もあったのに。

愛するがゆえに、その想いが強すぎたがゆえにって展開かと思ってました。

でも、そんな幸せもいいよね。

また舐めあってください。その蜜を。ふふっ。ww


静馬と渚砂…最初で最後のダンス――。


静馬から差し伸べられた手。

それを取った渚砂。

静馬となら、上手く踊れる渚砂。

玉青ちゃんはこんな姿をどう見ていたのかしら。

ねぇ、舞台は揃いました。

後は結末を見守るだけ。

次回は最終話。

其処に待っているのは、どんな「はじまり」なのでしょう。


アタシはかなり気になってますーーーーーっっ!!


で、ラストシーンの静馬は何故に裸なわけなのよ。

でも、それは彼女の心の寂しさを表しているのに他ならないんだわ。


ストロベリー・パニック Special Limited Box 9 初回限定版

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< はぴねす! 第2話 お花見 感想 | 空色ホームへ | TVアニメ ストロベリー・パニック 第24話 運命の輪 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1236-9d3a2821

| 空色ホームへ |