空色ホーム > ストロベリー・パニック > TVアニメ ストロベリー・パニック 感想① ~奏でる旋律は恋を歌って~

TVアニメ ストロベリー・パニック 感想① ~奏でる旋律は恋を歌って~

2006.10.26(Thu)
「ストロベリー・パニック」

アニメのストパニも終っちゃった。

アタシの楽しみが一つ減ったの。

ふふっ。

でも、また新しいのを見つければいいよね。

アタシもここから「はじまり」を見つけちゃうんだからっ!!

そのためにもTVアニメ「ストロベリー・パニック」の感想まとめを書いてみました。

これは新たな始まりへ向けての第一歩。

アタシは何かを新しく始めるためには決着をつけることも必要だと思うの。


(TVアニメ ストロベリー・パニック 感想① ~奏でる旋律は恋を歌って~)


だけど、このアニメはなかなか面白かったわよ。

まずはそれが言いたい。


「憧れより、憧れ以上の」


始めのOP曲・「少女迷路でつかまえて」の歌詞だけどさ、そんな感じのアニメです。

それは憧れの存在。

きっと届かないと一人の少女は思うの。

だけど、それは決して届かないものじゃなかった。

届かないものには色々な意味があるつもり。

物語のラストでは大切なものを見つけた少女達だったよね。


でも、その逆もあったようにも思ったけどさ――。


そして新OP曲・「くちびる白昼夢」の歌詞で、「大胆な告白」と言うのがありました。

ねえ、最終話では静馬様も見事にやっちゃった。

あれには盛り上った。

アタシの胸は高鳴った。

まさに心が望むままの行動。

止められない想い。


はいっ!ここで静馬が猫だと発覚!!


あっさりくわえられていった渚砂ちゃんでした。

だけどさ、このアニメって玉青ちゃんは救われないよね。

うん、彼女は一番良い目にあえなかった。

でも、それは仕方ないのかな。

誰かを好きになっても、その人が選ぶ事ができるのは一人だけなんだから。

それは六条さんにも言えること。

彼女も静馬を好きなはずだから。

六条さんと玉青ちゃんは、どこかで似ている部分があります。

もしかして玉青ちゃんにも許婚とかホントに居たりして。

でもさ、やっぱりあの最後のエトワール選。

あれって、どう見てもスピカの方に分があるわよ。

玉青と渚砂も頑張ったけど、最終的にはきっと静馬のアレがなくてもスピカの勝ちだったと思う。

それにしたって、ミアトル生徒会長の座は、

別にいらないんだけど玉青に回ってきそうね。


じゃあ、とりあえず今回のアタシは歌について話したつもり。

歌はとっても作品に合ってました。

EDについては実写が続いたんだけど。

うーん、あれってきっとパラレルなんじゃないのかな?


苺を摘み摘みしちゃいましょう。秘密の時間を過ごしましょう。


色々と狙ってやってたんだと思うわ。

でも、どちらかというとギャグだった気もしなくはない。

でもでも、アタシ的には好みでした。

うん、好きな方でしたっ!


(ストパニ感想②に続く)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< PIZZICATO POLKA ~縁鎖現夜~ サブキャラ感想 | 空色ホームへ | コットンソフト様、ご設立おめでとうございます >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1249-f59a7be1

| 空色ホームへ |