空色ホーム > AKB0048 > TVアニメ・「AKB0048 next stage」の第11話を見ていた感想。

TVアニメ・「AKB0048 next stage」の第11話を見ていた感想。

2013.03.23(Sat)
そろそろ最終回であろうAKB0048ですが、

イテザスターに乗り込んだちえりとなぎさで御座いました。

ライオンするよりチチクラベのままでいいと願いました。

イテザスター、ここは芸能完全禁止の星であります。

禁じられた遊びは特権階級に支配されておりました。

しかし、この作品って声優力量は上がりましたな。

自分は感情移入できておりますよ。これからワンダーランドでありますな。

とまあ、お父様の下へ連行されたちえり、そしてなぎさであります。

絶対運命黙示録であります。

BS11で見てるなら、あの関係ないのに煽ってくるコマーシャルが的確ですらあります。

そしてセンターノヴァでありました。君の輝きを見せてくれでありました。

とまあ、しおらしくなったと思ったら、超時空から超展開への銃声となりました。

はっ、黒幕はヤスナガだな…あいつだろ?あいつだな!?

しかし、今回はぶっちゃけ驚きましたね。

まさかああなるとは思ってなかった。ていうか…これからどうなっちゃうの!?(笑)
<< 03/23のツイートまとめ | 空色ホームへ | <桜満開>異例の早さ イベント関係者は対応に大わらわ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/13444-115c4931

| 空色ホームへ |