空色ホーム > 戦姫絶唱シンフォギア > TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10 「喪失までのカウントダウン」 感想

TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10 「喪失までのカウントダウン」 感想

2013.09.07(Sat)
もはや刮目せよなシンフォギアGでありました。

しかし小日向未来もシンフォギア装者になってしまいまして。

立花響もショッカーであります。これからヒーッであります。

じゃーじゃーじゃーじゃじゃじゃじゃじゃー、お願いー、聞かせてー、その悲鳴をーです。

そういやオープニングに神獣鏡の未来の新カットが増えましたな。


(TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 10 「喪失までのカウントダウン」 感想)


「前回の感想」

とまあ、いよいよ出揃ったであろうシンフォギアGの歌い手たちであります。

例の神獣鏡の適合者になってしまった未来でありました。

ウェル博士も叫ぶ愛ですよでありました。

しかし、このままの未来は儚く壊れそうですな。

クリスちゃんの出番。この一番辛いところを任せてであります。

この戦いを見つめる響や皆さんも辛いですな。

もちろんウェル博士は喜ばれておりました。


さあ、未来のみっくみくな超性能パワーであります。

クリスちゃんのイチイバルリフレクターも突破される破壊力であります。

翼さんの天羽々斬も薄っぺらか、とにかく強力なみっくみく光線であります。

嗚呼、このまま手をこまねくしかないのか…でありました。

にしても、あの忍ジャーマネはお役に立ちますなあー。

その内にシンフォギアは男性陣をメインにして別のストーリーも出来そうですなー。

例えば江戸時代でウェルお代官様に囚われた翼姫を奪還する忍者達の話とか…?(笑)


さあ、翼さんと切歌のバトルも前座であります。

クリスちゃんは背負わなければならない十字架のクリスチャンモード。

しかし未来は意識あったのだな、響のために惑わされておりますが。

そして未来が戦わせたくない響が戦いの舞台に上がります。

ここでカウントダウンか、響の命をかけた絶対の絶対な願グニール。

もはやハイパープロレスです、歌がとんでもない叫びとなっておりました。

ひびけ!うたえ!つたえ!つおいぞ!ひびきい!!

すげえ燃えます、すげえ勢いで一気に時間が過ぎてます。

そして、ついにフロンティアの封印が解除されましたね。

ええ、ここからでしょう、とんでもないGが巻き起こるのは。

クリスちゃん、あなたいったいどうしちゃったの?

やはりクリスちゃんは一身に背負ってしまうか、それともまさか量産型クリスちゃん襲来か…?



戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


いやー、しかし今回もマジで一気に見ておりましたねー。

勢いが凄かったですよ、これもシンフォギアのたまらないところでありますな。

そして、ついにラストバトルとなりそうな舞台へと盛り上がっておりました。

ていうか、ウェル博士の退場する時の表情が見たくて仕方なくなっております。

つーか、あの博士ならみんなから一発ずつボコられて、

そこでトチ狂ったように青春がどうのこうの更なる妄言をわめき出してもウェルカムでしょうなー。(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 09/07のツイートまとめ | 空色ホームへ | TVアニメ 超次元ゲイム ネプテューヌ 第9話 「エディンの挑戦(リベリオン)」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/14227-fa688b36

| 空色ホームへ |