空色ホーム > 空色カオス(終) > 映画・「キャリー」 感想

映画・「キャリー」 感想

2014.05.16(Fri)
「キャリー」という映画を見ておりました。

これは昔にあったやつのリメイク版のようです。

ヒロインはあのクロエ・ルメールですよぉ!?

…じゃなかった、クロエ・グレース・モレッツですよぉ!!

しかし、なかなかオドロオドロシイ内容でありました。

冒頭から叫び声いっぱいで精神的にヤバイ波長が押し寄せてまいります。


(映画・「キャリー」 感想)


しかし、この映画はなかなか鮮烈な出来でした。

そのオカルトな内容は危険ですが、描いていることは実にシンプルでもあります。

其処に超能力はありますが、あれだけ追い詰められたら爆発する感情があって当然でしょう。

とにかくいじめとかそういうのはやめましょう。

やっちゃいけないことの区別ができないやつらは触れちゃいけないところにも平気で触れていく。

面白がってキャリー・ホワイトの逆鱗に触れてしまう愚か者どもよ。

善人ぶってキャリー・ホワイトのためにしてあげられることを見誤った者たちよ。

とにかく結果的にはいっぱい死んじゃう!血塗られし惨劇のデスパが待ち受けていた!!


しかし、クロエ・グレース・モレッツも見事な演技をしております。

ああいうのはハマり役でしょう。多感な少女というのがゾクゾクしてまいります。

たまに見てて怖いくらいですが、彼女もしっかり成長しているんだというのが分かりますよ。

あの子の出てる映画は何本か見てますからね。本当にクロエ・グレース・モレッツも美しくなりましたわ。


で、これも陰湿ないじめなどのエグイ部分もあります。

けど、怖いもの見たさで見てしまう…そんな念力と精神の解放であります。

そして一触即発のように、キャリーがいつ爆発するのかを待っている感覚もありますからね。

もちろんプラムパーティーで爆発するんだろうという予感がビンビンなのでございますが、

そこら辺の壊れるか壊れないかのバランスにざわざわしてもおりましたよ。

んで、あのママが怖いというか、ラストはキャリーのお墓が…パミュパミュで……?(笑)



キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)


普通の女の子になりたいキャリーは異能のパワーを持っている。

迎えた運命のプロムパーティー。其処でキャリーは最高に美しかった。

しかしパーティーで待ち受けていた天国から地獄である。

魔女化したキャリーが現れた!…キャリーオーバーついにアタッター!?

キャリーの念動力が完全解放!起こしてはならないものを起こしてしまった!!

とまあ、誰だってあんなに追い詰められたら壊れてしまうというやつであります。

にしても、あの子もいつかアキバなどでメイドさんとか演じてもらいたいでありますわ。

ねえ、クロエ・グレース・モレッツがどっかのクロエ・ルメールを演じるのもありかもしれないぜえ…?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 05/16のツイートまとめ | 空色ホームへ | 05/15のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15170-b33f48a5

| 空色ホームへ |