空色ホーム > 空色カオス(終) > 映画・「ダーク・シャドウ」 感想

映画・「ダーク・シャドウ」 感想

2014.06.06(Fri)
「ダーク・シャドウ」という映画を見ておりました。

これはクロエ・グレース・モレッツも出ているやつでありますね。

ていうか、あの子は千の仮面を持つ少女なのでしょうか?

とまあ、この映画そのものよりもクロエ・グレース・モレッツに興味があって見ておりました。

けど、思ってた以上に面白い作品でありますよ。


(映画・「ダーク・シャドウ」 感想)


しかし、この映画はストーリーはともかくクロエちゃんを見られれば~?

で、自分はアダムスファミリーみたいのをイメージしましたが、そういう類いの懐かしさもありましょうか。

んでんで、新しいけど懐かしいっていうか、なかなかお新鮮すな感覚でございます。

もちろんコメディといえばコメディですが、結構スベっているシーンも多かったかな。

けど、これって見ていると、これはこういうキャラであり、そんなノリの作品なんだってことでありますわ。

慣れてくると面白味が格段に増してくる、そんなタイプの映画でありましょうなあ…うんうん。


しかしクロエちゃんのジト目がたまんない。

今回のようなビッチ系のキャラもイケてると思います。

ああいう目で見られたいっていうか、やっぱあの子は可愛いと思いますわ。

畑が気になります。この作中の意味合いでの畑が気になります。(笑)

にしても、ジョニー・デップもああいう役をやらせたら右に並ぶものなしであります。

この映画は流れが分かってから一気に楽しくなる映画なのでありましょう。

それこそ中二病とか好きな人は楽しめると思いますね。

ぶっちゃけ優秀な実写って頭の中で二次元に置き換えられますからな。

これも子供が怖がるどころか子供が笑い転げるのかもしれませんわ。

んで、小魚ちゃんとか秘密の花園とか、この映画はああいう表現も楽しかった。

ああいうセックスも楽しいでしょう。

どんなプレイをしたらあんだけ部屋がメチャクチャになるんだ。

いっそのことセフレでいーじゃんいーじゃん。

んでんで、魔女の嫉妬も大いに赤黒く燃え盛りましたが、魔女の脱ぎたてパンティーも赤黒かったのでございました。

ええ、ちょっと黒くも見えますからねえ、我が目にあのパンティーは赤黒く見えますからねえ。

そうです!あれがあの魔女の汚れたソウルジェムです!?

…ええ、愛と憎しみのレッドアイズ・ダークシャドウであります…。(マテ(笑)



ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)


しかし、この映画は思った以上に面白かったでありますね。

終盤の修羅場もシュラシュラっておりましたわ。

いきなりオオカミ人間とかも出てきますからね。

あの魔女はどんだけ酷いって近年まれにみる業欲さでありましたなあ。

とまあ、終盤はちょっと雑でもあったけど、

これもテレビ放送だと色々とカットされてるんだろうなあというのも感じ取れる作品でありましたわ。

でも、十分に楽しめただろうとは思いますね。…映画館のポップコーンとコーラが欲しくなりましたわ。w

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 06/06のツイートまとめ | 空色ホームへ | 映画・「ドライブ・アングリー」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15240-26feddca

| 空色ホームへ |