空色ホーム > 空色カオス(終) > 映画・「イノセント・ガーデン」 感想

映画・「イノセント・ガーデン」 感想

2014.06.16(Mon)
「イノセント・ガーデン」という映画を見ておりました。

これはメンヘラなサイコパスガールのエグイやつであります。

ある種の薄気味悪さを感じさせられますが、

見てる内に目が離せなくなる、なかなか心をざわつかせる映画であります。

叔父さん(サイコパス)との出会いから開眼されていく、

姪っ子の真の姿(サイコパス)が目覚めて旅立つという、

そんなサイコパスの血筋が継承されるみたいな……ヒイイィィ~ッ!!?"<(××)>"


(映画・「イノセント・ガーデン」 感想)


にしても、これは薄ら怖い作品であります。

雰囲気も出てますし、見てる内に引き込まれる作品だったと思います。

そういう類の狂気を感じました。

これをサイコパスの方が見ると興奮して血が騒ぐのかもしれません。

嗚呼、得体の知れない叔父さんに姪っ子は同種の波長を感じるのだろうか。

最初から滅入り度高めの表情もありますが、結構ぶっ飛んだ方向に病んでいくのであります。

姪っ子も溜まっていたのです。ここらで解消して解放しないといけなかったのです。

嗚呼、あの叔父さんがバイブとか電マというのを知っていたならば~ッ!!?

つーか、サイコパスも欲求不満には違いないのでありましょう。

ほんと世の中には外に出してはいけない人達がいるのだと思います。

この有様的にああいう叔父さんは精神病院から決して出してはいけなかったのです。


で、この内容的にはスリラー系だと思いますが、なかなかにドロドロの話なのであります。

とにかく精神異常者の血は恐ろしかった。

家族の中にサイコパスがいると、その血筋にも同じサイコパスの血が流れている。

そういや昔からそういうのも確かにあるんだというのを思い出しておりました。

だから、例えば結婚するにしても、その一族の中に精神異常者がいないかどうかというのも重要でございます。


あんなサイコパス叔父さん、そしてサイコパス姪っ子。

もしもあの二人が近親相姦したらどんな子供が生まれてしまうのか?

そう考えると、例えばどっかの国の試し腹というのがどれだけ恐ろしく悍ましいことなのか?

それを考えただけでも身の毛がよだつのでありましょう。

とにかくサイコパスな映画でありました。こういうのは物語の中だけの出来事であってもらいたい。

しかし、これは割とライトな感覚もある映画だから余計に手に負えないのかもしれません。

…つーか、サイコパスに血を見るよりサロンパスでも貼り合いましょうや…?(笑)



イノセント・ガーデン [DVD]


しかし、あの姪っ子も叔父さんなんて邪魔だったのでありましょう。

ねえ、何故ならばあの娘はサイコパスの中でも更なる上位の存在として目覚めたのでありますから。

そして殺された父親は娘の異常性を分かっていたから、

あのように狩りの方法などを教え込んでは娘の中の異常性を食い止めていたのでありましょう。

とまあ、娘にあった最後のストッパーは失われ…そしてリミッターは解除され……。

つーか、あんなサイコパス娘が旅していると、その行く先々で消える人が続出するでございましょう。

そうするとインディア・ストーカーの装備品やアイテムなども更に増えていくのでありましょうなあ……。(((;゚д゚)))

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 06/16のツイートまとめ | 空色ホームへ | <STAP細胞>「あることを示す証拠はない」若山教授 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15277-b4a7a024

| 空色ホームへ |