空色ホーム > ガラスの仮面 > TVアニメ ガラスの仮面 第40話 「狼少女ジェーン」 感想

TVアニメ ガラスの仮面 第40話 「狼少女ジェーン」 感想

2014.07.03(Thu)
狼少女ジェーン。マヤの瞳の色が変わってきました。

狼少女の調教前や調教中の演技が深まっております。

そして桜小路君とマヤの関係に嫉妬する舞ちゃん。

マヤも相変わらず周りの人間の感情に振り回されております。

速水真澄との関係も香ばしくも香しく…。

んで、上層の欲望によって場末の稽古場に追いやられていくマヤ達。

マヤにとってはこんなのまだまだほいさっさーでもその心が痛むのはどうしようもなく。

それにマヤと紫織さんの出会いもありましたね。

紅天女のふるさとにおられる月影先生も見ておられましょうか?

忘れられた荒野はどうなってしまうのでしょう?マヤを中心にまた肩身の狭い逆境環境が広がります。

そうそうエンディングが変わりましたが、今はハローハローっていうかヘローヘローのようであります。

しかし思えばマヤの体型的には永遠にグラマーでセクシーな役は出来ないのかも?

いや、その場合は真澄さんが断固としてさせないかもしれませんね…?w
<< TVアニメ ガラスの仮面 第41話 「野生の心」 感想 | 空色ホームへ | TVアニメ ガラスの仮面 第39話 「紫の影」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15340-35531e16

| 空色ホームへ |