空色ホーム > ガラスの仮面 > TVアニメ ガラスの仮面 第43話 「忘れられた荒野」 感想

TVアニメ ガラスの仮面 第43話 「忘れられた荒野」 感想

2014.07.04(Fri)
生きた舞台を目指して一つの脚本から幾つもの芝居を…であります。

紫織さんも真澄さんにあるマヤへの想いに気付き始めておりました。

そして台風がやってきた。忘れられた荒野は初日から波乱めいっぱい。

開園時間になってもお客さんは一人も来ない。

しかしたった一人だけやってきてくれた…その人は速水真澄でした。

大した男であります。これだけ一途な男は貴重であります。

そして鬼気迫るジェーン。ただ一人のお客さんのために舞台をやり遂げました。

停電真っ暗闇で寂しいですが、みなさんホットなハートのようでありました。

さあ、愛の嵐も強まっております。桜小路君も速水さんの想いに気が付いたでしょうか?

忘れられた荒野の2日目は大盛況。

亜弓さんも月影先生も紫織さんもマヤのことを見に来ておりました。

もはや忘れられた荒野どころか忘れられない荒野でございます。…北島マヤ、忘れられない子ーやッ!!

そしてもう一つの忘れられた荒野に向けて黒沼さんも燃えておられました。

演出を変えることで舞台はまた新たな命を宿すようです。
<< TVアニメ ガラスの仮面 第44話 「無限の舞台」 感想 | 空色ホームへ | 07/03のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15344-de337ce6

| 空色ホームへ |