空色ホーム > ガラスの仮面 > TVアニメ ガラスの仮面 第47話 「恋の炎」 感想

TVアニメ ガラスの仮面 第47話 「恋の炎」 感想

2014.07.08(Tue)
それぞれに火の演技をするマヤと亜弓さん。

もはや目が離せませんね。お二方ともよう燃えておられますよ。

そして初老のお方の車が崖から落っこちて殺人事件かって流れもあります。

真澄さんの父上が行方不明とおなりあそばせました。

そして水の演技であります。マヤの前に真澄さんが現れました。

あのゲジゲジの親の話でよくあのマヤに分かりましたな。

紫のバラの人の正体は速水真澄。

今のマヤと真澄さんは黄信号くらいにはなれたのでしょうか?

マヤの恋の炎がメラついておりました。

桜小路君も自分の役作りのために活動されておりました。

各々に一所懸命でございます。各々が森羅万象に対しての解釈を深めていくようです。

しかし真澄さんの父上は月影先生が隠していそうでありますなあ?

そして梅の谷からはマヤと速水真澄の急接近。

これが昼ドラやエロゲなら間違いなく濡れ場まっしぐらであります。

真澄さん!押し倒せ!…っていうか押し倒されろっ!?

だけど大切な人であればあるほどに、そう簡単にはいっちゃえないのでしょうか…?w
<< TVアニメ ガラスの仮面 第48話 「夢の一夜」 感想 | 空色ホームへ | 07/07のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15356-b5e21190

| 空色ホームへ |