空色ホーム > ガラスの仮面 > TVアニメ ガラスの仮面 第51話 「紅天女」 感想

TVアニメ ガラスの仮面 第51話 「紅天女」 感想

2014.07.10(Thu)
ついに今回のアニメ版としての最終回となりました。

あれが月影先生による伝説の紅天女でございます。

圧倒的な存在感でありました。…あれは宇宙人であります。間違いない。

月影先生の身命を賭しての演技であります。

理解できなくても圧倒されてしまう凄さでありました。

そして紅天女の伝説は新たな伝説となって継承されていく。

紅天女の後継者は新たなる紅天女を考えなければならない。

月影千草、今生の別れであります。

マヤと亜弓さんに後を託して、もう二度と会えないようなラストを迎えられます。

そしてマヤと速水さんは魂の片割れか。

あのイメージだけでは物足りませんが、速水さんは幻オチでも満足のようです。

精神的に結ばれれば、もう思い残すことはないのかもしれません。

ある意味での死亡フラグが速水真澄に立ちました。

しかし、もうマヤと亜弓さん、それぞれの紅天女でもよさそうだと思いますね。

そして、これからも永遠のライバルは競い続ける宿命なのでございます。

とまあ、もっとこの後の話も見てみたいのでありますが、今回のTVアニメ版ではここで幕が下ろされるのでございました。

紅天女へとマヤと亜弓の更なる一手に乞うご期待!!\(≧∇≦)/
<< TVアニメ ガラスの仮面 最後まで見たので軽く感想のまとめ。 | 空色ホームへ | 07/09のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15364-1cdfb3d8

| 空色ホームへ |