空色ホーム > 空色カオス(終) > TBSチャンネル・「槇原敬之 シンフォニー オーケストラ コンサート“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~」 感想

TBSチャンネル・「槇原敬之 シンフォニー オーケストラ コンサート“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~」 感想

2014.07.18(Fri)
TBSチャンネルさんで放送していた槇原敬之さんのコンサートを見ておりました。

「Wow」から始まるオーケストラでございます。

しかし、このWowって曲はやっぱ素敵ですね。

あれよあれよと好きな曲から始まってしまったので、思わず他の作業を止めて見入っちゃうぜ~…Wow!

とまあ、ハピネスチャージされていくピュアマッキーのコンサートでハートキャッチオーケストラー!WOW!


(TBSチャンネル・「槇原敬之 シンフォニー オーケストラ コンサート“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~」 感想)


「~オープニング~」
しかし、自分は久しぶりに「Wow」を聴きましたね。
あらためて癒されたと思いますよ。この曲は本当に好きだなあと思いましたわ。
不思議な曲ですよね。ほんとWowってやつでありますわ。
んで、マッキーのMCトークでは当たり前って当たり前じゃないってタイプの話をされております。
セレブレーションというのはお祝い事だったのか。
そう言われてみれば確かにそんな意味だったなとあらためて思いましたわ。
常々いかに何も考えていない自分もいるんだとあらためて思えてきましたわ。

「♪花水木」
この曲もほんと色褪せないっていうか、聴いているとほんと切ない曲なんですよね。
昔に買ったアルバム等からも聴いておりますが、
マッキーの声質も変わってないのが非常に効果的と申しましょうか。
今回じっくり聴けて、あらためてセツナチックに浸れましたわ。
今時ではカーナビだけど昔は地図だった。
今となってはそこら辺の今と昔ってやつが余計に泣かせてくれます。
地図ってやつは色々とチェックして書き込んだりもしますからね。
新しい地図を君にあげるよってところにしんみりさせられますわ。
メンタルが弱いとちょっとどころじゃない大ショックになる場合もあるでしょうね。
もし別れた彼女がヤンデレだったら大変恐ろしい展開に発展していきますからっ…。w

「♪遠く遠く」 「♪君は僕の宝物」
この辺の曲は懐かしいですが、昔からよく聴いている歌ですね。
メロディーラインがしんみりしますわ。
こうしてコンサートで表情とかを見ながら聴くと更によくなりますよ。
マッキーさんはどんどん妖精みたいになっていきますな。
あんなに精一杯歌っておられる姿に心を打たれますよ。
何か届けよう届けようとされておりますからね。…そういうの通じてきますよ。

「♪君に会いに行く」
ああ、この曲も好きなんだよなあ。
この曲が歌うような恋っていうか好きっていうか…恋文って感じでしょうか。
それこそこの一曲だけでも恋愛ドラマが成り立つと思いますね。
イマジネーションを掻き立てられますよ。

「♪世界に一つだけの花」
この曲もナンバーワンかオンリーワンかで揉める考えを持たれる方もおられるそうですが。
しかし、この曲はちっぽけな視点ではなくでっかい視点だと思いますよね。
純粋に聴けばこんなに素晴らしい歌は数少ないと思います。
心が元気になると思いますし、頑張ろうって気持ちになりますし。
とまあ、この世界には比べることの重要性もあるけど、別に比べることが重要でもない世界もありますよ。
ただし、心が清らかではないと、こういう曲を歌ってもまやかしになるんだと思いますけどね。
もちろんマッキーは妖精さんだから大丈夫♪

「♪CLASS OF 89」
しかしこの曲も味わい深いものでありますな。
今の汚れちまった自分がイメージするのはNTRな感じかも?…という冗談はさておき。(マテ(笑)
けど、こういう恋を歌った曲ってやつは、やっぱ味わいがありますよ。
おそらく最近のアーティストには無いでしょうね。
ああ、それはきっと本当の恋をしてないからさ…なんてねっ?w

「♪Witch hazel」
この曲については昔は題名がどういう意味かと謎でしたっけ。
しかしアマゾンにも売ってますが、この曲の題名と同じ化粧水でありますよ。
今にしてみると、この化粧水が由来しているのかもしれませんねって。
この曲にある日焼けとかやけどのイメージ、そこに化粧水で火照りを鎮めようとする。
そしてこの曲にある少し怖かったってフレーズから来るイメージ。
とまあ、鎮められる火照りもあれば、鎮められない火照りもあるんですよね。
ひと夏の恋のアバンチュールっていうか、これ以上踏み込んだら互いに傷跡を残すんだろうと思いますわ…。

「♪I ask.」
これは問いかけてきますからね。
しかしカッコイイですね、すごい力強さを持ったコンサートでありますよ。
この曲にさらなるパワーが宿っておりますわ。
激しいですな、荒ぶる問いかけのマッキーでありますわ。

「♪Firefly ~僕は生きていく」
問いかけから答えっていうか、自分にはそんな構成だと思うのでありますが。
ここら辺の楽曲ではリンク感があるでしょうね。
そして、この曲においてマッキーが打ち出した答え。
やっぱ妖精のようでありますな。しかも今は真っ赤な光を放っているように思いますよ。

「♪太陽」
さらに悟りの領域へと踏み込んだマッキーですね。
今回のコンサートの構成的にも悟りって表現が似合うと思いますわ。
そして研ぎ澄まされていく領域であります。
きっとこの方は自らが燃え尽きる時まで歌い続けているんだろうと思いますよ。
だったら、それがとても嬉しいと思う自分がおりますな。

「♪Circle of Rainbow」
悟りを開き更に開眼された神秘でございますな。
しかし神コンサートであります。なんて素晴らしい楽曲のリンクで構成されているのでしょう。
感激の宝物をみっけちゃいましたよ。…これが何々つなぎの大秘宝か。
流れる汗がきらきらと輝いておりますわ。

「♪ムゲンノカナタヘ~To infinity and beyond~」
ここは神秘からさらにムゲンノカナタへと飛び込んだ感謝の世界であります。
感謝であります。どっかの百式観音様の使い手も仰っておりました。
さあ、感謝のマッキー節1万回を日課にすれば、きっと見ている世界も変わるでありましょう。

「♪僕の今いる夜は」
感謝よりさらなる先、そこに広がるのは歓喜の歌です。
誰かがどこかで誰かを想う優しい世界が広がるのでありました。
この境地へと人類の全てが辿り着くことができれば、きっと世界は愛に満ちているのでありましょう。
今回のコンサートの締めくくりに相応しい楽曲でありますわ…見てください!あの笑顔!!

「♪不安の中に手を突っ込んで」
アンコールですね、不安の中に手を突っ込んで。
文字通りファンの中に手を突っ込んで…って、不安を拭い去るような。
しかし、この曲は面白いですね。こうしたコンサートやライブで劇的に映える曲でありますわ。
見るからに楽しんでおりますな、楽しい楽しい…あーっはっはっはっ!!!!\(≧∇≦)/

「♪Turtle Walk」
さあ、箱の中にはカミツキガメではなくカワイイカメがいたようであります。
なんかもうありがたい気持ちになってまいりましたわ。
ぶっちゃけ体が熱いですね、肉体と魂が熱を帯びているのを感じますから…ちょっとクールダウン…。

「~エンディング~」
そしてエンディングへと続くのでありますが、万歳三唱より歌ってマッキーでありました。
「もう恋なんてしない」…明るいモードのもう恋なんてしない。
「GREEN DAYS」…これも明るいモードのグリーンデイズ。
つまり希望にあふれた感じがまた最高な訳でありますが。
そんな感情がまさに伝わってくるのがいいよなあって、ほんといい顔して笑っておりましたわ。
「どんなときも。」…この曲も明るいモードで「どんなときも」が「どんなと希望」に聞こえてしまいますね。
ええ、やっぱりどんなときも希望を持ってまるっとしていきたいものでありますよ。



LIVE DVD SYMPHONY ORCHESTRA『“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~』
LIVE ALBUM SYMPHONY ORCHESTRA“cELEBRATION 2010”~Sing Out Gleefully!~


とまあ、今回のコンサートも素晴らしかったですね。

CS放送での分なのでフル収録ではないでしょうが、それでも十分に最高でありましたわ。

本当にマッキーのコンサートには行ってみたい!行ってみたい!行ってみたい!!

…そう思いつつ一日千秋のような気持ちで…まだ行けてないのでありますが…。w

しかし槇原さんの曲は本当に素晴らしいのがいっぱいありますわ。

こうしてマキハラ・メモリになっていくのでありましょうな。

ではでは、恋愛の歌に、感謝の歌に、そして歓喜の歌に、まだまだ未知なるジンジンやアメージングへの期待を寄せて…。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 07/18のツイートまとめ | 空色ホームへ | <ハピネスチャージプリキュア!>劇場版アニメの予告編映像公開 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15393-8cbac607

| 空色ホームへ |