空色ホーム > 魔法少女リリカルなのは > 魔法少女リリカルなのはViVid 第12巻の感想

魔法少女リリカルなのはViVid 第12巻の感想

2014.07.30(Wed)
魔法少女リリカルなのはViVidの第12巻が出ていました。

ヴィヴィオとアインハルトのガチンコバトル。

果たして万感胸に迫るかどうかはともかく、可愛すぎる女子二人による激しすぎる打撃戦ですっ!

そして、これからの話が続きそうなイクスルートが解放されたみたいよ。

そんな魔法少女リリカルなのはViVidはまだやれます!元気です!!

って、王とか陛下とか乱立してきたし、そろそろサウンドステージXのコミック化とか必要なのかも…?w


(魔法少女リリカルなのはViVid 第12巻の感想)


「この前のViVid感想」

とまあ、今巻ではヴィヴィオVSアインハルトで大半が占められていたわ。

ヴィヴィオがアインハルトさんに想いを届けるためのどうしてもゆずれない一大事。

あの子の中の強いこだわりが文字通り拳から肌と肌を通して伝えていたわ。

ヴィヴィオのあんな強情さ。ヴィヴィオのあんな決心。

それ位で挑まないとアインハルトさんは心からオープンマイハートしてくれない。

ええ、これからのヴィヴィッドスマイルバリエーションのためにもアインハルトの笑顔は絶対に必要なんだから。

それはそうとオーラ移動とか何々君すっとばすみたいな技の応酬もあったわ。

バトルについては少年ジャンプのような展開だったわ。

ちなみに今作品の場合だったら、あのジャンプで何週間くらい持ちこたえられるのかしら…?w


でも、これもどれだけ激しそうにやっても結局は綺麗なバトルなのよね。

それこそ作中では可愛い子達が本気で戦っているのには違いないのでしょう。

だけどキャラが可愛すぎてもうキャラメルみたいな甘さばかりが漂ってもいるのよね。

もちろん萌え作品なんだから別にそれはそれでいいのよ。

けど、そこに欲が出てくると確かな物足りなさがあって、描いていることも幼い子供理論であって。

だから今にスパイシーな刺激を入れるのかもしれないけど…それがあのイクスになるのかしら…?

とまあ、こうして今シリーズでもキャラいっぱい増えちゃったけど、

やっぱり今の世代のみんなで大事件を解決とかみたいな話になるのかしら?

次巻からはまた新展開に突入するみたい。あのイクスはどんな形でストーリーに関わってくるのかしら…?



魔法少女リリカルなのはViVid (12) (カドカワコミックス・エース)


でも、惰性っていうか慣性っていうか、さすがにリリカルなのはシリーズの魅力も落ちてきたように思うわね。

今回のようなヴィヴィオとアインハルトのバトルもそんなにグッと込み上げてくるまでの力がなかったっていうか。

けど、これも普通にいい話ではあるのよ。…ええ。w

そして、このViVidもまだ続くみたいで、あのイクスはどれ位の起爆剤になれるかしら…?

それこそ「StrikerS サウンドステージX」のノベライズかコミック化が必要かもしれないわ。

…って、まさかとは思うけど、今度はヴィヴィオやアインハルト達で妖精とか育てることにならないわよね…?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 07/30のツイートまとめ | 空色ホームへ | 綾瀬はるか主演! 大河ファンタジードラマ「精霊の守り人」が16年春から放送 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15441-347d867f

| 空色ホームへ |