空色ホーム > ハピネスチャージプリキュア! > ハピネスチャージプリキュア! 第40話 「そこにある幸せ!プリキュアの休日!」 感想ガールズトーク #precure

ハピネスチャージプリキュア! 第40話 「そこにある幸せ!プリキュアの休日!」 感想ガールズトーク #precure

2014.11.16(Sun)
アイ:「しかしニャー、すでに話は来年のプリキュアに向かってきた気がするのニャー」

アタシ:「えーっと、噂ではプリンセスプリキュアとかになるらしいんだけど?
     もしかしてふしぎ姫だったかふたご姫だったか系のようなプリキュアになるのかしらね…?」

わたし:「ついに伝説の戦士ゴプリキュアが現れちゃうのかなぁ~っ!!?」

アイ:「けどニャー、あのプリキュアウィークリーもイタイタしい感じに見えてきたのニャー」

アタシ:「プリキュアが絶好調って言われても世界のプリキュアって本当に空気だと思うしねえ…?」

わたし:「あのね~、実はね~、そこにハチャプリのでっかい秘密が隠されているのかなあ~…?」


(ハピネスチャージプリキュア! 第40話 「そこにある幸せ!プリキュアの休日!」 感想ガールズトーク #precure)

アタシとわたしとアイの感想GT・40 ハピネスをねらえ!」

アタシ わたし アイ
アイ:「とまあニャ!このハチャプリの世界には実は大きな秘密があるのニャ!?」

アタシ:「…という幻想をそろそろ見るようになってきたのかもしれないわ…(笑)」

わたし:「とにかくミラージュ様がお怒りなの~、三幹部に最後のチャンスを与えちゃうの~」

アイ:「ファントムのミラージュ様を見つめるまなざしが悲しげで仕方ないのニャー」

アタシ:「で、またラブの方もやってくみたいだけど、何だかループでもしてるみたいな感覚ね?
     いおなちゃんの淡い恋心的なのも今後の絶望フラグに見えて仕方ないみたいだし…?」

わたし:「ハチャプリ後半戦での盛り上げ所を作らなきゃいけないの~。
     ハピネスチャージプリキュアは幸せを溜めてから超絶不幸が襲ってくるの~」

アイ:「ちなみにニャー、まさか何の捻りもなくニャー、
    アンプリンセスにアンハニーにアンフォーチュンがそろい踏みしたらニャー、
    みんなまとめて薄い本にされてしまうハクダクチャージプリキュアが待っているのニャー!?」

アタシ:「そして今回はパジャマ着てピクニックに行くのよ。
     って、パジャマにしか見えないんだけど?…このアニメ本当に大丈夫…?(笑)」

わたし:「ねえねえ、もしかしてせっかくの休日なのにプリキュアを見てるのも信じられないのかなぁ~?」

アイ:「とにかくニャー、プリキュアは休日でも三幹部との激しい戦いが待っていたのニャー」

アタシ:「なんか仁王立ちとかもあったけど、腕組みしたりしてガイナックスみたいよね…ネタのつもりなのかしら?」

わたし:「でね~、色々あっても最後はお歌で誤魔化しちゃうような感じも拭えないの~…」



ひみつのラブリーボックス ハピネスチャージプリキュア


アイ:「次回のハチャプリは『ミラージュのために!ファントム最後の戦い!』なのニャー」

アタシ:「こんな日がずっと続けばいいのに…って、これもうすぐ絶望展開まっしぐらフラグしかないわね」

わたし:「そしてね~、いよいよクイーン・ミラージュ様が本格的にご出陣されたの~」

アイ:「ファントムもニャー、ミラージュ様のことでニャー、不安トムさんになってしまうに違いないのニャー」

アタシ:「次回はファントムさん最後の戦いですって…ファントムは刺されそうな気がして仕方ないわ…」

わたし:「あれれ~?アンプリンセスちゃんアンハニーちゃんアンフォーチュンちゃんのイノセントバイブレーションは~…?」

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< ここで久々にFC2ブログテンプレートのカスタマイズをしたなあ。 | 空色ホームへ | TVドラマ・「ドクターX ~外科医・大門未知子~ シーズン3」 第6話の感想 #doctorx #tvasahi >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15780-bcc2946d

| 空色ホームへ |