空色ホーム > ウォーキング・デッド > 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第6話 「ふたり (Consumed)」 感想

海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第6話 「ふたり (Consumed)」 感想

2014.11.24(Mon)
今回はダリルとキャロルのサイトですね。

以前にリックによってキャロルが刑務所から出ていった時のことも語られてました。

さすらいのキャロル孤独行。流れてる歌がまた孤独感いっぱい。

さあ、深い意味合いで言うなれば…例えばロールキャべスの憂鬱でありますなあ…?


(海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第6話 「ふたり (Consumed)」 感想)


「前回の感想」

まずはキャロルが刑務所から出ていったアフター。

エピソード的には大分前になりますが、こうしてキャロルが辿ったウォーキングは語られました。

まあ、この手のは死亡フラグって言えば死亡フラグなんですが…?w

けど、みんなに死亡フラグは出てますからねえ?

つまり逆にみんなに死亡フラグが出ているから、そういうフラグ破壊が出来るのかもしれませんわ。


んで、例のべスを拉致ったであろう車を追いかけていくダリルとキャロルの道中記。

ぶっちゃけ相変わらず画面が暗くてよく分かりませんがっ。

けど、このエピソードもまどろっこしいって言えばまどろっこしいと思いますわ。

はよ肝心のシーンになれとか思いますからねえ。

やっぱ視聴者にはベスとかノアとか先に見せられてる分だけ進行の時間軸がまどろっこしいのかもなあ。

そしてダリべスなのかダリキャロなのかで悶々ともするのでもございました。

まあ、べスかキャロルか、そのどちらかは近いうちに死ぬようにも思われますが…?

…ロールキャベスでありますな。ロールキャベスロールキャベス…。


しかし、今回は結構先を引っ張るし、過去も引きずってましたっけ。

それこそ丁寧にやってるのでもありましょうけど、ちょっと長くも感じておりましたっけ。

もうちょっと手短でもよかったように思いますが、きっと丁寧にやりたいのでありましょう。

そして、ダリルとキャロルはノアと遭遇したのであります。

例の病院から逃げてきた後のノアです。ようやく話が追い付いてきましたな。

しかし、キャロルは潜入したのかと思っていれば、まさか奴らの車にはねられて病院に連れ込まれていたとは…。

となればダリルは目の前でべスも拉致られキャロルもはねられと散々な体験をしていたのであ~る…。



ウォーキング・デッド 【CEROレーティング「Z」】


とまあ、色々とありまして…とにかくダリルはノアを引き連れてリック達と合流か。

ここでようやく時間軸は元に戻るという構成であります。

これから病院に乗り込むならこちらも人数を揃える必要があるのです。

しかし奴らによってべスが調教済みにされてなきゃいいと祈りましょう。

早くロールキャベスを助けなくては!…もうすぐリック軍団が参上するぜ!…日没に出陣だァァーッッ!!?

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< FC2ブログのユーザータグも使い始めると記事を区分けするのに便利なのかもしれない。 | 空色ホームへ | ハピネスチャージプリキュア! 第41話 「ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」 感想ガールズトーク #precure >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15788-8ae21884

| 空色ホームへ |