空色ホーム > ウォーキング・デッド > 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第8話 「人質交換 (CODA)」 感想

海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第8話 「人質交換 (CODA)」 感想

2014.12.09(Tue)
ウォーキング・デッドのシーズン5も前半戦のラストであります。

逃げ出したやつには警告を与えてから一気に轢きましょう。

ていうか今のリックならやると思いましたわ。

しかし、あのリックの狂気というか、すでにそれは合理的なんだとも思いますよ。

あれこそがこんな世界で生きるための術でありましょうからな。

こうして殺らにゃ殺られるのは自分達なのだとシッカリ認識しておきましょう。


(海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第8話 「人質交換 (CODA)」 感想)


「前回の感想」

とまあ、仲間であるか仲間でないのかというのもありますが。

すでに聖書も何もあったもんじゃない世の中なのでございます。

こんな時には世紀末救世主伝説でも読みましょうや。

で、あの牧師も勝手に出ていったと思えば逃げ帰ってきましたな。

ああん、何なんだてめーわ…という教会サイドは置いておきまして、

今度は病院に攻め込む直前のリック達でございます。

しかし、あのような対話っていうか、リックも頭が切れますけどね。

ああやって自分のペースに誘導しているのでありますから。

ええ、これ実は新世界の王となるリック・グリムスの物語であります。(笑)


さて、病院でのベスと女ボスの会話は女囚物のような感じですな。

んで、教会に帰ってきたグレン達ですが、彼らも妹の救出作戦に参戦しましょうか?

そして病院ではストレス溜まりまくってる人員でございます。

要するに支配であります。サル山のボス争いも起こっております。

あの女ボスとべスは闇を共有することで妙な連帯意識が生まれてるのかもしれません。

まあ、グダグダとありましても孤独は辛いのでありましょう。


しかし、このドラマも早く先に展開しようぜと思いますが。

未だに殺すとか殺さないとかやってますし、どんだけ迷ってるんだかと思いもします罠。

とにかくリック達のべス救出作戦は始まった。

まずは交渉です。…まあ、リックとしては皆殺しにしたいのだと思いますが…?

そして人質交換で揉めりますが、なんとべスは死んでしまいましたよ。

まさかべスが死ぬとはちょっと予想外でした。

悲しみのパーティーか。可哀想なべス最期の日でございました。

まあ、気が重くなりますが、来年2月に始まるシーズン5後半戦に期待しましょう。

で、黒いグラサンの人もその内に合流するんでしょうけど、今はようやく接点を見つけたくらいで終わりましたわ。

…ていうか、すでにサプライズも何もあったものではない…。(笑)



ゾンビサバイバルガイド


とまあ、この続きエピソードはまた来年でありますが。

しかし、このドラマもなかなか終わらないですよね。…ぶっちゃけ。(笑)

で、これ以上もはや何をやるのかも分からないですけど。

滅んだ世界より愛をこめて、このままジュディスの成長を見守るヒューマンドラマにしていくのも面白いかも…?

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVドラマ・「ドクターX ~外科医・大門未知子~ シーズン3」 第10話の感想 #doctorx #tvasahi | 空色ホームへ | ハピネスチャージプリキュア! 第43話 「ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!」 感想ガールズトーク #precure >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15800-d62d1eae

| 空色ホームへ |