空色ホーム > ウォーキング・デッド > 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第9話 「弔いの帰郷 (What Happened and What's Going on)」 感想

海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第9話 「弔いの帰郷 (What Happened and What's Going on)」 感想

2015.02.10(Tue)
ウォーキング・デッドのシーズン5第2幕が始まりました。

サバイバルですから失っていく仲間も多いのでありますが。

見えざるものは永遠である。

とにかくべスは死に、また新たな道のりを進むリック達。

今度は何処へと向かい彷徨うのか、そのいずれにせよ最終的なポイントは死なのであります――。


(海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第9話 「弔いの帰郷 (What Happened and What's Going on)」 感想)


「前回の感想」

べスを失ったことでリック軍団の空気も暗い。

そりゃ明るくても困りますが、とにかくそれぞれに思うことは多い訳でありまして…。

生きる代償、それは大なり小なり失うということでしょうか。

今、ここに生あるものは、絶えず何かを失いながら生きているのでありますから…。


そしてノアの知っていた場所へと向かったリック達。

ノアの故郷か、ここがまた新たな箱庭となるのでしょうか?

しかし中はすでに全滅だったようだ。

ノアの苦悶、オーノー!アーノー!となるノアのあああああああああああ!!?

でも、いつぞやだったかの手に入れたトランシーバーは役に立ちますな。

やっぱサバイバルには無線機器が必要であります。


んで、今回は自問自答のような光景が続いてもおりました。

これも生きるために必要な何かを見い出すためのエピソードでしょうか。

絶望失望のままでは生きていけない。生きていくための理由として希望待望が必要なのです。

そしてタイリースがウォーカーに噛まれてしまいました。

タイリースさん、これはもうじれっタイリースのままではいられない。

デッドマン達によって責められる光景と出くわすのであります。

また腕ぶった切りがありました。そして土を掘る音がリアルなエンディングであります。

後味悪いですな。…だが、それがウォーキング・デッドだから仕方ない。(笑)



ウォーキング・デッド6


そしてやはり向かうはワシントンなのでしょうか?

今に行くには行くらしいんですが、また今回も犠牲者は出ておりました。

でも、あのタイリースさんもデッドマンの皆さんに囲まれて死んでいかれましたっけ。

彼も結局は生きる意志が折れたのでしょう。

そして、それもまた彼の運命だったのでありましょう。

タイリースの心はリスのまま、そこからタイガースへとはなれなかったのだ…。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第5話 「戦争の切り札 "One Riot, One Ranger"」 感想 | 空色ホームへ | Go!プリンセスプリキュア 第2話 「学園のプリンセス!登場キュアマーメイド!」 感想 #precure #gokigenyou >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15827-d315271b

| 空色ホームへ |