空色ホーム > レボリューション > 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第5話 「戦争の切り札 "One Riot, One Ranger"」 感想

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第5話 「戦争の切り札 "One Riot, One Ranger"」 感想

2015.02.11(Wed)
しかし、このシーズン2は展開が早くて面白いですね。

キャラについても良くなってきておりますし。ナノテクの方も興味深いのになってもおりますし。

アーロンはアンドロイド化してバージョンアップでしょうか?

何か病んで家出しますけど、あいつはナノテク化して嬉しくないようだ。

そしてマイルズとモンローの再会であります。二人が再び手を組む時がやってきたようです。

敵は偽りのアメリカ政府。無敵のオジサマ方が二人とじゃじゃ馬娘が革命を起こすようだ。

にしても、あのアーロンのナノファイヤーは怒りを覚えると発動するようですが。

そして再教育センターの件ですが、そこで再教育されたジェイソンが敵になって出てきそうな予感ですな。

戦争を起こして革命か。結果的にマイルズとモンローはテキサスの怒りを煽ろうと企てるのですが…。
<< 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第6話 「死刑囚 "Dead Man Walking"」 感想 | 空色ホームへ | 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第9話 「弔いの帰郷 (What Happened and What's Going on)」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15828-d2d8f468

| 空色ホームへ |