空色ホーム > レボリューション > 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第9話 「招かざる力 "Everyone Says I Love You"」 感想

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第9話 「招かざる力 "Everyone Says I Love You"」 感想

2015.02.19(Thu)
ナノテクの力を求めて欲望が蠢いております。

しかし何が起こってるんでしょうねえ。

アーロンついにナノテクロイドと化したのでしょうか。

神秘の男アーロン・ピットマン。いつの間にかシリーズ最大のキーキャラクターになっておりました。

そして謎の少年が現れましたが、話の流れ的にも大きな役割はありそうであります。

マイルズは感染か。このシーズン2ではマイルズの弱体化も顕著でありますが。

そしてネヴィルの妻も生きていたようです。…新しい夫を持っておりましたが。

アーロンの前にはナノチャイルド。更に愛する人の死。

これはアーロンが覚醒しそうな感じですね。

ナノテクボーイを上手く使いこなせないアーロンの喪失でありました。
<< 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第10話 「メキシコへの旅 "Three Amigos"」 感想 | 空色ホームへ | 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第8話 「大義 "Come Blow Your Horn"」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15836-74c22a0d

| 空色ホームへ |