空色ホーム > レボリューション > 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第11話 「不意の再会 "Mis Dos Padres"」 感想

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第11話 「不意の再会 "Mis Dos Padres"」 感想

2015.02.26(Thu)
アーロンの元妻とか出てきますが、モンローの方も捕まって大変であります。

親父さんをどうしようか?…で、モンローの息子もやっぱモンローの血統のような顔つきしてますわ。

しかし各持場とでも言いましょうか、役割みたいなのが定まってきましたからね。

中でも興味深いのはやっぱネヴィルさんであります。

ネヴィルチェーンがネヴィルストリームとなりネヴィルストームへと変革するのも近いかもしれません。

にしてもマイルズにしろモンローにしろ最近は覇気がないですよ。

そういう意味ではキャラが丸くなっておりますわ。

んで、他にはナノマシンの両親とか何やらと語られてましたっけ。

あのアーロン・イン・ザ・ダーク…にも一筋の光明が見つけられたようではあります。

そしてモンローと息子の方もデンジャラスの果てに目的を見つけたようで。

んで、チャーリー達の側では深刻な疫病が発生していたのであります。
<< 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第12話 「浄化作戦 "Captain Trips"」 感想 | 空色ホームへ | 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第11話 「不審な男 (The Distance)」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15842-d295f08e

| 空色ホームへ |