空色ホーム > レボリューション > 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第15話 「覚めない夢 "Dreamcatcher"」 感想

海外ドラマ レボリューション シーズン2 第15話 「覚めない夢 "Dreamcatcher"」 感想

2015.03.05(Thu)
さて、アーロン・イン・ザ・ドリームとでも申しましょうか?

アレもおそらくグーグルの社長か何かなんでしょうか?

ブラックアウトが起こらなかった世界。

何かどっかで見たような光景ですが、あまり気にしないでおきましょう。

はー、マトリックスか、なるほどなあ。

けど、ネヴィルは大統領でいいんじゃね?…夢の中だけでも。

もちろんオバマ2号になるかもしれませんが、それはそれで今現在もルーピーですからなあ。

しかし今回の話はある意味での終局でもありましょうか。

このドラマに明らかに飽きてきたという印象がありましたけど。

ナノテクをイメージでコントロールできるようになったと思わせられたアーロン。

あのアーロンはもう悟りを開いたかのような雰囲気に。

でも、まんまと騙されて例のコードを直してしまいましたけど…?

果たして現実なのか夢幻なのか、ぶっちゃけよく分かりませんでしたわ。

つ-か、アンタやっぱ家に帰りたいのかよ位でして…てめえ色々こじらせてプチ家出した中学生かよって…?(笑)
<< 海外ドラマ レボリューション シーズン2 第16話 「数字の秘密 "Exposition Boulevard"」 感想 | 空色ホームへ | 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン5 第12話 「居住審査 (Remember)」 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15849-6d28f38f

| 空色ホームへ |