空色ホーム > そらからメモリ > 映画・「ラビリンス 4つの暗号とトランプ迷宮の秘密」 感想

映画・「ラビリンス 4つの暗号とトランプ迷宮の秘密」 感想

2015.06.03(Wed)
「ラビリンス」という映画を見ておりました。

これはちょっと懐かしい感じの冒険ラブ的なやつです。

電脳世界と現実世界のリンクみたいのとかも説明不足ではありますがやってました。

でも、あと少し練り込んでたら数倍面白かったでしょうね。

惜しいなあ…つーか、あの謎の店主が訳分からん。(笑)


(映画・「ラビリンス 4つの暗号とトランプ迷宮の秘密」 感想)


とまあ、今回の映画のあらすじを簡単に申しますと。

主人公が手に入れた謎のカメラで撮影した物は電脳空間の中に転送されるのれす。

そして、それをめぐって謎の男との対決になるんですが、

その対戦してる相手が実にしょぼくって…がっかり。(笑)

でも、この映画は結構面白いんです。

キャラとかも嫌いじゃないし、映像も凝ってますから、もう少し世界観とか上手くしたら数倍化けたでしょうか。

何にしても全体的に薄味すぎて物足りないようですわ。

冒険にしてもラブにしても軽いわ軽いわ。

けど、ヒロインがけっこう可愛いですよ。あの「帽子君」って呼び方がちょっとこそばゆくってさあ…。(笑)


しかし、この映画はあの悪い人が謎なんですよ。

ていうか謎が謎のまま残り過ぎております。そこら辺の説明が足りないのな。

だから結局あのゲームも謎のままですし、とにかく仲間助けて終わっちゃうよ~って感じでしたし。

つーか、あの悪い人のキャラをもう少し押し出せば良かったと思いますね。

もっと悪そうなキャラでも良かったろ。あれじゃ頭イタタなボケ老人ですぞ。

仮にあれをピンホールカメラとするなら…まあ、ピンボケジジイって感じなのかもですが…?(笑)

とにかくもう一歩な映画でしたけど更に面白くなれる可能性が感じられました。…惜しい!!



ラビリンス 4つの暗号とトランプ迷宮の秘密 [DVD]


でも、この映画みたいなのは面白いですよ。

日本の映画もこういう冒険的なのもうちょっとやればいいのにねえ。

何だか暗い映画ばっか作りやがってさあ。

しかし、この映画もほとんどCG空間でもあるのでしょうけど、なかなか使い方が上手いように思いましたわ。

何故か自分は昔のプレステ時代を思い出します。

スクエニとかもああいうゲーム作ればいいのに。

ええ、リアルでグッズ売ってゲーム空間内に反映されるとかのラブリンク?(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 「セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ (DVDPG)」 感想 | 空色ホームへ | 「コードギアス 反逆のルルーシュ ナナリー in ワンダーランド」を見ていた感想とか~っ。 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/15900-e334ec12

| 空色ホームへ |