空色ホーム > ウォーキング・デッド > 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第13話 「張り詰めた糸 (The Same Boat)」 感想 #TWD

海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第13話 「張り詰めた糸 (The Same Boat)」 感想 #TWD

2016.04.30(Sat)
キャロルとマギーが人質にされましたが。

しかし迷いとか甘さは本当に命取りでありますわ。

あのキャロルが何とも弱弱しく見えるのでありました。

女の修羅場は恐ろしいですわ。

お腹に赤ん坊を宿すマギーはマザーになれるのか?

残酷な世界でありますわ。お先真っ暗トーキング・デッド。

ドロドロザラザラした展開が続きました。やっぱ女は恐ろしい。

そしてキャロルもようやく動きますが、以前のようにはいきませんな。

そろそろ彼女の退場が近いのかもしれません。

もう人を殺すのが怖いのでしょう。そんな悪夢を処理できなくなっておりました。

そしてニーガンっていうかニーガンズはまだいるのでしょうか?

とにかく殺すことをためらうと悪い方向にばかり向かっておりますな。
<< 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第14話 「強く在るために (Twice As Far)」 感想 #TWD | 空色ホームへ | 04/27のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/16350-6241eee9

| 空色ホームへ |