空色ホーム > ウォーキング・デッド > 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第15話 「巡る因果 (East)」 感想 #TWD

海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第15話 「巡る因果 (East)」 感想 #TWD

2016.05.02(Mon)
愛殺ゆえに出て行ったキャロル。

そして例の男を殺さなかった事で生じた悲劇にケジメをつけようとするダリルも飛び出して。

安らぎの時間は短いです。

救世主共との戦いに備えて町が一丸となるべき時にそうなれない展開が続きます。

しかしキャロルについては自殺願望持ってそうだし、もう死にたいのだと思いますが。

殺さなきゃ殺されるのまだ迷ってるのが逆に不思議ですの。

ぶっちゃけ悩み腐ってウザイんですが、とことん苦しみマックスなキャロルの行く先は?

そして因縁に決着をつけるまでは帰れないダリルですが、今度はグレン達が捕まりました。

救世主サイドの口笛は恐ろしい。展開は悪い方向へ悪い方向へと向かっておりました。

因果応報か、何か絶望しか見えません。

あいつら一体どうなっちまうのか、衝撃のシーズン6最終回に続きました。
<< 海外ドラマ ウォーキング・デッド シーズン6 第16話 「悪魔の口笛 (Last Day On Earth)」 感想 #TWD | 空色ホームへ | 05/01のツイートまとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/16356-faa832e5

| 空色ホームへ |