空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第12話 ひとりぼっちのコゼット 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第12話 ひとりぼっちのコゼット 感想

2007.03.25(Sun)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

警察の手から逃走中のジャン・ヴァルジャン。

彼はファンティーヌとの約束を果たそうとしていました。

しかし、もはやこれはコゼット奪還ですね。

彼こそが、コゼットの今までに与えられるはずだったはずの幸せを取り戻すのです。

可哀想なファンティーヌの命に報いるためにも、そう在って欲しいものですが・・・。


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第12話 ひとりぼっちのコゼット 感想)


"離れ離れ・・・"


ガヴローシュはコゼットに優しく。コゼットはガヴローシュに優しく。

ねえ、この二人は姉弟以上にそうなんですよ。

なのに、あのテナルディエ夫婦と来たら、ガヴローシュを目先の金目当てに奉公に出しやがった。

しかもコゼットのお母さんが悪い?それで、お金がない?

言ってることさえも無茶苦茶ですよね。テナルディエは見合う事は何もしていないのに。

ガヴローシュとの別れ際、シュシュにガヴローシュと一緒に居てあげてって言ったコゼット。

それはコゼットがガヴのお姉さんとしてなのでしょう。

そして、仲のよかった二人と一匹は、どうにもならず離れ離れになってしまって。

ついに、ひとりぼっちになってしまったコゼット――。

でも、あのエポニーヌも本当に嫌になってくるな。

なんであんな事するんだろう。まさに可愛い分だけ憎さ百倍なんですよ。

「お母さんが迎えに来てくれる」

それはコゼットに残された最後の拠り所でもありました。


"マドレーヌとしての・・・"


今のジャン・ヴァルジャンは追われる身です。

警察は血眼になって彼を捜していました。

そんな時に彼を助けてくれる人がいましたね。

その人はマドレーヌが市長だった頃に、その身を救われた人だったのです。

マドレーヌとして、人のためにしていた優しさが自らに返ってきました。

誰かに優しくすると、それはいつか返ってくる。

いつの世でもそうであったら、何ともこの世界は素晴らしいと思いますよ。

だけど、人はそれが難しいことも分かっていて。

だからこそ、そう在れれば良いとも思うんですけどね。


"暗い夜の森で・・・"


今日はクリスマス・イヴでありました。

エポニーヌとアゼルマから、コゼットにプレゼント。

確かに「プレゼント」と言えば聞こえは良いですよ。

でも、あれが、あんなのが二人からのプレゼントなんですか。

酷い話だよな。どんなにコゼットは心細いんだろう。

裸足のままで。薄汚れた服を着て。

暗い夜の森に水汲みへと行かされるコゼットでした。

ひとりぼっちのコゼット。隣にはガヴローシュもシュシュもいません。

冷たい水桶抱えて。冷たい夜の空気纏って。

森の中は真っ暗。彼女の心も闇の中。

でも、そんな時にコゼットの前に現れたのがジャン・ヴァルジャンだったのです。

なんか、あの場面を見てると切なくなれたわ。

でも、同時に温かくもなれたんだけどね。

コゼットにとって、その時のコートはとても暖かかったでしょう。


"お人形見つめて・・・"


でも、コゼットもお人形とか抱き締めたら可愛いだろうにね。

自分としては、そんな普通に無邪気そうに笑っている彼女の姿が見たいですよ。

なのに環境は彼女を礼儀正しく変えてしまっている。

これはアニメだけど、それを現実に置き換えてみると何とも悲惨じゃないでしょうか。

そりゃあコゼットは明るくて優しい子です。

だけど、歳相応って言えばそうじゃないのかもね。

ジャン・ヴァルジャンも、そんなコゼットを見てどんな風に思ったのでしょうか。

次回は「ジャン・ヴァルジャンとコゼット」です。

予告の映像では明るい兆しも見えていました。


「辛いこともあるけど、次回も見てくだされ」


そんな予告での台詞はまさにその通りで、的を得た台詞だったのです。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< ナツメグ プレイ感想・3 変わらない空気 | 空色ホームへ | BPS バトルプログラマーシラセ 感想まとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1903-66ed7c2c

| 空色ホームへ |