空色ホーム > 空色カオス(終) > 映画・「この胸いっぱいの愛を」 感想前編 「タイムスリップ」

映画・「この胸いっぱいの愛を」 感想前編 「タイムスリップ」

2007.04.13(Fri)
「この胸いっぱいの愛を」

さて、いきなりタイムスリップしてしまった人たちがいました。

その現実はもはや起こってしまった。受け入れるしかない・・・。

はぁ、まあ、自分はこういうSF設定をあっさりと受け入れられてしまう人間です。

もはやそう言う色に染まってしまったので、其処には問題なかったですよ。

しかも唐突にだもんな。えっらいあっさりとした描写でしたけど。

いつの間にか戻ってたみたいな感じでさ。

そして過去に戻った人たちには、それぞれにドラマがありました。

この作品にあるメッセージ。

果たしてそれは何だったのでしょうか・・・・・・?


(映画・「この胸いっぱいの愛を」 感想前編 「タイムスリップ」)


(もしも過去に戻れたら?)

もしタイムスリップしたとしたら?

まあ、自分だったら過去を変えようと思いますよ。

今までにある過去にある後悔を出来うる限り消し去りたいものです。

その一つには、昔に買った無駄なアイテムを買わないってのがあります。

でっかいミニ四駆のコースを買ったのは少年時代には確かに憧れでした。

おねだりの果てに手に入れました。

でも、今となってはどう考えてもゲームボーイの方が良かったような気がします。

さて、無駄話はともかくとして。

しかし、なんとちっちゃな欲望だったのでしょうか。(笑)

だけど、この映画では「後悔」が一つのテーマでもあったと思われますね。

過去に戻ってしまった人たちがいます。

そのそれぞれが胸の中に秘めている後悔。

それと共にあるのがまた一つのテーマ。

どうか最期には胸いっぱいの愛を残して欲しい。

過去に戻ってきた人たちの心の解放。

そして、後に残る人の心に残されるもの。

自分としては、そんな風に見終わった後には感じました。


(その、過去へと戻ってきた人たち)

「比呂志」と「ヒロ」は同一人物。その差は20年ありますが。

過去へと戻ってきた比呂志は、幼き日の自分と同居することになるのですが・・・。

にしても自分が自分からムカつくと言われたらたまったもんじゃないっすよ。

まあ、子供の頃の自分と向き合うっていうのは、なかなか面白かったですね。

そして、あのヤクザの布川は金網越しに幼稚園児と話す光景は危なかったな。ありゃキケンだ。

それに臼井光男ってのも、確かに仰るとおりに影は薄かったですよ。

でも、ある意味ワザとらしい演技が目立っていた感じでもありましたが。


まあ、あれがワザとならばきっと役者としては上手いんでしょうけど。ww


この二人については物語上で必要な投げ掛けをするために存在していた気がしました。

しかし、自分はどうも複雑な感情で見ておりましたね。

確かに命の重さや大切さは分かります。

でも、何処かで薄く思えたから悔しいんですよ・・・。

其処は描写が不足しているから、そう感じたのかも知れませんけど・・・。

うーむ、確かにそれぞれに物語はありましたが、メインはあくまで比呂志と和美だろうな。

しかし、あの目の見えないお婆ちゃんの話を掘り下げてみたら。

其処でまた一本の作品も出来そうですよね。


この胸いっぱいの愛を
この胸いっぱいの愛を

(感想後編に続きます)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< らき☆すたのOP「もってけ!セーラーふく」には笑えました | 空色ホームへ | TVアニメ 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第9話 神獣覚醒 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1980-24914021

| 空色ホームへ |