空色ホーム > 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ > TVアニメ 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第9話 神獣覚醒 感想

TVアニメ 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第9話 神獣覚醒 感想

2007.04.13(Fri)
「TVアニメ 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ」

あのコマーシャルで流れてる鳥の歌は何とノリのいいコスプレしやがる。

だけど今回は、なんてーか・・・きゃつら四人して脱いじまいやがったよ。

どんどん変な方向へ変な方向へと、ひたすら我が道を突き進んでいくダンクーガノヴァ。

きっと獣道を極めるつもりなのでしょう。いざ密林のカナタへ視聴者をいざなおう!!


(TVアニメ 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第9話 神獣覚醒 感想)


この作品は言葉の使い方に魅力があるの
あらあら?ダンクーガの整備スタッフって他にもいたのね?

アタシはセイミーさんだけかと思ってたわよ。

でも、あのダンクーガに開いたはずの穴。

ぽっかりと開いた穴が無くなっていた。消え失せていた。

にしても、穴が開いてないとか開いてないとか開いてないとか・・・・。

朔哉もそんなに開けたいのかしら。開けたいんだろうね。穴を。ドリルで。


くらら:「これ以上ここにいても無駄ね」


この作品は本当に台詞の使い方が上手いわ。次いきましょ。そうしないと置いてかれるわよ。

ってか、今度は天空でお茶会なのぉ?

ああ、このビミョーな世界観がたまらない。うん、たまんない。アタシはラクガン好きよ。(笑)


ああ、何か知らんがニヤニヤしてくる
だけど、誰も何も知らないんだよな。知りたい事を何も誰も知らない。

もはや、この物語の終わりもどうなることやらな。

ま、まさか動けばいい?走ればいい?終ればいい?


このダンクーガノヴァ。その最後のオチが気になります。


さて、あのダンクーガの設計図。

胸のパーツの部分はブラックボックスの様なもの。

果たして、其処のあるのは何なのか・・。

にしても、あのお茶会の場所って落ち着かないんじゃないのか?

ご不満も何も、まんま不満だらけじゃないか。

ルゥ・リルリのカウンセリングもいつになったら役に立つのか。

ってか、たいして精神的に大きな衝撃をあいつらは受けている様に見えないんだが。


つーか、これは高度なギャグの高みを目指したアニメじゃないんですか?


マジで何らかの意思は世界の流れに反発しているかのようだぜ。(笑)


戦闘よりもなんか知んないけど盛り上る女性達
ダンクーガは再び現れる。アールダイガンとの再対決はすぐそこ。

まあ、其処は別にいいわ。戦闘はもういいわ。

問題は葵とセイミーなのよ。

このムチムチガールのツーショットをどーするかなの。


しかもセイミーは酔ってるし。つまりは最初から何が起こるか見え見えだったわよねぇ。


過去にはダンクーガには色んなパイロットが存在していた。

その中には小学生の4人組もいたみたいなのよ。

で、でも、それってアブナクない?アタシはこの物語の本筋よりもそっちの方が気になったわよ。


「もっと素直になって。私みたいにさぁ・・・・」


はぁ、セイミーもやっぱ両刀で。ココロもカラダも開いちゃって。

この物語は何処へ向かって突っ走るのかしら。あの何ともB級ノリのBGMがたまらない・・・。


ひゃーっひゃっひゃっひゃ・・・
って、あのキャプテンが復活したぞーーーッッ!!!


おお、まだ出すのか。あのジャスティスマッチョを。

(第4話 紅い(あかい)ダンクーガ 感想)

まあ、今度はアールに瞬殺されてシューティングスターになっちまったみたいだが・・・。


やっぱこの作品は高度?なギャグの極みを見せようとしているのか?

うひゃひゃひゃひゃ!もはや前半戦は笑いが止まりまひぇん!!(笑)



さーて、チームDは南極大冒険へGO!

ダンクーガノヴァとアールダイガンの再戦にGO!

チームDのパイロットは、その心を一つに重ねて。心で感じる。

そうしないとアールダイガンには勝てない・・・らしいんだが。ww

ダンクーガノヴァも今度こそ勝てるのか・・・?

始まったバトル。なんか久々に戦闘らしい戦闘を見た気がするな。久々に。

んでも、アールダイガンに追い詰められてしまったダンクーガノヴァ。

ついには、あのタイムリミットを越えちまった。


"負けたくない"


そして「負けん気」という名の心を重ねたチームDのパイロット達。

まあ、それはそうとしてだ。

葵はヌードイメージにまっしぐらだったな。まさかこうなるとは思わなかったYO!

でも、もしかして葵には何か秘密もあるのかもな・・・?

で、ダンクーガノヴァが突然と変形。


「ダンクーガ・ゴッドビーストモード」


なんかパオーって感じでした。ww

だけどあれもキンピカなのはいいが、微妙にカッコ良くはないよな。

つーか、まさしく金粉ショーか何かじゃねーのか?


リル:「あれがダンクーガの更なる高み」


ここ吹いたわ。つーかこれはどうなんだ?


さらに、どう見てもおれの視線はハダカに注がれてしまったんだよ。

主にくららのひんぬーに対して注がれたんだが。



そしてダンクーガノヴァはアールダイガンを喰らいました。

まあ、エヴァがS2機関を喰らうような感じですよ。ムシャラムッシャラと・・・。

果てにアールダイガンにトドメを刺そうとしたとしたダンクーガノヴァ。

しかしアールダイガンの中には、ジョニーの恋した少女・エイーダが居たのです・・・。


そして物語は大いなる謎を残しつつ?第10話「熱情の暴走!」に続く――!!


まあ、暴走と言うからには暴走するんだと思いますが。イロイロな意味でもやるのでしょう。

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 映画・「この胸いっぱいの愛を」 感想前編 「タイムスリップ」 | 空色ホームへ | TVアニメ ロケットガール 第8話 セパレーション -separation- 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/1983-b4790a8d

| 空色ホームへ |