空色ホーム > AIR > TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」

TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」

2007.06.06(Wed)
「TVアニメ AIR」

もうそろそろ夏ですね。サマーです!イン・ザ・サマー!!

な、なんか去年の今頃も似たようなことを書いていた気もしますが。

しかし、自分の中で夏をイメージさせてくれるアニメといえば「AIR」「ラムネ」って感じです。

他にも多くの夏作品もあるとは思いますが、

もし聞かれて答えるとしたら、この2作品でしょうから。

でも、アニメ版のAIRは確かに評判はいいと思いますね。

自分も去年の夏頃には、この胸をキュンと切なくしながら見てのおりましたので。

やっぱ「そういうの」って雰囲気としても見る人には伝わってきますよね。

それだけこの作品は丁寧に上手に描かれていた事にも感激でした。

そういうのって・・・うん、ぐっどだよ!ぐぅーっど!!


(TVアニメ AIR 感想前編 「翼は夢」)


「翼は夢、そして空へ」



これは某作品の決め台詞ですが。

まあ、それについては特には気になさらないで下さい。

自分はこの言葉がものすごい好きなんですよ。

ええ、それこそ愛しているのです。

でも、この言葉って「AIR」という作品にも似合うと思わないでしょうか?

自分にはすごい似合う言葉でもあると思うのです。

それについてを今回は「アニメ版AIR」の感想として書いてみたいのです。

「翼は夢」 「そして」 「空へ」

ちなみにこの三つの言葉に分けて進行していきます。

それと多少は原作とアニメがごっちゃになってる部分もあるかも知れませんけど。


(翼は夢)

この作品に登場してくる少女達には、それぞれに「翼」があったと思います。

けど、その翼は折れ欠けていて広げる事さえ出来なかったり。

それは飛びたくとも飛べない翼だったり・・・。

そんな少女達にはそれぞれに「夢」があったと思います。

けど、その夢は叶わないと分かっていたり。

それは繰り返し見続ける悪夢でしかなかったり・・・。


きっと「翼」だって「夢」だって、それだけ見れば「希望」を表す言葉だと自分は思うんです。

でも、この作品にある「それ」には「哀しみ」の意味も相当に込められていたと思います。



その背中の見えない羽根に苦しみながらも、懸命に頑張っていた強い少女がいました。

その夢の住人と笑顔でさよならを交わして、全て受け入れても歩んでいく優しい少女がいました。

その叶わないと知った魔法にも、みんなの幸せを願っていた健気な少女がいました。


自分はTVで見ていた時に、何度も涙を流しそうになった事があったと思う。

何度も胸が痛く、切なくなっていた事があったと思う。


だって翼は夢、そして空へと還さなければならないのだから。


それに、その還すためにはあまりに大き過ぎた代償もあったと思う。

だから、どうしてもあのゴールでは泣きますね。

本当に涙も止め処なく零れてきた。

しかし、それと共に主人公(往人・そら)の事がどんどん好きになっていったのですよ。

あの主人公には人間味がありましたね。

「セミとご飯で吹き出す場面」は今でもしっかと覚えております。


「ぶぅーーーっ!!」(笑)


この作品は日常会話も面白かった。

それこそが後の感情移入にも繋がっていくのです。

そして、そんなアニメよりも日常会話を楽しみたいと思うなら。

AIRは原作版をプレイされる事をおススメしたい。

けど、数ある主人公像から見ても。

この「AIRの主人公」は最高位で格好良いやつにも思われます。

でも、自分が思うに、この人と付き合う人はおそらく裕福とはなれないのでしょう。

だけど、ちゃんといつまでも包み込んでくれるような。

やさしい空色を与えてくれる人だろうと思います。


AIR ベスト版

(TVアニメ AIR 感想後編 「そして空へ」に続く)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ AIR 感想後編 「そして空へ」 | 空色ホームへ | TVアニメ 桃華月憚 第10話 血 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2102-288485ca

| 空色ホームへ |