空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想

2007.06.11(Mon)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

しかし、このアニメってオープニングとかは変わらないんですかね?

まあ、タイミング的には今回辺りが一番いい時期だったとも思えますが。

いや・・・だけど世界名作って確か昔から変わりませんでしたよね。

じゃあ、きっとこのままで行くのでしょう。とか言いつつ来週くらいに変わったりしてな。ww


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第23話 パリの空の下で 感想)


"新しいお部屋"


物語は新しい旅立ちの時を迎えて、修道院を出たジャンとコゼットです。

(参考・世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第22話 それぞれの旅立ち)

パリの街とコゼット。

もう5年くらい住んではいますが、それはあくまで閉じた世界と塀に囲まれた世界でもありました。

つまりはコゼットも街の中の事なんかまるで知らないんですよね。

だからこそ、修道院では壁越しに耳を済ませたり、その向こうへと思いをはせてもおりました。


という事はつまり彼女は箱入り娘なのですよね。

おおっ、箱入りコゼットか。それはなんか萌える響きだわ。



そして、時代の移ろいはこのフランス全体の景気を悪くもしておりました・・・。

しかし自らの成長を「あの木の下」で確かめるシーンは良かったですね。

いつも、どんな時にも、コゼットの事を考えていたファンティーヌさん。

そしてコゼットはジャンにすごく感謝していたのです。

だけどジャンも老けたよな。この人もこれまでには相当に苦労を重ねてましたよ。

この木の下で、このパリの空の下で、また約束を忘れないと誓うジャン・ヴァルジャンでした。


"マリウスとゴルボー屋敷"


マリウス君にはお金がありません。

そこでもっと家賃の安いアパートへ引越しをする事にしました。

その行き着いた先があのゴルボー屋敷だったのです。

(参考・世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第16話 パリのゴルボー屋敷)

しかし、ここの管理人ってあんなお顔の人ばかりなのでしょうか?

ってか、前の人よりもさらに酷い気もしましたが。(笑)

そしてマリウスの引っ越してきた部屋のお隣には、何とあのエポニーヌ達が住んでいたのです。

だが、あのテナルディエ夫婦は顔も性格も変わっとらんな。

それにあんたらの境遇は因果応報なんだって。


"エポニーヌとマリウス"


今の様な状況にいるエポニーヌにとっては、まさにマリウスは貴公子みたいなものでしょうか。

あの彼が駆けていく場面では画面をぼやかすという演出です。

そして彼女はマリウスに恋をしてしまったのです。

まあ、エポニーヌも其処だけ見れば可愛くもあるんだよな。其処だけ見れば。

これで、あくまで昔の経緯さえなければ薄幸の乙女でもあれたのでしょうに。ww

それにしても、まさかマリウス君もお隣に探している人がいるとは露とも知らず。


"コゼットとパリの空と"


ねえ、コゼットはとっても楽しそうにしておりました。

これから優しい味のスープを作るんだと。ノートルダム寺院に行くんだと。ww

しかしこれがかの有名なノートルダム寺院ですか。自分は「サクラ大戦3」でしか見た事ないです。

そしてコゼットは、これからパリの空の下でどんな出会いが待っているのかと思いをはせておりました。

さて、今回はこれからに向けての序章だったようですね。

そして、このパリの街に、パリの空の下に、

この物語の主要人物はそれが運命でもあるかのように辿り着いてしまったのです・・・。


次回は「第24話 リュクサンブールの出会い」


ああ、この街はこんなにも広いというのに。

ああ、あの空はこんなにも広いというのに。

ああ、なのに二人は出会ってしまうというのか。

ああ、いっそ邪魔できるならば、おれ自ら出向いて邪魔してやりたいお年頃・・・。ww

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< 映画・「県庁の星」 感想前編 「ルネッサンス」 | 空色ホームへ | OVA カレイドスター ぐっどだよ! ぐぅーっど! 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2113-f9eeb5fc

| 空色ホームへ |