空色ホーム > ストロベリー・パニック > ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想

ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想

2007.06.30(Sat)
「ストロベリー・パニック!」

あらあら、そういえばストパニのコミック2巻も買ってたんだっけ?

思えば相当前に買ってたのに、感想を書くのを忘れちゃってたわ。

アタシとしたことが・・・ふ、ふふふ、ふふふふふふふ・・・・・・・・。

でも、この第2巻のあざとい部分って、コミックにある帯を取るとブルマ姿って事でしょうね。

上はどう見ても制服にしか見えないって言うのに・・・・くすくすっ・・・・。ww


(ストロベリー・パニック! コミックス第2巻 感想)


(第7話 シンデレラ)


ふふっ、お話は第1巻の続きから。

(参考・ストロベリー・パニック! コミックス第1巻 感想)

でもさ、スピカの制服って何だかえちぃのよね~。

そしてスピカの星である天音王子様は、エトワール選でのパートナーを指定する。

その子の名前は、此花光莉――。

けど、夜々ちゃんってブラのホック外すの上手いわよね。てっなれってるぅ~♪

で、光莉ちゃんもちゃんと勝負下着を穿いていたのかしら・・・。

それを見せなさい。こっちにも見せなさい・・・。


(第8話 花の記憶)

でも、このコミック版って「小説の第1巻」がベースにもなってるから、大体の話も知ってるのよね。

だって、アタシは小説版も全部持ってるし。しかもCDドラマも持ってるし。

何気にストパニのアイテムって揃えてしまったんじゃないのかしら?

この第8話では静馬と花織のエピソードが語られていました。

そして静馬は本気で渚砂とエトワール選に望もうとしているみたいだけど・・・??

でも、天音と光莉。静馬と渚砂。

このカップルの仲が深まるエピソードだったかしら。

ひざまくらっ♪ひざまくらっ♪♪

そして天音様の「絶対離さない・絶対守る」発言も注目よ。


(第9話 エトワールの真実)

これって、まずは表紙の絆奈ちゃんがいいわよね。

特に下半身のスカートがいい。

それから本編では、ル・リムのコスプレシスターズがひときわ輝く夜の華でした。

しかし、千華留ちゃんもワルよのう。

のう、越後屋。よいではないかよいではないか。

ああ、言いたいーっ!言わせたいーーっ!!

そして千華留様は勝負師でした。ギャンブラー千華留!!

あ、アタシは森のクマさんになって、籠女ちゃんをお持ち帰りしたかったですっ!

でも、今回は渚砂と玉青ちゃんのお風呂シーンもあるのよね~。

うふふふふ、不意に背中にキッス。玉青も「はぁはぁ」しちゃってぇ~。いけないコ。ww


(第10話 永遠の誓い)

エトワール選の初戦でもある、カデット選のはじまり。

でも、渚砂も花織のことを知ってしまったのよね。

それで彼女の中には、静馬に対しての戸惑いが生まれてしまった――。

けど、天音様もお姫様を抱っこしちゃってね。

確かにあれはドキドキするものがあるのかも知んない。

キャー!キャー!キャー!!ww

でも、スピカの会長さんも酷な質問を静馬に投げ掛けました。

それに対して未来永劫と誓った静馬――。

ああ、そして渚砂には静馬の事がわからなくなっていく・・・。


(第11話 とらわれの砦)

初戦後半のエネ選のはじまり。

なんと乗馬での戦いなんだけどさぁ。

それはそうと渚砂ちゃんも、ちょっと後ろ向きに考えてる。

光莉も一人でふるふる心細かったの。

彼女を気遣う渚砂。

けど、自分の方にも・・・ちょっと・・・・あ、危ない!!


(第12話 小さな冠 -プティット・クローヌ-)

高台から落ちそうになってしまった渚砂でした。

ちょっとハラハラドキドキ。

王子様は助けに来てくださるのかしら?


って、静馬様キター!!落ちていく渚砂をしっかと受け止めたーっ!!


ふふふ、そして初戦は終了。

今回の勝者はスピカだったの。

そして、確かに勝負には負けた。

でも、静馬は今の自分が手に入れたい物を手に入れようとしている。

くすくす。だけど、あのキスもアニメだったらどうなっているのか・・・・ふふふっ♪

ああ、渚砂は静馬へと、どんどん身も心も落ちていくのか・・・・。


(第2巻まとめ)

ストロベリー・パニック! 2 (2)

まあ、これは第1巻の時にも言ったけど、やっぱりアニメとも違った魅力はあると思うわよね。

(参考・ストロベリー・パニック 感想まとめリンク集)

そして小説版と進行も似てるんだけど、小説は結構長いです。

それがコミックだとこうなるのかってトコにも注目しておきたいかしら?

要するに小説だと色々と意味深な表現を用いて描かれている場面も、コミックだと絵として出せる。


てっとり早く絵で理解できるのがコミック版。

色々と想像力を働かせて楽しむのが小説版。



アタシはそんな感じに考えて、両方共を楽しんでいました。

というわけで、第3巻の方にも期待です。

ねえ、いつくらいに発売する予定なのか・し・ら?ww

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< アイ ~光と水のダフネ~ 第1巻 感想 | 空色ホームへ | ひだまりスケッチ 第2巻 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2142-5b9e54f1

| 空色ホームへ |