空色ホーム > リトルバスターズ! > リトルバスターズ! プレイ感想・2 ただひたすらに

リトルバスターズ! プレイ感想・2 ただひたすらに

2007.07.28(Sat)
しかし、あの筋肉一直線の男・「井ノ原真人」を見ているとだ。

なんか「エルフを狩るモノたち」に出てた人を思い出したな。つーか、造型も似ている。(笑)

とにかく「弱い者いじめは、めっだ!」ですよ。

てか、始めてから最初の方は体験版と同じですが、あの鈴ちゃんも可愛いよにゃ。

そして、ようやくその体験版の先へと進めるわけだ。ww


(リトルバスターズ! プレイ感想・2 ただひたすらに)


はは、けど、この学校って面白そうですね。きっとありえないからこそ面白い。(笑)

そして、この世の多くの人はそういうのを求めもするんですよ。たぶん自分もさ。

しかし最近はネコ娘も流行ってるんすよね。某墓場の運動会のアレがアレで。


なんか妙にタイムリーじゃないっすか。あの棗鈴って女の子のキャラクター性は。


そうかそうか、「時をかける少女」でも思ったとおりで、やっぱ時代の最先端はギャルゲーなのかッ!

だけど何匹の猫を彼女も飼っているのでしょう。って、恭介が拾ってくるのか。


ただただ、楽しくて・・・

いつまでもこんな時間が続けばいい。

それだけを願うようになった。



でも、あの恭介って存在はみんなにとって大きいのは確かなんだろうね。

あの集まりは個性的なのばっかいてさ。

そして恭介が言うから、理樹も心強く思えるんだって。

だがともかく、今の所はまだ背景を知らないから、とりあえずそれはそれで流されときましょう。

しかし、どうやら彼らは野球をするらしいな。


はぁ、もしやいつぞやの草野球で味をしめましたかね。


だけど、あの理樹には、また妙なオプションが付属していたな。あれは初めて聞く医療用語でしたよ。

それと、微妙に理樹の性格には胸がざわついたような。

ほら、彼っていわゆる「僕」系なんですよね。

だから少しナヨナヨしてる部分が気にもなったかも。ちょっとだけ「sola」に出てきた依人っぽいな。

まあ、本当にまだまだ序盤の話ですから、この先でどう変わるか知れませんけど。

でも、とにかく個性的なメンバーは揃っているとは思いました。

つーか、それはそうでなくては成り立たない部分もあるからですけど。

にしたって、鈴はマジでネコ娘な。あのイントネーションが好きかも知れにゃい。

しかし恭介の読書姿って、あれって普通に考えると怖いんじゃないの?

あのお方もコロコロと意見を変えられます。あんたも本当に脳内リトルそうですが。


「今ここに、新しい名言が生まれた」


無駄にエフェクトに力(リキ)入ってますし。

でも、妙に最初からテンション高いよね。マジくだらないテンションが。

相当故意にやってるような馬鹿っぽいノリがあった。あの空を仰ぎ見ての話ですけど。


だけど、こんな馬鹿をやってるからこそ、

あいつ等にとってもプレイヤーにとっても面白いのではないでしょうか。



つまり馬鹿やってりゃあいいんですよ。

だから、これは褒め言葉の意味でそうしてりゃあいいんだ。

その、きっと来るであろう、辛い時を迎えるまでは・・・。

でも、あのバトルシステムはちょっとテンポ悪いかな。基本的にクリックするだけだし。

あ、だからオンオフもあるのかにゃー?つまりはそれは二段構えの猫かぶりなのかにゃー?

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< リトルバスターズ! プレイ感想・3 ベストプレイス?なヒロインたち | 空色ホームへ | リトルバスターズ! プレイ感想・1 初回限定版の風来記って豪華っすね >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2222-a4e9ccef

| 空色ホームへ |