空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第32話 あの日の面影 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第32話 あの日の面影 感想

2007.08.15(Wed)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

さあ、今週もファファファファファーの時間がやって参りましたよ。

まあ、そのファファファは次回予告とかで流れてる音楽のつもりで。

けど、このアニメって普通に見てて面白くないですか。

このブログを見るように、自分もアニメは色々と見ておりますが。

その中でも普通にそう思います。


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第32話 あの日の面影 感想)


"想い影"


だけど、コゼットもまだあのお人形を持っていたんだな。

名前は何だったか・・・そう、彼女はカトリーヌです。

でも、ジャンとコゼットは仲いいよね。あんな光景は見てると羨むくらいで。

ふう、だけど、娘がいる親の気持ちってどんなものなんだろね。

まあ、それって想像すると楽しくも思えますが、

やっぱり男親からすると、色々と想い複雑なのでしょうか。


"重い影"


獄中のテナルディエ。どんどんジャンに対しての恨み膨らまして。

にしても、テナルディエもほんと口ばっかよく回る事で。

見てて疲れるわ。大体なんで鼻が赤いんだよ。生き延びてやるぜぇ。(笑)

だけど、あいつは出られるんですよね。マリウスの行動によってさ。

そして一人だけ警察に捕まらずにいたエポニーヌですが。

彼女もこれからどうするんでしょうね。先は重いやられる気がしますけど。

家族も恋も、もうたくさんですか。彼女も心に深い影を落としておりました。


"彼女が見る面影"


一人ぼっちになってしまったエポニーヌ。

しかし、エポニーヌもマリウスへの想い消せないで。

そして何だか運命の岐路に立っているような。

でも、思うんですが、

今の彼女なら、もしかするとコゼットと仲良くなれるのかもね。

その間にマリウスさえいなければですけど。

マリウスに会いたがるエポニーヌでした。けど、その願い叶わず。

にしても、あの泥水の描写って、色を変えるとえちぃ気がしました。


だけど、今回ってエポニーヌ尽くしだな。

つーか、水の妖精と化しておりましたが。こりゃあエポのファンは狂喜乱舞するぞ。



そしてエポニーヌはマリウスフラグを自力でゲットしたのです。

しかしマリウスよ。おまえは乙女ゴコロが分からんやつだな。

これで、またこいつの評価は下がるであろう。

てか、エポニーヌに酷な事を聴くな。させるなよ。

でも、エポニーヌはあいつに尽くすんだよな・・・。


"あの日の面影"


でも、ついにエポニーヌもコゼットに気付きましたか。

これはそうなると解っていたとしても、残酷なフラグですよね。

ねぇ、マリウスの想い人。ユルシュール。

それがコゼットだと知ってしまい、エポニーヌは・・・・やばいね。これはちょーヤバですよ。

だって、コゼットの存在は昔から彼女が対抗心を持っていてさ。

本当になんてことだよ。この先にはどんな事が待っているのだろうか。


次回は「第33話 あきらめかけた再会」


なんか今回の描き方は巧いよね。エポニーヌが可哀想に思えましたよ。

あの子もこれから、本当にどうするんだろうな。

そしてマリウスはストーカーに復帰されて。

「ユルシュール・・・」

更には最後には、あのジャヴェールも動き始めて。

「ジャン・ヴァルジャン・・・」

でも、次回予告は何気に良いこと言っていたよな。親の因果は子に報いですか。

そしてマリウスにはユルシュールじゃないと誰か教えてやれ。

ああ、制作スタッフの方々もなかなか分かっていらっしゃる。www

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< リトルバスターズ! プレイ感想・18 キミノイイトコロを照らす、星の光になれたら ~神北 小毬 前編~ | 空色ホームへ | TVアニメ ムシウタ 第6話 狙ワレタ夢 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2252-19a8ea92

| 空色ホームへ |