空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第33話 あきらめかけた再会 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第33話 あきらめかけた再会 感想

2007.08.21(Tue)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

しかし、この世界にはたくさんの作品があります。

それこそ名作、駄作、あまたあまたの作品の数々。

だけど、どんな作品でもやっぱり読む人見る人によっては見方も違う。

それは確かにあるでしょうね。

そんな中でも、このレ・ミゼラブルは何故か自分は幼少時に読んだ。

そして何かを感じた・・・。

まあ、これでも世の中には色々な事があるんだよと言いたい訳なんですけど。ww


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第33話 あきらめかけた再会 感想)


"この時の中で・・・"


新しい学校を作るという理想を叶えるためにジャンは旅立ちます。

そしてコゼットは家に残るのですが。しかしシュシュとガヴですけど。

でも、シュシュも歳行ったよな。

なんか風格っていうか、顔立ちがふくよかで立派でした。

そりゃ、あの毛並みだって、それは数多くの事があったんだろうと思いますし。

もちろんそれはガヴローシュと共にね。シュシュもでっかいじいさん犬になりました。

けど、ガヴとコゼは再会できないのかな。

そしてコゼを見つめる視線。ああ、エポもコゼを見つめ何を思うのか――。


"じゃんじゃじゃーん!!"


でも、今回は想いで巡りも多いかな。そんなカットも豊富でした。

しかしジャンも隠し金山持ってましたよ。隠し金山。ww

やっぱ抜け目ないですね。ちょっと光景について面白かった。

でも、コゼットを付回すかのような人影があるのです。

おいおい、まさかって思いましたが、やっぱあいつはストーカー・・・じゃないよな?じゃないよな?

なぁ、マリウス君も少し抑えて抑えて。だけどあいつなんかやべえ。(笑)

家に帰ってきたジャンも、また気掛かりが増えました。


"小さな恋の狂騒曲"


だけど、マリウスも恋届けられずに飲んだ暮れですか。

なんか・・・大丈夫かあいつは。そしてホスト部も相談には乗りますが。

ユルシュール、愛しのユルシュール。人は愛なしには生きられないのです。

って、マリウスも逆ギレすんなよ。ミジメだ。なんかミジメだ。

で、ストーカー行為の繰り返し。

ああ、愛しのユルシュールは指先軽やかに弾んでました♪♪


"再会の二人"


CMが開けての後半。とりあえずコゼットはゆっくりおやすみ。

でも、ジャンはゆっくり休めそうもありません。

「帽子をかぶった影」

不安が付き纏うのです。ジャヴェールの影が。

そしてマリウスは恋文したためて。それを渡しに屋敷の前へ。

その手紙はコゼットの手に届きます。

これは初めての恋文でしょうね。コゼットにとっては。

だけど恋も思い詰めると辛い事にも変わるかも知れないですよ。

だけど、エポニーヌは悪の道に落ちていくのかな。

そうはなって欲しくない気持ちもありますが、今の彼女はあまりに無力で・・・。


次回は「第34話 象の中の子供たち」


ああ、ついにコゼットとマリウスも再会しましたか。

ここまでどっだけ時間掛かったんだろう。なんか今後についてドキドキしてきたわ。

だけど、彼も例のハンカチをユルシュールと思い、夜な夜な想い耽ってたのでしょうけど。

実はそれってお父様のハンカチだったのですなぁ。

ああ、ジャンお父さんのハンカチーフで・・・。(笑)

だけど、エポニーヌにはプライドがあるからな。それには可哀想でした。

でも、そんな気持ちあってこその彼女って気もしますからね。それが人の心の難しい所です。

そしてテナルディエは牢獄からの脱走を企んでおりましたが。

見よ、あいつの鼻は真っ赤に燃えている。(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ ヤミと帽子と本の旅人 第7話「初美」 感想 | 空色ホームへ | リトルバスターズ! プレイ感想・20.5 この傘をたたんで、君の名前を呼んだら ~西園 美魚 後編~ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2268-1509d4da

| 空色ホームへ |