空色ホーム > リトルバスターズ! > リトルバスターズ! プレイ感想・ファイナル GREEN DAYS

リトルバスターズ! プレイ感想・ファイナル GREEN DAYS

2007.09.09(Sun)
わふーっ!やっとリトバスもプレイ終了しました。

タイトル画面もあの海へと変わりましたっけ。

それにCGも100%行きましたので、これでついに終わりみたいな感じです。

だから、今回は最終的な「リトルバスターズ!」感想のまとめを少々。

まあ、今までのプレイ感想で書いてもいるので、短めにまとめてあるんですケド。ww


(リトルバスターズ! プレイ感想・ファイナル GREEN DAYS)


まずは好きなヒロインについて。自分はクドとこまりちゃんが良かったと思います。

男性については真人が一番好きかな。だって筋肉は動物にとって、どうしても必要でしょうし。

筋肉を鍛えることも、誰か大切な存在を守るためには時に必要なんですよ。

シナリオについては、今までのプレイ感想で書き連ねてきたものから察して頂ければ。

(参考・リトルバスターズ! 感想まとめ)

それはそれで、その時々に感じていた事ばかり書いてもありますので。


でも、それぞれがちゃんと一人で悩んだと解った。そしてこの世界がサイテーじゃないと気付けた。


そういうのには共感できる部分もあっただろうと思いたい。

次は歌についてですが、自分は「Little Busters!」と「Alicemagic」が良かった。

ボーカル曲の内容も作品が言いたいコト伝わってくる感じしてたし。

そして流れていた音楽ではなんだろうな。

まあ、「リトルバスターズ! オリジナルサウンドトラック」でゆっくり聴いてみたいです。これ購入決定。

にしても、小毬たんの絵本はしっかり読むと異世界に飛べそうでしたっけ。

そいで鈴と理樹のキスは、はっはっは、鈴君は可愛いなあ。

そういや来ヶ谷さんにはエンディングがもう一つあったな。

これも終えてから、既読スキップで色々回ってみると、まだ見ていないものも見られて良かったような。

きっと、そこにはないと決めつけて、見ようともしなかった場所に大切な宝物がある。

後になって振り返ると、そう気付けるのかも知れません。

まあ、この作品も色々と隠し玉は多いですよ。

そりゃそうだ、野球にだって隠し玉はあるのだから。(笑)

でも、この作品もあれでしょうか。

きっと自分は、終らせるまでの時間を長くも感じていたんです。

だけど、終えてみてから振り返って思うと、わりと最後は爽で良かった。

そうだろう。それでこそ今なのだから。

結局は今を感じながら、みんな生きていくしかない。

そう思えた。きっと思えていた。

だから、あのリトバス進行エンディングは悪くなかった。

ほんと、この世界も捨てたものじゃない。

わからない事だらけでも、ホントの事だけ探していこう。

あんな気持ち。そんな心に生まれた気持ち。

それは、きっと「青春」とも呼べるのでしょう。

でも、ぶっちゃけて言うと、そんなでっかい感動は来なかったです。

自分には、やはり個別シナリオで納得が行かない気持ちが拭いきれなかったですし。

まあ、そういうのはプレイ感想で述べてあると思いますので、きっとその通りなんですよ。

だから、そういう事に対しては、

また何ていうか、もっとそれらしい「イマ」を感じたくもありました。


――この青春(イマ)を駆け抜けろ。


でも、こんなキャッチフレーズの言いたい事も解るんですよ。

だけど、ただただ素直に、それに対して受け入れるだけじゃダメな気もしていたようなさ・・・。


リトルバスターズ! 通常版
リトルバスターズ! 通常版


(おれの評価)☆☆☆☆☆☆☆☆


まあ、細かいことをいえばキリもないか。

でも、なかなか楽しんでプレイ出来た作品だったでしょう。

とにかく、日常に対しては楽しいと思いました。野球やランキングについては確かに面白かったので。

あいつらも、きっと少し汗ばんだTシャツで、抱き合い肩を叩きながら・・・

そんな感じで、この先を過ごしてもゆくんだろうと思います。


だって、あいつらの「イマ」は、ここから始まりなんでしょうから。

だから、明日会えないとしても、僕らは言う。

「また会おう」と。

ああ、リトルバスターズは永遠に不滅です!



であであこれにて、「リトルバスターズ!」の感想はザ・エンド。それとストライクバックス。(笑)

でも、複数周ると多少はだれてくるのは仕方ないかな。

それとそれからの個別シナリオに入って、最後のエンディングまでは、

どう受け取るか、どう見るかで、きっと自分とは違う感想にもなるのだろうと思えます。

では、ここまで読んでくださった方には、長々とお付き合いありがとうございました。

ふう、しかしクドクドとまだ言うなれば、全部終れば、きっと溜息が出るコトでしょう。

「わふー・・・っ」ってね。

って、やっぱクドリャフカのにゃく頃にかよっ!!

ああ、しかしクドは最高だわ。もふもふしてえ。甘噛みしてえ。頭なでなでしてえ。ようしっ。ww

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< リトバス感想の追記分まとめ | 空色ホームへ | リトルバスターズ! プレイ感想・26 この心の声をきっと、光は聞き逃しはしない ~Refrain 後編~ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2293-b4592e1b

| 空色ホームへ |