空色ホーム > 空色カオス(終) > TVドラマ ひまわり ~夏目雅子、27年の生涯と母の愛~ 感想前編

TVドラマ ひまわり ~夏目雅子、27年の生涯と母の愛~ 感想前編

2007.09.17(Mon)
これは若くして白血病という病に倒れられてしまった、夏目雅子さんの物語でした。

細かい事は申しません。自分はそんなに彼女の事は知らないです。

だけどね、昔に「西遊記」っていうドラマがありました。

今やってる香取くんじゃなくってマチャアキのやつです。

隠し芸の得意なマチャアキね。

それはなんか再放送だったか、CSで見た事があるんですよ。

その中に夏目雅子さんは出ていらっしゃいました。

それは三蔵法師の役です。

だけど、このドラマの始めには堺さんも語っておられましたが・・・

また会いたいだそうです。

それに他にも共演されていた方々も皆さんおっしゃっていました。

それって、そんな記憶に残る何かを彼女は持っておられたのでしょう。

きっと、そうなんでしょう。

その、泣き虫で負けず嫌いな。

その、意地っ張りで寂しがりやな。

好きな言葉は一期一会。

そして大好きな花はひまわりだという彼女には・・・。


(TVドラマ ひまわり ~夏目雅子、27年の生涯と母の愛~ 感想前編)


(花は咲いて)


だけど、見てると思っていたのは、やっぱ「笑顔こそがひまわり」なんだろうなと。

そりゃ、この世界には色とりどりの花はたくさんあります。

でも、「ひまわり」ほどに、そんなインパクトのある花もないと思いますので。

あれって、マジにでっかい。

自分は初めて見た時になんじゃこりゃあって思いましたし。ww

だって、あれは人の顔よりもでっかいんだ。

それに大きく育てば、あれは人の背丈よりも大きく咲き誇れるんだ。

けど、人の手に掛かれば一瞬に折ってしまうことが出来る。

人よりもでっかいのに、人よりも咲き誇れるのに。

それはあいつの自慢でもあるはずで。

だけど、人の手に掛かれば一瞬なんですよ。


(蝶は舞って)

いつかは蝶のようになりたかった少女。

ねえ、その夏に、君の瞳は何を見ていたの?

夏は楽しいことがたくさんあるかも知れない。

そんなドキワクの季節で。

人は笑える。

それは人にしか出来ない事なんだって、いつか誰かは言った。

だけど、ずっと笑えていられるわけじゃない。

いつかは寂しくて。いつかは怖くて。

いつかは泣きたくって。いつかは苦しくって。

いつかは、いつかは、悔しくって。

綺麗な羽根を羽ばたかせて、風に乗って、

そうして何処までも、遥か彼方まで飛んでいけたら良かったね。

きっと、きっと、楽しかったろうから。

其処にはまだ知らない花なんか咲いていたりして。

其処にはとても素敵な物語なんかも待っていたりして。

いつかは蝶のようになりたかった少女。

ねえ、その夏に、君の瞳は何を見ていたんだい?

ふたりの「雅子」 母だから語れる夏目雅子の27年

(感想後編に続きます)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVドラマ ひまわり ~夏目雅子、27年の生涯と母の愛~ 感想後編 | 空色ホームへ | 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第37話 マリウスの誤算 感想 >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2302-b6732ad8

| 空色ホームへ |