空色ホーム > レ・ミゼラブル 少女コゼット > 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第39話 1832年6月5日 感想

世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第39話 1832年6月5日 感想

2007.10.02(Tue)
「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

さあ、今回はシリアスな話となるはずです。

いえ、別に毎回普通にシリアスはお話のはずなんですけどね。

だけど、何気にこのアニメの歌をレンタルして来ましたよ。

なんか和むね。私を呼ぶ優しい声はさ。ひとりぼっちの朝にも最適なのです。

ああ、涙ふいて、どこまでも前を向いて歩いていきましょう。ww


(世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット 第39話 1832年6月5日 感想)


"愛は苦しみ"


マリウス君はコゼットのためを思い、彼女にはイギリスへ行くべきだと告げようと。

しかし、やっぱ浅はかな気もしますけどね。ねえ、マリウス君?

だって、もう既にコゼットは引っ越した後だったんですよ。

なんて、この人は行動が遅いのだ。

まあ、それも仕方のない事なんですけど。

何しろあっちの後ろ盾はジャン・ヴァルジャンなのですから。ww

でも、前回の手紙ね。あれの行方はどうなったのか。

とにも、もはや絶望のマリウス君でした。愛は諸刃。愛は苦しみ。

それはそうとエポニーヌがホスト結社に何故かいましたね。

もしかして男装して、そっちに走ったのでしょうか。ああ、んなワケがない。ww

しかしエポニーヌは、その手の中にある紙切れをどうしようと。

とにかくそれぞれの行く末が気になりました・・・。


"来るべき一日"


だけど、ついに革命が始まってしまいそうでした。

これは民衆にあった今までの鬱憤が爆発しかけたのでしょう。

しかしジャヴェールはジャンを見つけてしまいましたね。

だけど、今は数多くの怒声に紛れてしまいジャンは気付いてはおりません。

でも、その危うさは間近に迫っております。

いつかは来るべき時も来るのかも知れない。

だけど、この作品における「革命」についてですが。

うーむ、実を言うとあまりそれについては実感が湧きませんね。

それは、このアニメの描写がちょっとライトにも感じられているからです。

しかし、そういうのって単に重くすればいいってわけでもないでしょう?

単に過剰な描写をすればいいってものじゃないでしょう?

だから、このアニメはこれはこれでいいと思うのです。

だって、このままでもわりと伝わるべき部分は伝わると思えますし。

にしても、あのホスト集合の図は不思議な光景でした。


って、別に本物のホストではないんですよ。それは皆さんも解ってますよね?(笑)


そして、それはついに起こってしまった。一発の銃声が民衆の怒りに火を放った。

今此処にて「銃声」は「従性」を解き放ち――。

人々の「獣性」を露にしてしまったのだ――。


"悪夢の訪れ"


だけど、今回のお話は後半でついに暴動が起きてしまいました。

それを何故と問い掛けもするのが、あの老人だったのですね。

しかし、あの老人までもが暴動に参加すると言う。


「こんな世の中、変わった方がいい」


それって、なんて無常だと思いませんか。

だって、あの老人は花を愛する優しい人のはずなのに。

でも、こんな世の中にある不条理が、あの人の心を動かした。

まぁ、この作品における描写はあくまでもライトですよ。

だけど、少なからず自分には思うべきものもありましたね。

そしてガヴローシュですが。こいつも革命に参加しようとするのですよ。

まったくな。なんでこんな子供までこんな革命なんかに参加しなくちゃなんないのでしょうか。

言ってる事は綺麗事かも知れません。

でも、やっぱそう思うでしょうよ。

なんで戦争なんかあるのさ?

そんなの解りたくもないという気持ちが、やっぱ自分には何処かにあるんでしょうね。

争うのなんか、ホントいつだって見るのもするのも嫌だよ――。


次回は「第40話 革命の夜」


道を埋め尽くされて作られたバリケードの中。

今もこのパリの街は、人々の怒りの渦が巻き起こっていました。

まあ、でもその怒りの部分の描写はあくまでライトですよ。

其処はもしかすると、この作品にとって、どうしようもない欠点となるのかも知れません。

でも、一言だけ言っておきます。

この作品における「道」には重要な意味があるはずです。

だから、その道を塞いでいるバリケードは未来をも閉してしまっているのかも知れませんね。

しかしマリウスは何をやってんだよ。お前はいつだって行動が遅すぎる。

エポニーヌだって、自分の中にあるどうしようもないコゼットへの嫉妬を消せなくて。

それにジャヴェールも革命の中へと潜入していて。

やっぱりそれぞれの行動が気になるな・・・次回どうなっちゃうんだろうな・・・。

しかし、最近毎週のように気になるんですが、

コゼット本編が終った後にゲゲゲの鬼太郎のキャラソンのCMがあるんですよ。

その中のネコ娘のキャラソンタイトルが「NADE-NADEして」って言うんです。

なぁ、どんな萌え歌なんでしょうか。気になって仕方ないんですにゃー。(笑)

空色トップ | ランキング | web拍手 | Amazon | Rakuten |

<< TVアニメ CLANNADが待ちきれない!!それとガンダム00!D.C.Ⅱ!! | 空色ホームへ | TVアニメ 桃華月憚 感想まとめ >>
『コメント』
「コメントの投稿」(新着コメントRSS)
(コメント大歓迎。出来る限りお返事も書かせて頂きます。けど内容によっては削除する場合も☆)

【NAME】

【MAIL】

【URL】

【COMMENT】

【PASS】

【SECRET】管理者にだけ表示を許可する


『トラックバック』(新着トラックバックRSS)
(空色へのトラバは現在バリア中。送信確認できないものや宣伝などはほぼまっさつだよ★)
【トラックバックURL】
http://yukimisora.blog29.fc2.com/tb.php/2321-e97a56f7

| 空色ホームへ |